見捨てられた「中東のパリ」をカラフルに彩るアートプロジェクト

レバノンは中東の国ですが、その風景はどうやら日本人がイメージするそれとは違うようです。かつてフランス領だったこともあり、建物の多くはヨーロッパ風。とくに首都ベイルートは“中東のパリ”と呼ばれ、美しい街並みが人気を集めていたとか。

「集めていた」と過去形にしたのは、1975年から15年間も続いたレバノン内戦などで、観光地としての人気も衰退してしまったから。

そんなベイルートを再興しようというアートプロジェクトが「Ouzville」です。建物を彩って……というのが、具体的な活動内容なんですが、その規模がスゴイ。

写真を見てください。

ビル一棟や二棟に色を塗りました、なんてもんじゃなく、海岸沿いの建物が全部カラフルに。イタリアのブラーノ島みたいです。インスタジェニック!

実際に効果もあったようで、今では観光客向けのツアーも盛り上がりをみせているようですよ。

Ouzvilleさん(@ouzville)がシェアした投稿 -

Ouzvilleさん(@ouzville)がシェアした投稿 -

Top image: © Ouzville

60秒以内で読める記事だけ。
World Topics」はアートプロジェクトも紹介!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
アーティストであるLor-Kさんの「Eat Me」というプロジェクトです。
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
トマトの酸味はごはんともよく合います。ただし、チキンライス(ケチャップ)にしろ、トマトカレーにしろ、ごはんのおかずとなり得るには「じっくり煮込まれている」...
パリ、ベルリンに突如現れたビジネススーツの集団。一糸乱れぬロボットダンスに観光客のみならず、地元に暮らす人たちも、さぞ驚いたことだろう。元格闘家・須藤元気...
ほんのわずか数年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルー...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
パレスチナにあるスケートパークでは、日々、子どもたちがトリックを練習しています。
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
これまで、イスラム系の女性たちがスポーツをしている姿は、あまり公にされてこなかった。保守的なイスラム圏では、女性は手や顔を隠さなければならない。社会的にも...
茹でてクタクタになった素麺が激変!