見捨てられた「中東のパリ」をカラフルに彩るアートプロジェクト

レバノンは中東の国ですが、その風景はどうやら日本人がイメージするそれとは違うようです。かつてフランス領だったこともあり、建物の多くはヨーロッパ風。とくに首都ベイルートは“中東のパリ”と呼ばれ、美しい街並みが人気を集めていたとか。

「集めていた」と過去形にしたのは、1975年から15年間も続いたレバノン内戦などで、観光地としての人気も衰退してしまったから。

そんなベイルートを再興しようというアートプロジェクトが「Ouzville」です。建物を彩って……というのが、具体的な活動内容なんですが、その規模がスゴイ。

写真を見てください。

ビル一棟や二棟に色を塗りました、なんてもんじゃなく、海岸沿いの建物が全部カラフルに。イタリアのブラーノ島みたいです。インスタジェニック!

実際に効果もあったようで、今では観光客向けのツアーも盛り上がりをみせているようですよ。

Top image: © Ouzville
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
中東の国々では定番のミックススパイス「ザタール」。どんな料理にかけてもおいしくなる万能調味料なんですが……それって「ふりかけ」じゃないか!
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
サウジアラビア王国で巨大なEDMフェスティバル「MDL Beast Festival」が開催。長年音楽や映画などの娯楽が制限されてきた同国が、中東の音楽シ...
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。