ご飯がすすむ中東の「トマト煮込み」料理

トマトの酸味はごはんともよく合います。ただし、チキンライス(ケチャップ)にしろ、トマトカレーにしろ、ごはんのおかずとなり得るには「じっくり煮込まれている」ことが前提かもしれません。

そういった意味でいえば、レバノン発祥のこの「ダウードバシャ」もごはんが進む一品です。

松の実やレーズンを包んだミートボールをトマトでじっくりと煮込んだソース、仕上げにヨーグルトをかけるのがレバノン流。アレンジとしてじゃがいもなど、好みの野菜を一緒に煮込んでもOK。

現代風に少しアレンジを加え、ミートボールを松の実とレーズンを入れたスープで食べる地域もあるそうです。

中近東独特の甘さと酸味がマッチしたエキゾチックな味付けも、夏のトマトでつくれば格別。不思議とごはんにマッチする、変わり種をどうぞ。

新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
甘さも酸味も物足りない、そんな「ハズレトマト」ほどおいしく化ける。
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュー...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で見つかる、「おかず味噌系」の食べ物。その代表格が、和歌山の「金山寺味噌」ではないでしょうか? なんせ金山寺味...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー日本人はひとつの味を同じように、一定の条件の許で食べてい...