日本人が知らない!感動するほど美味しい「中東料理」をつくる料理人

「広めようとか別に思ってないです。ただ中東料理への感動が溢れちゃうって感じ」と目を輝かせながら語るのは、中東料理を愛してやまない料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。

留学でイスラエルに行った際、日本では見たことも食べたこともない珍しい料理に魅せられ、勉強そっちのけでレストラン巡りに精を出していたという。そんな越出がつくる、日本人がまだ知らない中東料理とは......?

Q. 越出さんがつくる「中東料理」とは?

そもそも中東料理と聞いても「はて?」という人がほとんどだと思います。有名どころで言うと、フムス(ひよこ豆のペースト)やファラフェル(コロッケ)、ケバブ(焼肉)といったところでしょうか。

普段はいわゆるポピュラーな中東料理をポップアップやイベントなどでつくっています。それはそれで美味しいけど、本当はもっと現地で食べるようなディープで美味しい料理をつくりたいと常々思っていたんですよ。そんななか、今回「ツカノマノフードコート」出店のお話をもらいました。

ツカノマノフードコート(渋谷に4月限定でオープンした大人のためのフードコート)では、「マンサフ」という料理をつくりました。日本でいう「すき焼き」くらいのポジションで、「昨日マンサフ食べたんだー」っていうと、周りからうらやましがられるような家庭料理です。

コレ、美味しいけどニオイがかなりキツイんですよ。じつは前に一度だけイベントでつくったことがあって、そのとき会場側から「もうつくらないでください」と言われてしまったことがあるほど(笑)。

マンサフは羊のヨーグルトを乾燥させた「ジャミード」という食材を使います。これはパレスチナやヨルダンではごく一般的な食材。味はチーズみたいですね。骨付きの羊肉と砕いたジャミードを一緒に煮て、その出汁でお米を炊いて、さらに羊肉と米にその汁をかけて食べるという料理です。

チーズやくさや、納豆とかニオイはキツイけど、食べると美味しいじゃないですか。マンサフもそんな感じです。独特なニオイに最初は圧倒されるかもしれないけど、味は抜群。正直、フムスとかファラフェルをつくることに私自身が飽きてきちゃってるので、「何これ現地じゃないと食べられない」っていう衝撃と感動を与えられる中東料理をつくりたいですね。というか、つくります!

Q. なぜ中東料理の研究家に?

イスラエル留学がきっかけです。ユダヤ教を学ぶため留学したんですけど、あちらにいた1年半の間、勉強そっちのけでレストラン巡りばかりしていました。オリジナルのレストランマップまでつくったりして。あとは、現地の一般家庭に入り込んで中東の家庭料理を習ったりと、まさに中東料理漬けの毎日でしたね。あ、一応ヘブライ語は話せるようになりましたよ(笑)。

もともと料理を食べることも、つくることも大好きだったので、料理のお仕事をするようになったのも自然な流れでした。私の育った環境はちょっと特殊で、両親をはじめ、親戚一同がみんな料理好きなんですよ。で、お正月とかみんなで集まると料理大会が始まるんです。タイ料理やケニヤ料理、ポルトガル料理など、旅先や仕事を通して出会った美味しい料理を、家族とシェアする機会でもあるんですよね。

そんな環境の影響もあってか、“料理はその国の文化を知り、シェアするためのツール”という概念が染み付いているんだと思います。

話を戻すと、別に中東料理の研究家を目指してなったわけではないんですよ。自分が食べて美味しいから、ハマったのが中東料理だったというだけ。いろいろな国を旅してきましたけど今のところ中東料理がナンバーワンです!

Q. 今後やりたいことやビジョンを教えてください

©2019 NEW STANDARD

私は正直、中東料理を広めたいとは思っていないんですよね。旅の思い出を語るように、それくらい自然に中東について語り、大事な思い出をシェアするように料理をつくりたいです。その結果、興味を持ってくれる人が増えれば嬉しいですね。

今は中東料理以外の仕事もしていて、最近、祐天寺で日曜日限定の間借り営業を始めました。あと、各地でポップアップやケータリング、フードコーディネーターの仕事もやっています。

今後は、引き続き世界中を旅しながら知らない文化に飛び込み、食を通じて驚いたり感動したりしたいです。次のディスティネーションはもう決まってるんですよ。“中東の食の都”と呼ばれているレバノンとパレスチナ!現地の家庭にホームステイして料理を習いたいです。そこでの感動をまた日本に持ち帰ってきて、誰かに届けられたら幸せだな。

越出水月

フードコーディネーター。中東料理研究家。雑誌やCMなどの撮影用の料理を作る仕事、ケータリング、出張料理。イスラエル在住経験から中東料理が好きで得意。旅と食のアドレナリン中毒。祐天寺「食堂モリサワ」にて、毎週日曜、中東料理popupを出店中。

羊肉の煮込み「マンサフ」

©ツカノマノフードコート運営委員会

羊の乾燥ヨーグルト「ジャミード」

乾燥ヨーグルト「ジャミード」
©MIZUKI KOSHIDE

誰も知らないうまくヤバい世界の家庭料理〜中東&韓国編〜

・11月29日(金)〜12月1日(日)18:30〜23:00

 

「ツカノマノフードコート」

【住所】東京都渋谷区神泉町20-21 第一ミドリマンション 1階

【営業時間】18:30-23:30 (ラストオーダー23:00)

※日によって営業時間が変わるためカレンダーや公式SNSでご確認ください

Twitter: https://twitter.com/TsukanomanoFood

Instagram: https://www.instagram.com/tsukanomanofood/

Top image: © 2019 NEW STANDARD

関連する記事

4ヵ月限定で渋谷区神泉に登場した「ツカノマノフードコート」の“ネオ料理人”を特集。彼らが生み出す型破りで自由そしてなにより美味しい料理を見逃すべからず!
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
中東の国々では定番のミックススパイス「ザタール」。どんな料理にかけてもおいしくなる万能調味料なんですが……それって「ふりかけ」じゃないか!
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
次のトレンドをつくるかもしれない「ネオ料理人」のひとり、横山祥太郎をインタビュー。専門学校で寿司を学び、フリーランスのラーメン屋になった料理人が考案する「...
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
料理は毎日のこと。ならば、少しでもトキメキのあるツールに囲まれて過ごしましょう! 台所に立つのがもっと楽しくなる、アイデア道具9選!
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
「Fxxking Rabitts(#FR2)」の新たなプロジェクト「メニュー女子」は、女の子と料理をからめた写真集。8月7日〜8月19日に実施される「WI...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...