毎日の料理を楽しむには、無理しないことが一番大切。

残業で帰るのが遅くなってしまった日。とびっきり疲れている日。料理をするのが面倒に感じる時ってありますよね。そんな時に思い出してほしいのがナンシーさんの言葉。

30年前にアメリカから日本に移住し、埼玉の農家の夫と結婚したナンシー八須さん。料理研究家として「調理」を仕事にしている彼女ですら、著書『ナンシーさんの和の台所仕事』(ワニブックス)のなかで「疲れていて食事を作りたくないと思うことがある」と話しています。日々の料理を義務にせず、料理を楽しむにはどうすればよいのか。ナンシーさんが教えてくれた3つのコツを紹介します。

01.
毎日同じものを食べてもよい

農家の主婦であるナンシーさんは、毎日同じものを食べるのは当然だと話します。

「夏なら、畑で取れるトマトやきゅうり、ピーマン、ナスなど、季節の野菜を毎日食べ続けます。日本、特に都会だと、献立や食材を毎日変えなくてはというプレッシャーがあるんじゃないかしら。でも農家では、旬の食材を毎日食べるのは、むしろ自然なこと。調理法や組み合わせるものをちょっとずつ変えればいいんです

02.
完璧を目指さない

「きれいに切らなければ、などと考えすぎると、料理が楽しくなくなってしまいます。おいしければ、多少太くても、まっすぐでなくてもいいんです

レシピに頼りすぎず、自分の体と頭を使うことも大事。繰り返し、経験を積んでいけばよいのだといいます。

03.
なるべく「手」を使う

少し手間がかかっても、できるだけ機械に頼らず、自分の手で調理することにこだわるナンシーさん。

「機械だと味が同じになってしまいます。手を使うと、作った人の個性や、その人の気持ちが料理に出る。毎日少しずつ違っていること。それが料理だと私は考えています

料理は毎日のことだから、終わりがありません。ナンシーさんは、何よりも自分の気持ちを大切にしていて、「疲れていて食事を作りたくないなと思ったら、夫に作ってもらうこともあるし、外食することだってあります」と話しています。完璧を目指さず、自分の気持ちをおざなりにすることなく、日々の料理を楽しむことができたらいいですね。

あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第3回はフィジーより、海と暮ら...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
「いまや女たちの料理力はどんどん退化して、無能な男レベルに近づき、おいしいものをみずからの腕でほしいままにする自由を喪失している」。約40年前に発売された...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第10回は、ハイチの海の幸を使っ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...