毎日の料理を楽しむには、無理しないことが一番大切。

残業で帰るのが遅くなってしまった日。とびっきり疲れている日。料理をするのが面倒に感じる時ってありますよね。そんな時に思い出してほしいのがナンシーさんの言葉。

30年前にアメリカから日本に移住し、埼玉の農家の夫と結婚したナンシー八須さん。料理研究家として「調理」を仕事にしている彼女ですら、著書『ナンシーさんの和の台所仕事』(ワニブックス)のなかで「疲れていて食事を作りたくないと思うことがある」と話しています。日々の料理を義務にせず、料理を楽しむにはどうすればよいのか。ナンシーさんが教えてくれた3つのコツを紹介します。

01.
毎日同じものを食べてもよい

農家の主婦であるナンシーさんは、毎日同じものを食べるのは当然だと話します。

「夏なら、畑で取れるトマトやきゅうり、ピーマン、ナスなど、季節の野菜を毎日食べ続けます。日本、特に都会だと、献立や食材を毎日変えなくてはというプレッシャーがあるんじゃないかしら。でも農家では、旬の食材を毎日食べるのは、むしろ自然なこと。調理法や組み合わせるものをちょっとずつ変えればいいんです

02.
完璧を目指さない

「きれいに切らなければ、などと考えすぎると、料理が楽しくなくなってしまいます。おいしければ、多少太くても、まっすぐでなくてもいいんです

レシピに頼りすぎず、自分の体と頭を使うことも大事。繰り返し、経験を積んでいけばよいのだといいます。

03.
なるべく「手」を使う

少し手間がかかっても、できるだけ機械に頼らず、自分の手で調理することにこだわるナンシーさん。

「機械だと味が同じになってしまいます。手を使うと、作った人の個性や、その人の気持ちが料理に出る。毎日少しずつ違っていること。それが料理だと私は考えています

料理は毎日のことだから、終わりがありません。ナンシーさんは、何よりも自分の気持ちを大切にしていて、「疲れていて食事を作りたくないなと思ったら、夫に作ってもらうこともあるし、外食することだってあります」と話しています。完璧を目指さず、自分の気持ちをおざなりにすることなく、日々の料理を楽しむことができたらいいですね。

関連する記事

あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
料理は毎日のこと。ならば、少しでもトキメキのあるツールに囲まれて過ごしましょう! 台所に立つのがもっと楽しくなる、アイデア道具9選!
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第3回はフィジーより、海と暮ら...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
「Instagram」のアップデートにより、プロフィールやストーリーズから料理の注文が可能に。利用者も飲食店の情報をシェアすることで、その店のサポートでき...
4ヵ月限定で渋谷区神泉に登場した「ツカノマノフードコート」の“ネオ料理人”を特集。彼らが生み出す型破りで自由そしてなにより美味しい料理を見逃すべからず!
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
ここに紹介するのは、どれもプロが教える料理の極意。知ってると知ってないとでは大違い。目から鱗のテクニックを自分のものに!
宮沢賢治の代表作『注文の多い料理店』の物語に入り込み、世界観に浸りながら西会津料理を楽しむ、体験型シアター&レストラン企画。
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。