「乾きものおつまみ」でつくる天ぷら

春を迎えてお花見や、送別会、歓迎会が増える季節となりました。こんなシーンで活躍する「乾きものおつまみ」ですが、どうしても余りがち。

そんな乾きものを天ぷらとして「おかず」に変身させることができるのです。

水に浸すことでいい感じに塩気が抜け、おかずにちょうどいい味わいになりますよ。それではレシピをご紹介します。

さきいかの天ぷら

5464643187245056

干したイカ独特の香ばしさが、天ぷらの具材としてベストマッチ。

<材料:2人分>
さきいか:30g
A酒:大さじ2
A水:大さじ1
小麦粉:適量
天ぷら粉:適量
水:適量
揚げ油:適量

<作り方>
まず、さきいかをAで1時間浸けてやわらかくします。次に水気を絞って小麦粉をまぶします。天ぷら粉を水で溶いたものにくぐらせて、170度の揚げ油で揚げて完成です。

ホタテの貝ひもかき揚げ風

6012887172644864

一口ほおばれば、ホタテからいい具合に磯の香りが。

<材料:2人分>
ほたて貝ひも:10g
A酒:大さじ2
A水:大さじ1

ニンジン:1/6本
小麦粉:適量
天ぷら粉:適量
水:適量
揚げ油:適量

<作り方>
ほたての貝ひもをAで1時間浸けてやわらかくします。人参は3cmの長さに千切りにしましょう。貝ひもの水気を絞り、千切りにしたニンジンと合わせて小麦粉をまぶします。水で溶いた天ぷら粉を加えて混ぜ、170度の揚げ油でかき揚げにして完成です。

鮭とば天

6120989486219264

もともと乾きものだったとは信じられないくらい、ホクホク、じゅわっとした食感に仕上がります。

<材料:2人分>

鮭とば:30g
A酒:大さじ2
A水:大さじ1
小麦粉:適量
天ぷら粉:適量
水:適量
揚げ油:適量

<作り方>
鮭とばをAで1時間浸けてやわらかくします。次に水気を絞って小麦粉をまぶします。水で溶いた天ぷら粉にくぐらせて、170度の揚げ油で揚げたら完成です。

天ぷらをサクサクにするためには、氷を入れる、油の温度が下がらないようにする…など、押さえておくべき基本的なコツはありますが、プラスアルファで試して欲しいの...
春野菜が美味しい季節。たらの芽やふきのとうに菜の花。天ぷらにすると美味しいですが、サクッと揚がらない、油っぽいなど、上手に作るのは結構難しいです。天ぷらの...
宅配ビザを頼むと、どうしても数枚余ることがあります。熱々は美味しいんだけど、冷えてしまえばそれも半減。翌朝まで放ったらかしにしておくと、もうどうしようもな...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
海外の日本食ブームをみていると、内食としてそれを取り入れるとき、扱いやすさ、アレンジの幅はかなり重要なようです。そういう意味で広く受け入れられたのが「SU...