湿気った海苔をパリパリに復活させる「天ぷら料理」

手巻き寿司、太巻き、おにぎりをくるむ、大きな焼き海苔を使ってつくる料理は数あれど、いっぺんに全部を使い切るわけではありません。ちょっと余ってしまった数枚。あまり長く保存しておくと、湿気ってシナシナになってしまいますよね。こうなるともう、おいしくない。

そこで、カンタンにつくれておいしい、こんなアイデアはいかがでしょう。ビールによく合う、夏のおつまみとしてもぴったり!

週末手巻き寿司パーティー
余った海苔は、揚げてしまおう

4839110694928384
©2018 FOOD CREATIVE FACTORY

そもそも、海苔をずっと保存していて湿気ってしまうのは、空気中の水分を乾物が吸収してしまう性質から。けれど、天ぷらにすることで余分な水分が抜けて、湿気ることで失われた海苔の香りも戻ってくる(感覚かもしれませんが)。とにかく、パリッと歯切れが良くておいしいですよ。

材料:2人分

焼き海苔:1枚
A小麦粉 :大さじ5
Aベーキングパウダー:小さじ1/2
A塩:ひとつまみ
A炭酸水:100ml
揚げ油:適量
塩(添え用):適量

作り方

【1】焼き海苔は一口サイズにちぎり、Aと混ぜる。

【2】揚げ油を鍋の底から2cm程まで入れて180度に熱したら(菜箸を入れたときに細かい泡が出たら)、1をスプーンですくって入れて、サクッとするまで揚げる。

【3】揚げ物バットにのせて油を切ったら器に盛り、塩を添えてできあがり。

 

Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
天ぷらをサクサクにするためには、氷を入れる、油の温度が下がらないようにする…など、押さえておくべき基本的なコツはありますが、プラスアルファで試して欲しいの...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
春を迎えてお花見や、送別会、歓迎会が増える季節となりました。こんなシーンで活躍する「乾きものおつまみ」ですが、どうしても余りがち。そんな乾きものを天ぷらと...
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
家庭でもアウトドアシーンでも、手間も時間もかけずにサッとつくれておいしい海苔の活用法をご紹介。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
春野菜が美味しい季節。たらの芽やふきのとうに菜の花。天ぷらにすると美味しいですが、サクッと揚がらない、油っぽいなど、上手に作るのは結構難しいです。天ぷらの...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
「海苔は消化に悪い」。こう藪から棒に言われても、にわかに信用なんてできない。しかし、これは多くの外国人にとっては定説らしい。それを裏付けるように、海苔を消...
ここに紹介するのは、精巧なモザイク画のような切り抜きで、絵柄や文様を表現した「海苔」。もちろん、どれもちゃんと美味しく食べることができますが、それよりもま...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
鶏肉は好きなんだけど、ぶよぶよの皮だけは苦手という人、結構いますよね。皮だけはがしちゃうとか。ならばパリパリすればどうでしょう。チキンソテーの皮をもうパリ...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。