ステーキを焼く時「ひっくり返すのは一回だけ」は間違いだった!

「ステーキ肉など分厚いお肉を焼くときはひっくり返すのは1回」という定説を耳にしたことはありませんか。焼肉屋さんでも日々繰り広げられる肉奉行たちの「触らないで!まだひっくり返さないで!」の攻防戦。

しかし、その常識もルールも、ことステーキ肉においては、正解とは言い切れません。

今回はひっくり返す回数を重ねてこそ美味しくなる、ステーキ肉の新常識を紹介。肉好きこそぜひ一度お試しを!

「30秒焼いたらひっくり返す」
その理由は?

0d03537b94950519ebbe02b8cbc2f259037684f5

中心に向かってムラなく火が通るーーというのが、ひっくり返す最大の理由です。片側だけが生焼けになることなく、ジューシーでやわらかに仕上がるわけです。

もちろん、肉の厚さにもよりますが、何度も無闇にひっくり返すのではなく、目安となるのは「30秒」という時間です。コレ、下のレシピで具体的に紹介しますね。

本当に美味しい
ステーキ肉の焼き方

【材料:1人分】
ステーキ肉    1枚
塩こしょう    適量
オリーブオイル  適量


【作り方】
①ステーキ肉を室温に戻す。
②フライパンにオリーブオイルを引いて強火で熱する。
③ステーキ肉を入れ、30秒焼いたらひっくり返す。これを2分間くり反す。
④アルミホイルで包み、20分おく。
⑤塩こしょうをふる。

ステーキ肉のg数や厚さ、コンロの火加減などが、微妙に関係してくるとはいえ、上記の焼き方がひとつの指標になります。

ひっくり返すことを恐れずに(?)、しっかりと焼けば、香ばしく、肉汁をたっぷり含んでいてとってもジューシーなステーキが完成しますよ。

焼色の見た目もゴージャスなステーキは、週末のご褒美ごはんにもぴったり!ぜひ試してみて。

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
見た目は「サイコロステーキ」。でも実は「ひき肉」と「えのきたけ」なんです。まるで精進料理みたいなモドキ感。イベント盛りだくさんの夏本番に向けて、体も財布も...
ステーキ肉を焼いてみたら思ったよりも固かった、なんてことがありますよね。そんな時に機転を利かせてトライしたい料理を紹介します。南米ボリビアの名物「シルパン...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
ジューシーで柔らかいレストランで食べるようなステーキを自宅で作ることができたら……。そんな願いを叶える「オイルラッピング」を紹介しましょう!使うのは「牛脂...
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
がっつりお肉を食べたいけど、なかなかステーキ肉は手が出ない……。とくに給料日前となるとつい我慢してしまいますよね。でも、値段が手頃な「豚バラ肉」をうまく使...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
なんとなく料理がおいしくなる……くらいの認識だったかもしれない。でも、真の実力はすごかった。
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。