話題の「オイルラッピング」で、ステーキを高級な味に!

ジューシーで柔らかいレストランで食べるようなステーキを自宅で作ることができたら……。そんな願いを叶える「オイルラッピング」を紹介しましょう!

使うのは「牛脂」と「サラダ油」。自宅で食べるお肉がグッと美味しくなりますよ。

オイルラッピングの
5つのポイント

Ef82456e114e0b877c5848ba3219d18e413564a2

1.赤身の牛肉を使用する
肉の旨味成分のアミノ酸は脂身より赤身のほうが格段に多く含まれているので、旨味をしっかりと閉じ込めてあげれば、より美味しくなります。

2.大さじ2のサラダ油を吸い込ませたキッチンペーパーでお肉を包む
これを行うと、肉の臭みを取り除くことができます。一見油でギトギトにも見えますが、表面の余分な油は焼くときに落ちるので安心してください。

3.まずは低温のオーブンで焼く
動物の細胞は急激に温度が上昇すると収縮し、水分や旨味が逃げて美味しさが減ってしまいます。まずは低温のオーブンで焼くことでこれを防げますよ。

4.塩はオーブンから取り出したタイミング、こしょうは火を止めてからふる
塩は肉の水分を流出させてしまうため、下味には使用せず、オーブンから取り出したときにふってください。こしょうは熱を通し過ぎると苦みが出るため、フライパンで焼き目をつけて火を止めてからふりましょう。

5.アルミホイルで包んで肉を休ませる
加熱された肉は細胞内の水分が膨張して動いているため、焼き上がってからすぐに切ると肉汁が溢れ出してしまいます。肉を少し休ませて温度を下げることで細胞内の水分の動きを抑えることができますよ。

しっとり&ジューシーな
ステーキの作り方

E24ca6736d6d41d2f26c4094f4e977db8aa99c29

【材料:1人分】
ステーキ肉:1枚
牛脂:2個
塩(ステーキ肉の重さの0.8%): 適量
こしょう:適量


【作り方】
①ステーキ肉を室温に戻す。
②牛脂を1cm幅に切ってステーキ肉の表面に貼り付ける。
③サラダ油(大さじ2)に浸したキッチンペーパーで肉を包む。
④120度に予熱したオーブンで10分焼き、裏返してさらに10分焼く。
⑤キッチンペーパーをはがし、塩をふる。
⑥強火で熱したフライパンで片面を30秒ずつ焼く。
⑦アルミホイルで包んで20分おく。
⑧こしょうをふる。

安価なサラダ油を使ったオイルラッピングとオーブンでゆっくりと低温調理することで、お肉の臭みが抜けて、驚くほど柔らかくジューシーに仕上げることができますよ。ぜひ試してみて!

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
見た目は「サイコロステーキ」。でも実は「ひき肉」と「えのきたけ」なんです。まるで精進料理みたいなモドキ感。イベント盛りだくさんの夏本番に向けて、体も財布も...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「ステーキ肉など分厚いお肉を焼くときはひっくり返すのは1回」という定説を耳にしたことはありませんか。焼肉屋さんでも日々繰り広げられる肉奉行たちの「触らない...
ステーキ肉を焼いてみたら思ったよりも固かった、なんてことがありますよね。そんな時に機転を利かせてトライしたい料理を紹介します。南米ボリビアの名物「シルパン...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
なんとなく料理がおいしくなる……くらいの認識だったかもしれない。でも、真の実力はすごかった。
がっつりお肉を食べたいけど、なかなかステーキ肉は手が出ない……。とくに給料日前となるとつい我慢してしまいますよね。でも、値段が手頃な「豚バラ肉」をうまく使...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...