BBQで活躍必至のステーキソース

世のパクチー好きのみなさんへ。

夏本番前の今こそ、このオイルを試してもらいたい!

中毒性アリの旨さ
ステーキソースはコレに決まり

©2018 FOOD CREATIVE FACTORY

パクチーオイルです。

焼いたお肉との相性抜群、タラりとかけるだけで劇的においしくなりますよ。保存瓶ごと持ち運べるから、BBQやキャンプで重宝すること間違いなし。

みじん切りにしたパクチー(20g)とともに、薄切りニンニクを2かけ、唐辛子を1本、お塩を小さじ4分の1くらい、これをオリーブオイルのなかに入れて混ぜ合わせるだけ。

Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
「アメリケーヌ・ソース」とは、フレンチで使われる魚介の風味たっぷりのソースのこと。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
手のひらサイズの「TROPO」は、電動空気入れです。海水浴では浮き輪を、キャンプでは寝袋用エアーマットを膨らますことができます。逆の機能もあって、圧縮袋か...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
市販のトマトソースだって少しアレンジを加えただけで、もっと魅力的に、フレッシュにいただけるのです。
BBQシーンで食す焼きそば。美味しくつくるため押さえておきたいポイントがありました。
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
BBQといえばお肉やソーセージがメインになりがち。炭火で食べるお肉も美味しいですが、ここであえてのシーフードバーガーはどうでしょう。ちょっと飽きてしまった...
人も食べ物も、見た目だけの情報で思い込んで決めつけてしまいがちな私たち。けれど、ファーストインプレッションだけでは得られない一面やストーリーが、そこにはあ...
玉ねぎ、セロリ、人にんじんを、それぞれ2:1:1の割合で、にんにくとたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にしていくだけ。プロはこの材料で1時間〜1時間半ほど弱...
年に数回のために収納庫からグリルを出し入れしたり、準備や後片付けのことまで考えると、決してラクではない。もし、片手でひょいっと持ち運べるBBQグリルがあっ...
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
パセリが主役を張れるレベルの食材であることを実感できます。
キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガ...
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...