BBQの「主役」になれる串焼き料理。

30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理なんていかがでしょう。

ひと晩お肉を漬け込んだ
エキゾチックな芳香が◎

ギリシャ風串焼き「スブラキ」です。タレに漬け込んでおくだけで、脂身の少ない肉でもびっくりするほど柔らかくなります。

少し焦げ目がついてしまうくらいまでグリルしたら、熱々のうちにレモンをぎゅっと絞って。スパイシーでエキゾチックな香りが鼻をくすぐる、BBQの主役を十分に張れる一品をどうぞ。

<材料:2人前>
A オレガノ:小さじ1
A にんにく(すりおろし) :1片 
A オリーブ油:大さじ1
A 白ワイン:大さじ1
A 塩:小さじ3/4
豚肩ロースかたまり肉:300g
レモン:1/4個

<つくり方>
肉をひと口大、レモンはくし切りにカットし、Aのタレに漬け込んでおきます。BBQ用の串をうって、グリルで片面3分〜4分ずつ焼きます。できあがったら、レモンを絞ってどうぞ。

そうそう、竹串を使用する場合は、焼く前に串を5分ほど水に浸けておくと、串が黒焦げにならずにすみます。

漬け込む時間は最低でも1時間以上、ひと晩漬け込んであげれば肉が格段に柔らかくなります。もちろん家庭の魚焼きグリルなどでもおいしく焼けますが、やっぱりそこは屋外で!ビールと一緒にね。

BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
埼玉県の川口市で、動物性食材を使わないBBQを提供するサービスが開始。カラダとココロに優しい料理に加え、自然豊かな解放的なスペースで味わう「オーガニックな...
キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
BBQシーンで食す焼きそば。美味しくつくるため押さえておきたいポイントがありました。
BBQといえばお肉やソーセージがメインになりがち。炭火で食べるお肉も美味しいですが、ここであえてのシーフードバーガーはどうでしょう。ちょっと飽きてしまった...
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
ショルダーバッグのようなBBQコンロ「GoBQ Grills」。ガラス繊維生地にシリコンコーティングを施した、耐火・耐熱性のある特殊生地で、直接炭火を乗せ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
ボルチモア・オリオールズの本拠地オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズで食べるべきグルメです。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
あれば何かと重宝するこのタレですが、1回のバーベキューでは使い切れず、持ち帰って冷蔵庫で眠らせたまま。心当たりある人は読んでみて。
真夏の今こそ、このオイルだけは試してもらいたい!