皮ごと焼いて香ばしさUP「焼きフルーツ」でつくるBBQサングリア

直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。

豪快にフルーツを焼いて
ワインに漬け込む
即席「
BBQサングリア」

220f772c682e5a6fe30c4518c4a4a63a11e547d4

お肉やシーフードを焼き始める前に、まずは試し焼きにフルーツをどうぞ。コレがこの後、BBQをさらに盛り上げる、美味しいお酒に欠かせないマストアイテムに。作るのは、焼きフルーツを使った「BBQバージョンのサングリア」。

フルーツは、火を入れることで酸味が緩和されマイルドな口当たりに。香ばしさはワインとの相性もバツグンです。焼くときは網に軽く油を塗っておくと、くっつく心配もありません。

ポイントは皮ごと焼くこと

BBQはざっくり感も楽しみのうち。だから分量も適当でいきましょう。オレンジ、レモン、りんご、キウイなど、皮をむかずにカットして、焼き目がついたらワインの中に入れるだけ。皮つきのまま焼くことで型崩れの心配もありません。

ワインは赤でも白でもOK。ミントなどのフレッシュハーブや、シナモン、クローブといったスパイスを加えれば、いっそう香りが引き立ちます。もし、フルーツの甘みだけでは物足りなさを感じるようなら、砂糖やはちみつで調整を。

焼くことで香ばしさがUPする、焼きフルーツのサングリア。2時間くらい置いたら、あとはグラスに氷を入れて注ぎ入れるだけ。その格別な味わい、BBQの新定番間違いなし!

BBQのシメといえば、焼きそばが定番中の定番。だけどそこに行き着くまでにお腹は意外にふくれるもので。わざわざ網を鉄板に替えるのも手間。そんなときに「焼きフ...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
BBQの鉄板「焼きトウモロコシ」。醤油を塗りながら焼いて熱々のうちに食べれば、気分も最高潮。でもこれでは“定番”の域から脱せない。そこで、さらにイマドキ感...
年に数回のために収納庫からグリルを出し入れしたり、準備や後片付けのことまで考えると、決してラクではない。もし、片手でひょいっと持ち運べるBBQグリルがあっ...
BBQといえばお肉やソーセージがメインになりがち。炭火で食べるお肉も美味しいですが、ここであえてのシーフードバーガーはどうでしょう。ちょっと飽きてしまった...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
頬に触れる空気も乾燥して、張り詰めたような寒さの冬がやってきました。この時期、風邪の予防にもおすすめなのが「焼きネギ」です。焼くだけでとろっとろの食感が楽...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
無類のあんこ好きがこうじて、これまでにたい焼き約3,700匹を食べてきたというイワイサトシさん。通称「あんこ食う大魔王」。一体どんな人なのだろう?インタビ...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
1回こっきり使い捨てBBQコンロ「CasusGrill」。網もグリルも炭も、必要なものはすべて揃って、終わった後もこのままゴミとして捨てられる。しかも、こ...
そこで、手軽に楽しめる「フルーツジェンガ」ならいかがでしょう。難しく見える?じつはこれ、カットしたフルーツをジェンガ状に互い違いにのせただけ。
キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガ...
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...