皮ごと焼いて香ばしさUP「焼きフルーツ」でつくるBBQサングリア

直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。

豪快にフルーツを焼いて
ワインに漬け込む
即席「
BBQサングリア」

お肉やシーフードを焼き始める前に、まずは試し焼きにフルーツをどうぞ。コレがこの後、BBQをさらに盛り上げる、美味しいお酒に欠かせないマストアイテムに。作るのは、焼きフルーツを使った「BBQバージョンのサングリア」。

フルーツは、火を入れることで酸味が緩和されマイルドな口当たりに。香ばしさはワインとの相性もバツグンです。焼くときは網に軽く油を塗っておくと、くっつく心配もありません。

ポイントは皮ごと焼くこと

BBQはざっくり感も楽しみのうち。だから分量も適当でいきましょう。オレンジ、レモン、りんご、キウイなど、皮をむかずにカットして、焼き目がついたらワインの中に入れるだけ。皮つきのまま焼くことで型崩れの心配もありません。

ワインは赤でも白でもOK。ミントなどのフレッシュハーブや、シナモン、クローブといったスパイスを加えれば、いっそう香りが引き立ちます。もし、フルーツの甘みだけでは物足りなさを感じるようなら、砂糖やはちみつで調整を。

焼くことで香ばしさがUPする、焼きフルーツのサングリア。2時間くらい置いたら、あとはグラスに氷を入れて注ぎ入れるだけ。その格別な味わい、BBQの新定番間違いなし!

他の記事を見る
BBQのシメといえば、焼きそばが定番中の定番。だけどそこに行き着くまでにお腹は意外にふくれるもので。わざわざ網を鉄板に替えるのも手間。そんなときに「焼きフ...
BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
BBQシーンで食す焼きそば。美味しくつくるため押さえておきたいポイントがありました。
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
BBQの鉄板「焼きトウモロコシ」。醤油を塗りながら焼いて熱々のうちに食べれば、気分も最高潮。でもこれでは“定番”の域から脱せない。そこで、さらにイマドキ感...
年に数回のために収納庫からグリルを出し入れしたり、準備や後片付けのことまで考えると、決してラクではない。もし、片手でひょいっと持ち運べるBBQグリルがあっ...
夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
BBQといえばお肉やソーセージがメインになりがち。炭火で食べるお肉も美味しいですが、ここであえてのシーフードバーガーはどうでしょう。ちょっと飽きてしまった...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
真夏の今こそ、このオイルだけは試してもらいたい!
頬に触れる空気も乾燥して、張り詰めたような寒さの冬がやってきました。この時期、風邪の予防にもおすすめなのが「焼きネギ」です。焼くだけでとろっとろの食感が楽...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
無類のあんこ好きがこうじて、これまでにたい焼き約3,700匹を食べてきたというイワイサトシさん。通称「あんこ食う大魔王」。一体どんな人なのだろう?インタビ...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
トマトソルトの甘しょっぱさが、ローストポークやチキン、フライドポテトにバツグンに合うんです!ヨダレがたれてしまう前に、さっそくつくってみましょう。