イマイチなワインほど美味しくなる、不思議なカクテル「Kalimotxo」って知ってる?

安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、めちゃくちゃシンプルでコージーで陽気なカクテル。

赤ワイン+コーラが
ベストマッチング!

必要なのは赤ワインとコーラ、以上。他には何も要らない。王道を無視してキンキンに冷やしたワインに、こちらも冷えたコーラを注ぐだけ

驚くほどさわやかで口当たりがよく、それでいて甘すぎないカクテルが出来上がる。これだけで、タンニンの渋みも無縁だし、割れる心配をしながらワイングラスを使う必要もなし。

レシピサイトをのぞいてみると、やれワインとコーラは1:1だとか、スライスしたレモンやら氷を入れるなどあるが、いちいちそんな細かいことは気にしないのがスペイン流。好きなように自在に割って楽しめばいい。

同じく赤ワインをベースにジンジャー・エールで割ったカクテル「キティ」もいい。でも庶民派感覚で楽しむならば、断然カリモーチョをおすすめしたい。

スペイン人のお酒デビューは
カリモーチョからが圧倒的

ところでこのカクテル、別名「貧乏人のサングリア」なんて呼ばれ方もしているようだけど、全くの別モノと考えたほうがいい。

ちなみに、スペインのレストランでサングリアを注文するのはほぼ外国人観光客。スペイン語の「sangre(サングレ:血)」を語源とすることからも、サングリアがスペイン発祥であることは間違いなさそう。けれど、元々は古くなった赤ワインの味をフルーツを入れることでごまかすことが、サングリアの目的だとか。

古いワインをレストランで提供するのはイメージダウン。だから地元の人たちが集まるレストランやバーでは、サングリアはまず出されないってこと。

ところが、スペインでもカリモーチョは10代の若者たちに大人気(スペインは16歳から飲酒可能)で、「お酒デビューはカリモーチョから」というティーンが多いそう。

「発祥はメキシコ」説も

さて、「カリモーチョにはコカ・コーラ」という声も耳にする。その起源には諸説あるようだが、どうやらスペインではなくメキシコ発祥という見方が有力のようだ。

というのも、スペインの植民地時代が300年近く続いたメキシコには、早くからワイン文化も流入していた。そこに19世紀後半より、コカ・コーラがアメリカより輸入・販売されるようになった記録が残っていることから、おそらくこの地で赤ワインとコーラを割って飲むスタイルが生まれた、と考えられている。

「赤ワインの口当たりを良くするためにロジックが通っている」とは、最近のカリモーチョ人気を、「Mic.com」で解説するブルックリンの人気レストラン「BKW」のMichel Gordonシェフだ。

タンニンが強くて若いワインをコーラが入ることで中和させ、渋みをトーンダウンさせる。ゆえに、安ワインが向くというワケ。

BKWでは、カリモーチョの上にマスカルポーネのジェラートをトッピングしたものが大人気らしい。これもゴキゲン間違いなしだろうな。

飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...