イマイチなワインほど美味しくなる、不思議なカクテル「Kalimotxo」って知ってる?

安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、めちゃくちゃシンプルでコージーで陽気なカクテル。

赤ワイン+コーラが
ベストマッチング!

必要なのは赤ワインとコーラ、以上。他には何も要らない。王道を無視してキンキンに冷やしたワインに、こちらも冷えたコーラを注ぐだけ

驚くほどさわやかで口当たりがよく、それでいて甘すぎないカクテルが出来上がる。これだけで、タンニンの渋みも無縁だし、割れる心配をしながらワイングラスを使う必要もなし。

レシピサイトをのぞいてみると、やれワインとコーラは1:1だとか、スライスしたレモンやら氷を入れるなどあるが、いちいちそんな細かいことは気にしないのがスペイン流。好きなように自在に割って楽しめばいい。

同じく赤ワインをベースにジンジャー・エールで割ったカクテル「キティ」もいい。でも庶民派感覚で楽しむならば、断然カリモーチョをおすすめしたい。

スペイン人のお酒デビューは
カリモーチョからが圧倒的

ところでこのカクテル、別名「貧乏人のサングリア」なんて呼ばれ方もしているようだけど、全くの別モノと考えたほうがいい。

ちなみに、スペインのレストランでサングリアを注文するのはほぼ外国人観光客。スペイン語の「sangre(サングレ:血)」を語源とすることからも、サングリアがスペイン発祥であることは間違いなさそう。けれど、元々は古くなった赤ワインの味をフルーツを入れることでごまかすことが、サングリアの目的だとか。

古いワインをレストランで提供するのはイメージダウン。だから地元の人たちが集まるレストランやバーでは、サングリアはまず出されないってこと。

ところが、スペインでもカリモーチョは10代の若者たちに大人気(スペインは16歳から飲酒可能)で、「お酒デビューはカリモーチョから」というティーンが多いそう。

「発祥はメキシコ」説も

さて、「カリモーチョにはコカ・コーラ」という声も耳にする。その起源には諸説あるようだが、どうやらスペインではなくメキシコ発祥という見方が有力のようだ。

というのも、スペインの植民地時代が300年近く続いたメキシコには、早くからワイン文化も流入していた。そこに19世紀後半より、コカ・コーラがアメリカより輸入・販売されるようになった記録が残っていることから、おそらくこの地で赤ワインとコーラを割って飲むスタイルが生まれた、と考えられている。

「赤ワインの口当たりを良くするためにロジックが通っている」とは、最近のカリモーチョ人気を、「Mic.com」で解説するブルックリンの人気レストラン「BKW」のMichel Gordonシェフだ。

タンニンが強くて若いワインをコーラが入ることで中和させ、渋みをトーンダウンさせる。ゆえに、安ワインが向くというワケ。

BKWでは、カリモーチョの上にマスカルポーネのジェラートをトッピングしたものが大人気らしい。これもゴキゲン間違いなしだろうな。

「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
今話題になりつつあり、これから急成長するだろうクラフトコーラの専門店「伊良コーラ」の紹介です。