カクテルレシピが一目瞭然。今宵、イラストつきグラスで

カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。

そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。ベストな配合が手描きのイラストで描かれているので、パーティでもくすっとみんなの笑顔を引き出せちゃうかも。

「必要ないでしょ!」という人も、そんなに肩肘張らず、このポップな世界に酔いしれてみませんか?

01.
「ミモザ」

1f7e0b89ad1a152c3b95d9051b4cefca59075044

このグラスを使えば「ミモザ」の作り方も一目瞭然。シャンパンとオレンジジュースの割合はご覧の通りで、実際に入れてみると色もついてかわいいですよね。

02.
「マティーニ」

428d213c3de06d8c952392a1424f3b04d311900b

こちらはマティーニ。ジンとベルモットの割合が図解されています。作者はオリーブ2つがお好みの様子。

03.
「マルガリータ」

D2ee11a27f709edd5e6e638b194d6354a90857fc

テキーラベースに、ライムとトリプルセックをご覧の配分で。そして塩を少々。

04.
「ブラッディ・マリー」

Aa42b0cf77b1b06bd807e5ebbc9c501e34f53055

ウォッカベースに、トマトジュース、レモン、ホットソース(タバスコなど)、ブラックペッパー、ホースラディッシュ(西洋ワサビ)、セロリ塩、ウスターソースを。

05.
「モヒート」

D4dc0516351c966413605654e46bdefc106475fb

メインはラム。そこにライム、ミント、クラブソーダを。

06.
「ウォッカトニック」

Dfa7083c8bbad96801c9ea678ac0f235d3b1a8fd

ウォッカトニックの配分はどのくらいだったっけ?と思ったときも大丈夫。氷とライムも忘れずに。

07.
「スコッチ&ソーダ」

83db5359630166c7e5af4955165b9b170552082d

スコッチ&ソーダも、ご覧の通り。

08.
「ホットトディー」

509c07ce4aa665e2933cfa2693e79ae2cdd43436

ウィスキーにハチミツ、シナモンを加えてお湯を注げば、ホットトディーの出来上がり。

作者はいたってマジメに「ベストなレシピ」をグラスで表現していますが、他の飲み物を入れて使いにくいのが玉にキズ。でも、全種類揃えてカウンターに並べたら、けっこう絵になるかもね。

Licensed material used with permission by UncommonGoods
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。
パウチパックでウイスキーが飲める。それもお試しサイズのグラス1杯分。
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
このグラスが、あなたに本音を語らせる。
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
アメリカンポップスにもその名が登場するほど、認知度の高い「Jello Shots(ジェロショット)」、聞いたことくらいはあるはずです。アメリカで人気の粉末...
ドイツのお祭りに登場する屋台のなかに、心もカラダもあったまる、とっておきのカクテルが店を出します。当地ではとってもポピュラーなこのカクテルは、ココアをラム...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
さすがにこれだけでホロ酔いになるのは難しそうですが、このピザに合わせてさらにお酒をいただくのは大歓迎。ただし、このピザを食べる場合、飲酒運転になるのでご注...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。
ホットウィスキーが気づかせてくれたのは、お花見は「さくらを眺めるとき」でもあり、「年度最後の寒さを感じるとき」だということ。そんな風に思えば、少しは寒さが...