ショットグラスで飲むカクテルがイギリスの流行り

ロンドンっ子の同僚、ベンから教えてもらった情報です。

なんでもイギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。

ショットグラスに注がれるカクテルってことです。

テキーラやコカレロ、イエーガーなど、ショットはそれらをグイッと飲むのが当たり前になっています。ですが、本来は強いお酒をストレート1杯分でショットグラスに満たし、堪能するもの。

マイクロカクテルの嗜み方は、過去のソレに似ているかもしれません。ゆっくりと味わうのです。小さいサイズだといろんな料理との組み合わせもしやすい、というヨーロッパらしい考え方もあるそう。

これを日本に置き換えてみると、バーや居酒屋で飲み比べセットが多くなっている流れと同じでしょうか。どちらも、お酒を味わいたいという気持ちに差はなさそうです。

Top image: © iStock.com/gruizza
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を見て暗号解読に挑戦してみたいという人がいるならば、ぜひイギリス・チェルシーにあるバー「The ...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
6月よりザ コカ・コーラ カンパニーは、飲むためじゃないコカ・コーラをイギリスで販売し始めます。いや、正確には飲めるんですが、その第一の目的はスピリッツな...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。...
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
欧米のミレニアルズの宗教離れが進んだと同時に、人気が高まってきたと言われる星占い。ロンドンのバー「Barts」が、今夏限定で星座ごとの特徴を反映したカクテ...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
ドイツのお祭りに登場する屋台のなかに、心もカラダもあったまる、とっておきのカクテルが店を出します。当地ではとってもポピュラーなこのカクテルは、ココアをラム...