トマト農家がつくった「レッドアイ」ECスタート

昨夏、彗星の如く登場したトマト農家が作る「WONDER GOLDEN EYE」が、いよいよ今月よりEC販売を開始した。

知らない人のために補足すると、「WONDER GOLDEN EYE」は東日本大震災によって被害を受けた、東日本の食産業の長期支援を目的として活動を続ける「東の食の会」が、福島県いわき市の体験型農場「ワンダーファーム」と連携してつくったレッドアイ。(ジャンルは発泡酒)

「ワンダーファーム」で栽培された、太陽の恵みがたっぷり詰まったブランドトマト「サンシャイントマト」の果汁50%も使って作る一品は、甘酸っぱいテイストとすっきりした飲み口が身上。ちなみに、アルコール度数は3%と控えめだ。

トマトそのものの風味を凝縮した黄金色(赤くないってのもポイント)のトマトカクテル。家飲みの気分を爆上げしてくれるに違いない。

まずはお試し2本セット1380円(税込)。リピーターは6本セット3980円(税込)で!

©一般社団法人東の食の会

WONDER GOLDEN EYE

【商品名】発泡酒 (麦芽使用率25%未満)
【内容量】310ml
【原材料名】トマト(福島県産)、糖類、麦芽、大麦、ホップ
【アルコール】3%
【購入可能なサイト】Yahoo!ショッピング楽天市場

Top image: © 一般社団法人東の食の会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...