トマト農家がつくった「レッドアイ」ECスタート

昨夏、彗星の如く登場したトマト農家が作る「WONDER GOLDEN EYE」が、いよいよ今月よりEC販売を開始した。

知らない人のために補足すると、「WONDER GOLDEN EYE」は東日本大震災によって被害を受けた、東日本の食産業の長期支援を目的として活動を続ける「東の食の会」が、福島県いわき市の体験型農場「ワンダーファーム」と連携してつくったレッドアイ。(ジャンルは発泡酒)

「ワンダーファーム」で栽培された、太陽の恵みがたっぷり詰まったブランドトマト「サンシャイントマト」の果汁50%も使って作る一品は、甘酸っぱいテイストとすっきりした飲み口が身上。ちなみに、アルコール度数は3%と控えめだ。

トマトそのものの風味を凝縮した黄金色(赤くないってのもポイント)のトマトカクテル。家飲みの気分を爆上げしてくれるに違いない。

まずはお試し2本セット1380円(税込)。リピーターは6本セット3980円(税込)で!

©一般社団法人東の食の会

WONDER GOLDEN EYE

【商品名】発泡酒 (麦芽使用率25%未満)
【内容量】310ml
【原材料名】トマト(福島県産)、糖類、麦芽、大麦、ホップ
【アルコール】3%
【購入可能なサイト】Yahoo!ショッピング楽天市場

Top image: © 一般社団法人東の食の会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
備蓄のために保管され、賞味期限が過ぎてしまった廃棄予定のお米を活用した新たな紙素材「kome-kami(コメカミ)」。そんな素材を使用したノートと名刺が「...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。
「Teva」がインスタントカメラブランド「Polaroid」と初のコラボ。今月6日(木)からTeva公式オンラインストアで2つのモデルを発売している。
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
甘さも酸味も物足りない、そんな「ハズレトマト」ほどおいしく化ける。
10月4日〜13日まで開催された「ロンドン・カクテル・ウィーク 2019」で世界的なウイスキーメーカー「The Glenlivet(ザ・グレンリベット)」...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
高級食材を使った料理をリーズナブルな価格で提供することで人気の「俺のレストラン」。4月15日、あらたに俺のシリーズ公式通販サイト「俺のEC」をオープン。
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
今月9日、年々高まる「ノンアルコールブーム」を加速させる専門ECサイト「MARUKU」がオープン。コンビニやスーパーではあまり見ることのできない、レアで貴...
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
トマトソルトの甘しょっぱさが、ローストポークやチキン、フライドポテトにバツグンに合うんです!ヨダレがたれてしまう前に、さっそくつくってみましょう。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
日本にレモネードを根付かせた立役者「LEMONADE by Lemonica(レモネードバイレモニカ)」がシロップ専門ブランド「SUGaRCaNE」設立。...
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。
生産者から直接商品を購入できるオンラインマルシェ「食べチョク」が実施してきた「コロナでお困りの生産者さん」応援プログラムが、週末の5月31日で終了する。
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
海に沈めた酒が漁師の間でおいしいという話があり、実際に科学的な分析を実施したところ、まろやかさやうま味が増すことが判明。お酒は岩手の酒蔵「酔仙酒造」の吟醸...