オーストラリアのハチミツ農家が作った、何度も使える「ラップ」

料理をする人にとっては、毎日欠かせない食品用ラップ。でも一回使ってポイってするのはちょっともったいない…そう思う人も少なくないのでは?

オーストラリアでは、環境にやさしくてちょっとユニークなEcoラップが販売されています。

ミツロウを使った
オーガニックな「ラップ」

HoneyBee Wrap」は、100%オーガニックのコットン生地に、蜜蝋(ミツロウ)・ホホバオイル・ココナッツオイル・天然樹脂を染み込ませたラップ。もちろんベタベタしているわけではないし、作りも意外と頑丈とのこと。

このEcoなラップは、オーストラリア最東端の街、バイロンベイにある工房でひとつひとつ手作りされているもの。繰り返し何度も使えるし、廃棄後は自然に還るのだそう。人にも環境にもやさしい製品として注目されています。

ハチミツ農家からの提案

そもそものきっかけは、ハチミツ農場「Byron Bay NSW」を営む家族が、もっと環境を配慮した活動はできないか、とプラスチックの代用品として考えたものでした。

世界的に見てもミツバチの減少は大きな問題になっていて、そこへの警鐘も意図したものだと言います。「INDIEGOGO」を使ったクラウドファンディングも行なっていて、少しでも多くの人に知ってもらいたい、と語ります。

抗菌作用で
食品が長持ちする?

プラスチックごみが減らせるというEcoな面が最大のメリットですが、ミツロウやホホバオイルには抗菌作用があり、食品の鮮度が長持ちするんだそう。

レンジの使用ができないことや、お湯洗いができないので肉や魚への使用には不向きといったデメリットはありますが、新しいラップの可能性を感じさせてくれます。

また、手のぬくもりで柔らかくなるので、容器や食品にぴったりとくっつけることができます。使いかけの野菜をくるんで保存したり、おかずの残りの容器にフタをしたり。冷めると固くなるので、テープなどを使わなくてもフィットしたまま外れたりしません。サンドイッチや手作りのお菓子のラッピング代わりに使っても、可愛くていいですね。

お手入れは食器用洗剤と冷水でOK。食洗器での洗浄はNGです。丁寧に扱えば1年ほどは持つそうですよ。

オンラインショップによれば、海外発送も可能とのこと。サイズは特大・大・中・小の4種類で、価格は14.00オーストラリアドル〜(約850円〜)。

色や柄もラップとは思えないくらい可愛いので、キッチンに置いてあったら料理するのが楽しくなりそうですね。

Licensed material used with permission by HoneyBee Wrap
兵庫県西播磨の伝統工芸「藍染、草木染め」を施したジャパンメイドのエコラップが登場。
耐久性・耐熱性にすぐれた高品質シリコン製の「The Wrap」。従来のエコラップでは実現できなかった−40℃〜235℃という驚異的なレンジでの使用が可能。
数年前からじわじわ続くハチミツブーム。ハチミツは採取される地域や花の種類、製造方法によって味が違っていて奥深い。でも、今回はそんな奥深いハチミツの世界を解...
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
大人気そうめん専門店「そうめん そそそ」から、こだわりの新商品「So-men Box set」が登場。
オーストラリアで発売されている「Savel」は、食品用ラップの代わりとして使える製品。ルックスは違えど、カットしたレモンやライムなどを長持ちさせることがで...
IKEAの「ÖVERMÄTT オーヴェルメット」はシリコン製のフードカバー。洗って繰り返し使える。
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
主演のサラ・ジェシカ・パーカーがInstagramにアップしたティザーに、ファンは大興奮!
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。オーストラリアのセブンは、つい日常使いしたくなるハイカロリーな食べ物や飲...
オーストラリアのニューサウスウェールズ州は、州内の500を超える学校を対象に朝食を提供するサービスの開始を決定。オーストラリア最大のフードバンクと提携し、...
オーストラリアのファストフード店「Oliver's Real Food」のサイドメニューは、蒸したサヤインゲンや枝豆、トウモロコシなど健康的なものばかり。...
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
2月7日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「The Couch Console」は、ソファの上でくつ...
コンセプトを“世界とつながる”から“ウェルネスを届ける”と変更して、スマートホステル「&AND HOSTEL KURAMAE WEST」が今月13日(水)...
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州は、換金されなかった宝くじの賞金を使って、ジャッキー・チェン主演のアクション映画『ポリス・ストーリー / REBO...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の交通大臣が、電車に乗る際に、切符や交通系ICカードの代わりに顔認証システムを使うことを検討している。
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...