オーストラリアのハチミツ農家が作った、何度も使える「ラップ」

料理をする人にとっては、毎日欠かせない食品用ラップ。でも一回使ってポイってするのはちょっともったいない…そう思う人も少なくないのでは?

オーストラリアでは、環境にやさしくてちょっとユニークなEcoラップが販売されています。

ミツロウを使った
オーガニックな「ラップ」

C1854efe4af33725e00f2a6598d08aa6a3f33635

HoneyBee Wrap」は、100%オーガニックのコットン生地に、蜜蝋(ミツロウ)・ホホバオイル・ココナッツオイル・天然樹脂を染み込ませたラップ。もちろんベタベタしているわけではないし、作りも意外と頑丈とのこと。

このEcoなラップは、オーストラリア最東端の街、バイロンベイにある工房でひとつひとつ手作りされているもの。繰り返し何度も使えるし、廃棄後は自然に還るのだそう。人にも環境にもやさしい製品として注目されています。

9f9c8adbba70f981325cfa3137a7a167558b0e3bB3f6cbdf291776846de612a8a6a0c472269202fbD93ad68a8cfb1d398be424fd129de5349b233821C8f636d942ed37c053c6242d1e3aaa6e77e6892aC5b7904a827f84b4951a606916b00ee1a985c14c

ハチミツ農家からの提案

Cca155bfc4cccdddeecf537d9e86c32a7b8e5cb403b6889e3319fc2290b57c102d8e9d86e4c5561f

そもそものきっかけは、ハチミツ農場「Byron Bay NSW」を営む家族が、もっと環境を配慮した活動はできないか、とプラスチックの代用品として考えたものでした。

世界的に見てもミツバチの減少は大きな問題になっていて、そこへの警鐘も意図したものだと言います。「INDIEGOGO」を使ったクラウドファンディングも行なっていて、少しでも多くの人に知ってもらいたい、と語ります。

抗菌作用で
食品が長持ちする?

プラスチックごみが減らせるというEcoな面が最大のメリットですが、ミツロウやホホバオイルには抗菌作用があり、食品の鮮度が長持ちするんだそう。

レンジの使用ができないことや、お湯洗いができないので肉や魚への使用には不向きといったデメリットはありますが、新しいラップの可能性を感じさせてくれます。

D184d4b65a3c51043b263cdd5e23a57605cb8764

また、手のぬくもりで柔らかくなるので、容器や食品にぴったりとくっつけることができます。使いかけの野菜をくるんで保存したり、おかずの残りの容器にフタをしたり。冷めると固くなるので、テープなどを使わなくてもフィットしたまま外れたりしません。サンドイッチや手作りのお菓子のラッピング代わりに使っても、可愛くていいですね。

お手入れは食器用洗剤と冷水でOK。食洗器での洗浄はNGです。丁寧に扱えば1年ほどは持つそうですよ。

44c5ad6ce74133b35dddb7945bc4831dcf897fc3

オンラインショップによれば、海外発送も可能とのこと。サイズは特大・大・中・小の4種類で、価格は14.00オーストラリアドル〜(約850円〜)。

色や柄もラップとは思えないくらい可愛いので、キッチンに置いてあったら料理するのが楽しくなりそうですね。

Licensed material used with permission by HoneyBee Wrap
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
「毎朝、空腹時にリンゴ酢とハチミツを飲むとどんな変化が起きるか?」をカラダを張って調査した結果が記事になっていました。どちらも美容・健康効果が注目されて久...
ストリートで起きた若者ふたりのケンカ。野次馬も集まってきて、街は一時騒然。そんな頭に血がのぼった若者を和解まで導いたのは、通りすがりのひとりの男。間に割っ...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
スラム街の子ども達にとって、警察は「敵」であることが多い。誤解を恐れずに言うと、彼らが悪さをして警察に注意される、という関係性だということ。レコーディング...
アメリカのとある小学校では、毎朝ある歌をクラスのみんなで歌うことになっています。まずは動画を見てください。生徒たちもノリノリです。どうして小学校でラップを...
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
お葬式を、”故人の最後のメッセージ”と価値づけた新しい概念が「ナチュラル×フューネラル」だ。例えば、自然に優しい間伐材を使用した棺、または、強化段ボール製...
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...