これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!

お皿のままラップかけて冷蔵庫にしまうとき、ぴたっとラップできる皿もあれば、スッカスカのつるつるで、ちっともラップが効かない皿もある。これって器の材質や形状によるもの。

もちろん、タッパーや保存瓶といった専用の保存容器に移し替えればいいだけのこと。でも、それとて手間。というときの強い味方。

どんな形状にも
ピタッと密着

「UnLid」は、どんな容器にもピッタリとフタができるシリコンラップ製。もちろん使い捨てではないので、環境にもお財布にもやさしい設計。

伸縮自在でラップがかけにくい形状の器でも、らくらく密閉できるっていうのがうたい文句なんだけど、動画を見てみれば、たしかに液体を入れて逆さにしても漏れない!

そのまま電子レンジOK
冷凍だってOK

熱にも冷たさにも強い、これも「UnLid」の魅力。そのままレンチンしてもよし、冷凍庫に入れても大丈夫だそう。230℃まで耐えられるというから、蒸し料理なんて簡単にできちゃうし、ちょっとした料理ならば鍋のフタ代わりにしてしまってもいいかも。

意外とウレシイ!
缶詰、缶ジュース、果物だって

どうやらかなり伸縮するらしく、アイディア次第ではこんな使い道も。

飲みかけの缶ジュースにかぶせておいたり、フルーツの断面(スイカもOKらしい)もいけるっていうあたり、目からウロコかも。

トップには、保存期間を示すダイヤル付き。こういう点もちゃんとしててイイですよね。Indiegogoでは、じつに12,000%を超える出資を集めてしまったみたい。イイ感じで日本に入ってきそうですね。

Licensed material used with permission by Two Pillars
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
棚に隙間なく収納しようとすると、他人に見せられないくらい汚くなるし、かといってキレイに並べても隙間ができてたくさん収納できない。でも、もし中身の量に合わせ...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
カナダ在住であるCherylさんのパートナーChirsさんは、病に侵されてこの世を去ってしまいました。Chirsさんはタトゥーアーティストだったこともあり...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!