これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!

お皿のままラップかけて冷蔵庫にしまうとき、ぴたっとラップできる皿もあれば、スッカスカのつるつるで、ちっともラップが効かない皿もある。これって器の材質や形状によるもの。

もちろん、タッパーや保存瓶といった専用の保存容器に移し替えればいいだけのこと。でも、それとて手間。というときの強い味方。

どんな形状にも
ピタッと密着

「UnLid」は、どんな容器にもピッタリとフタができるシリコンラップ製。もちろん使い捨てではないので、環境にもお財布にもやさしい設計。

伸縮自在でラップがかけにくい形状の器でも、らくらく密閉できるっていうのがうたい文句なんだけど、動画を見てみれば、たしかに液体を入れて逆さにしても漏れない!

そのまま電子レンジOK
冷凍だってOK

熱にも冷たさにも強い、これも「UnLid」の魅力。そのままレンチンしてもよし、冷凍庫に入れても大丈夫だそう。230℃まで耐えられるというから、蒸し料理なんて簡単にできちゃうし、ちょっとした料理ならば鍋のフタ代わりにしてしまってもいいかも。

意外とウレシイ!
缶詰、缶ジュース、果物だって

どうやらかなり伸縮するらしく、アイディア次第ではこんな使い道も。

飲みかけの缶ジュースにかぶせておいたり、フルーツの断面(スイカもOKらしい)もいけるっていうあたり、目からウロコかも。

トップには、保存期間を示すダイヤル付き。こういう点もちゃんとしててイイですよね。Indiegogoでは、じつに12,000%を超える出資を集めてしまったみたい。イイ感じで日本に入ってきそうですね。

Licensed material used with permission by Two Pillars

関連する記事

ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
耐久性・耐熱性にすぐれた高品質シリコン製の「The Wrap」。従来のエコラップでは実現できなかった−40℃〜235℃という驚異的なレンジでの使用が可能。
棚に隙間なく収納しようとすると、他人に見せられないくらい汚くなるし、かといってキレイに並べても隙間ができてたくさん収納できない。でも、もし中身の量に合わせ...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
カナダ在住であるCherylさんのパートナーChirsさんは、病に侵されてこの世を去ってしまいました。Chirsさんはタトゥーアーティストだったこともあり...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
兵庫県西播磨の伝統工芸「藍染、草木染め」を施したジャパンメイドのエコラップが登場。
シンプルで飽きのこないデザインが魅力の琺瑯(ほうろう)。料理家のみならずスタイリストからも愛好され、セレクトショップの棚を飾るこの調理器具の本当の魅力を知...
ワシントンで開発された新種のリンゴ「Cosmic Crisp」は冷蔵保存で1年間も貯蔵可能な代物!保存可能期間も長いうえ、味も「リンゴの聖杯」と評されるほ...
世界でもっとも長い爪を持つ米・テキサス州在住のアイアナ・ウィリアムスさんが、ついにその爪を切る決断をしたらしい。約30年間伸ばし続け、全長7.3mに到達し...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
できるだけ記憶が鮮明なうちに。
食材を入れてランチバッグとして持ち運べるシリコン製食品保存パック「ZipBag(ジップバッグ)」が応援購入サービス「Makuake」にて販売中。
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
鰹節専門店「にんべん」から「鰹節保存袋」が登場。「用途広すぎでしょ!」とツッコミたくなるほどの幅広い使い道もご紹介。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
日当たりが悪いなら、家ごと回転させてしまえばいいという発想の建築物が登場した。この「Devon Haus」の構造は、ボタンを一押しするだけで、家全体が36...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。