これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!

お皿のままラップかけて冷蔵庫にしまうとき、ぴたっとラップできる皿もあれば、スッカスカのつるつるで、ちっともラップが効かない皿もある。これって器の材質や形状によるもの。

もちろん、タッパーや保存瓶といった専用の保存容器に移し替えればいいだけのこと。でも、それとて手間。というときの強い味方。

どんな形状にも
ピタッと密着

58634166735994885209717550874624

「UnLid」は、どんな容器にもピッタリとフタができるシリコンラップ製。もちろん使い捨てではないので、環境にもお財布にもやさしい設計。

5169208761516032

伸縮自在でラップがかけにくい形状の器でも、らくらく密閉できるっていうのがうたい文句なんだけど、動画を見てみれば、たしかに液体を入れて逆さにしても漏れない!

58929453790658564957199512109056

そのまま電子レンジOK
冷凍だってOK

熱にも冷たさにも強い、これも「UnLid」の魅力。そのままレンチンしてもよし、冷凍庫に入れても大丈夫だそう。230℃まで耐えられるというから、蒸し料理なんて簡単にできちゃうし、ちょっとした料理ならば鍋のフタ代わりにしてしまってもいいかも。

意外とウレシイ!
缶詰、缶ジュース、果物だって

53567294495784965521629887070208

どうやらかなり伸縮するらしく、アイディア次第ではこんな使い道も。

飲みかけの缶ジュースにかぶせておいたり、フルーツの断面(スイカもOKらしい)もいけるっていうあたり、目からウロコかも。

5300466720178176

トップには、保存期間を示すダイヤル付き。こういう点もちゃんとしててイイですよね。Indiegogoでは、じつに12,000%を超える出資を集めてしまったみたい。イイ感じで日本に入ってきそうですね。

Licensed material used with permission by Two Pillars
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
棚に隙間なく収納しようとすると、他人に見せられないくらい汚くなるし、かといってキレイに並べても隙間ができてたくさん収納できない。でも、もし中身の量に合わせ...
シンプルで飽きのこないデザインが魅力の琺瑯(ほうろう)。料理家のみならずスタイリストからも愛好され、セレクトショップの棚を飾るこの調理器具の本当の魅力を知...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
料理をする人にとっては、毎日欠かせない食品用ラップ。でも一回使ってポイってするのはちょっともったいない…そう思う人も少なくないのでは?オーストラリアでは、...
イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを...
家のどこかに眠っている昔の「ネガフィルム」は、この時を待っていたのだと確信しました。保存しておいたものの、あれってほとんど使うことがない。けれど、いつか昔...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
できるだけ記憶が鮮明なうちに。
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
アメリカのとある小学校では、毎朝ある歌をクラスのみんなで歌うことになっています。まずは動画を見てください。生徒たちもノリノリです。どうして小学校でラップを...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
戦前、神戸市灘区の摩耶山中に建てられた「摩耶観光ホテル」。その独特の廃墟美から「廃墟の女王」と呼ばれ、多くの廃墟ファンを持つこの建物を保存しようと、NPO...
ストリートで起きた若者ふたりのケンカ。野次馬も集まってきて、街は一時騒然。そんな頭に血がのぼった若者を和解まで導いたのは、通りすがりのひとりの男。間に割っ...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
いつもどおりの賑わいを見せる店内に現れたひとりの男性。彼はレジの横にラジカセをドンと置き、BGMに合わせながら注文を開始した。今回このドッキリに参加したの...