夏の暑さを保存して冬に利用するテクノロジーが、スイスで開発中

毎日、厳しい冷え込みが続く「冬」。でも「夏」はあんなに暑かったのだから、その熱が今あればいいのに…。誰もが一度は思うものです。四季があるのは素敵だけれど、過ごしやすい季節が恋しくなるときもあります。

そんなふうに「夏の熱」を冬まで保存するというテクノロジーが開発されつつあるので、ご紹介したいと思います。

水酸化ナトリウムを使って
熱エネルギーを保存

Ccb3ab30129034ddf5fb9d183f069c32f909e41b

この技術を開発したのは、スイスにある研究機関「Empa」。仕組みそのものは、意外なほどシンプルだと言います。

水酸化ナトリウムは、水に溶けるときに激しく発熱します。これは水酸化ナトリウムを固体にとどめている化学エネルギーが、熱エネルギーとなって放出されるため。この反応を逆に利用すると、熱エネルギーを化学エネルギーとして蓄えることができ、水を加えるだけで熱を取り出すことができるのだとか。

新型パイプで
安定した熱の取り出しを可能に

Dc2faad9c8e4101aafd0c56a4f056ee6da8f14fb

これまでは、水酸化ナトリウムが大きな結晶になってしまい、思うように反応させることができませんでした。

そこで、パイプの周囲にらせん状のフィンを設け、そのフィンの間に水酸化ナトリウムを保存する手法を開発し、安定して熱を取り出すことができるようになったそうです。

タンクに入れて移動も可能
自然の熱をあらゆるところに

F3a8599ada396ac639c4d016af259fb6d9b8a2f5

「Empa」によれば、水酸化ナトリウムは比較的安定しているため、暑い夏のうちに蓄えた熱を、タンクに入れて持ち運ぶことも可能だと言います。これまで保存することが困難だった熱エネルギーを化学エネルギーに変換することで「保存・移動」することを可能にした、とのこと。

現在は、将来的な実用化に向けてスポンサーやパートナーを募っているそう。もし実用化されれば、移動コストの問題はありますが、夏の熱を冬に利用出来るだけでなく、暑い地域の熱を寒い地域に運ぶといった使い方もできるかもしれません。エネルギー問題解決の一助になることが期待されています。

Licensed material used with permission by Empa
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
「McLean Metalworks Hammock Mount」は自動車の牽引フックに取り付けるハンモック。
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
夏になると、コンピューターの排熱がかなり気になってきます。「暑いし、熱い…」。大量のコンピューターが同じ部屋に入っているサーバールームならなおさら。せっか...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマー...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
ホームページは存在しない、情報は不定期でポストされるFacebookページのみ、70年代の少しスモークがかった白いメルセデス・ベンツのバンは突如ベルリンの...
スイスと言えば大自然。アルプス山脈を電車で駆け抜けたりするイメージだけど、その自然の中にポツンと建てられた劇場がある。季節ごとにテーマを分けたパフォーマン...
さっきまで一緒にふざけて笑っていたのに、じゃあねってひとりになった瞬間、気づいてしまった—。夏の終わり、好きなひとができた夜。そんなあなたに聴いてほしい5...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
小さな島で過ごした夏の日のこと。
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...
シーズン問わず、コスパのいいおかず「塩サバ」ですが、いつも焼くだけではワンパターン。そこで、こんなおつまみはいかがでしょう。
うだるような暑さ…。すでに部屋のなかでグッタリしている人も多いはず。でも、インテリアを少し「夏仕様」に変えてみれば、暑さをエンジョイできるかも。簡単に「部...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
キーンと冷えた冬の朝、北国の海面が霧で覆われているのを見たことはありませんか。これは「けあらし」と呼ばれ、北海道の沿岸や富山湾などで見ることができます。冬...
これまでネガティブな印象しかなかった「貧乏ゆすり」を、まさかの逆利用で発電させてしまう、画期的な椅子が登場。あの無意識のストレス発散が、周囲の人にもエネル...
暑い夏。喉が渇いて我慢できない時はカフェに駆け込むのだけれど、鞄の中がいっぱいだと、お財布を探すまでに手こずる。そこで活躍してくれるのが、かざすだけで決済...
冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」とは、省エネで快適な家づくりを目指す、サステナブルな...