夏は部屋の中に「ジャングル」を作ってみよう。

うだるような暑さ…。すでに部屋のなかでグッタリしている人も多いはず。でも、インテリアを少し「夏仕様」に変えてみれば、暑さをエンジョイできるかも。

簡単に「部屋の雰囲気を夏にしたい!」という人におすすめなのが、トロピカルな植物を部屋に置くこと。これだけで雰囲気がガラッと変わっちゃうんです。

部屋の中に
小さなジャングルを。

家の中にこんなスペース、欲しい!

どんな植物を
置いたらいいの?

ヤシ科の植物は、ひとつだけでも迫力が出るのでオススメ。

大ぶりなモンステラも夏にぴったり。

なんとパイナップルも。

葉っぱが水々しいスパティフィラムも涼しげ。

ゴクラクチョウカ、英語名はBird Of Paradise(楽園の鳥)。

ベッド周りに置けば優雅に目覚められそう!

こんなスペースが家の中にあれば、夏場に暑〜い外に出なくとも、ゆったり自然に囲まれて過ごすことができます。

比較的育てやすいトロピカルな植物たち。今年の夏は自分だけのジャングルを作って、家に引きこもるのもありかも?

Licensed material used with permission by Fanny Zedenius
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
5月28日、「Airbnb(エアビーアンドビー)」が4月9日から提供している「オンライン体験」に「一流の料理人に学ぶオンラインクッキング体験」を追加するこ...
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
おうちの中で植物を育てたり、ベランダやお庭で花や野菜を育てたりする時に、あったら便利だなと思うグッズを紹介している記事をまとめてみました。便利なだけじゃな...
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
プロテインブランド「マッスルフィット」シリーズに「森永ラムネ」とコラボした粉末プロテイン「マッスルフィットプロテイン森永ラムネ味」が登場。
ヨーロッパからの旅行先として人気なの地中海に浮かぶ島国・キプロスは、一部の国からの観光客の受け入れを再開する方針を発表した。また、同国での滞在中に新型コロ...
あなたの部屋には観葉植物がありますか?「ない」と答えた人の理由としては、「育てるのが難しそう」「どんな種類を買えばいいのかわからない」といったものが多いは...
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
湿気などの影響で、嫌なにおいが出る場合もあるでしょう。そんなときは、空気中の水分で育つ植物を置いてみるといいかもしれません。「Food52」で、植物学者の...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
植物を育てるという命を育む行為によって、無機質な社会で日々過ごしている都会暮らしの現代人の荒れ果てた心に、少しばかり癒しをもたらしてくれそうです。
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...