夏のインテリアの「遊び」には、ポップな「多肉植物」がはずせない。

サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。

いつものインテリアに飽きたなら、アクセントに置いてみるとぴったり!普通の観葉植物よりも雰囲気がポップになるので、夏場のインテリアに最適ですよ。

インテリアに
「遊び」が欲しいとき。

サボテンが置いてあると、どこか抜け感が出てオシャレ。

頭が赤いムーン・カクタスがあると華やかに。

部屋の中に、小さな砂漠のオアシスが完成!

こんな多肉植物を吊るしてみてもいいかも。

小ぶりのアロエなら
室内でもOK。

よく庭先で見かけるアロエも、室内で大丈夫。

一人暮らしの部屋でも、こんな多肉植物があれば思わず明るい気持ちになるはず。インテリアにどこか物足りなさを感じたら、足りないのはこんな植物かも。

とりあえず小さいものを一つ、と買い出したら止まらなくなりそう。

部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
カラフルでぱっと華やぐお花もいいけれど、ぷくっとした肉厚に癒やされる多肉植物の魅力も捨てがたい。ガーデニングのこと?いえいえ、違います。 「ケーキ」の話で...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
うだるような暑さ…。すでに部屋のなかでグッタリしている人も多いはず。でも、インテリアを少し「夏仕様」に変えてみれば、暑さをエンジョイできるかも。簡単に「部...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
革製品ブランド「土屋鞄製造所」の鞄職人が作る「スイカ専用バッグ」が、六本木店と渋谷店で期間限定で展示される。
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
「Re:planter」の屋号で活動する京都在住の植栽家・村瀬貴昭氏。鉢ではなく、電球に植えられた盆栽。彼が使われなくなったテレビやPC基盤、電球に植物を...
サイズも形状も多種多様なフェイクグリーン。目的や用途に合わせジャンル別にフェイクを紹介します。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
「川崎市立日本民家園」内の藍染め工房「川崎市伝統工芸館」が用意したのは、政府から支給されたマスクを持ち込み、藍染め体験をおこなえる期間限定プログラム。
ジョバンニ・ボッカチオの作品「デカメロン」をモチーフにした、BookCafe&Bar「デカメロン」がオープン。店内では、お酒を中心としたメニューの提供やア...
砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。実は、水の中でもちゃんと育つのです。かわい...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...