シンプルだけどインパクト大!スウェーデン発「宙に浮く鉢植え」

思わず二度見しちゃうこと間違いナシな、一風変わったインテリアをご紹介!

スウェーデン発の雑貨ブランド「Flyte」が販売している「LYFE」は、なんと宙に浮く鉢植え

浮かせることによってお気に入りの植物をワンランク上に魅せてくれるだけでなく、磁気浮上の力で360℃自動で回転してくれるので、飾っておくだけで均等に日光を浴びせることが可能。

手間をかけずにきれいに植物を育てることができる。

また、うっかりあげすぎて根腐れの原因になってしまうも、鉢に排水システムが内蔵されているため心配無用。

“浮かぶ植物”なんてそれだけでもかっこいいのに、機能性までイケているのだ。

コンセプトは大胆であるが、デザインは白と木目調のみのミニマムな製品のため、シンプルなお家でも馴染むこと間違いなし。

お値段は$299(=約31000円)で購入はこちらから可能。

家にきた友だちにドヤ顔で紹介しちゃおう。

© Flyte/YouTube
Top image: © Flyte
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ヒューストンにあるアイスクリームショップ「Red Circle Ice Cream」から誕生したのは、ザリガニ味のアイスクリーム!ザリガニが“トッピング”...
サステイナブルなスニーカーブランドとして不動の地位を確立し、最近ではアパレルラインまで登場したことで話題となったSF発のブランド「Allbirds」。そん...
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
「ミズノ」のフラッグシップシリーズに世界的アーティスト・空山基デザインのSF感溢れる新作が登場。
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
洗練された「北欧スタイル」は、なにもインテリアに限った話ではありません。1960年代スウェーデンのフィッシャーマンスタイルを現代風にアレンジした、シンプル...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
間もなく旬を迎えるアスパラガス。フレッシュなままもいいけれど、もっとおいしい食べ方があるんです。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...