【注文殺到】宙に浮かぶ盆栽「Air Bonsai」が大人気のワケ

近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「これは欲しい!」と叫びたくなる盆栽が「Kickstarter」に登場。まさか、宙に浮くなんて…。

この盆栽、
本当に浮いている

まずは、じっくり見てください。
苔玉に植わったハゼの木が、くるくると回転しながら表情を変えていきます。しかも、台座からほんの数センチではあるものの、しっかりと宙に浮いているではありませんか!ネーミングもそのまま「Air Bonsai」。

ひとつの鉢に“自然”を閉じ込める空間芸術。枝ぶりひとつで表情をつくり出し、世界観を演出するあの盆栽が、いよいよ宙に浮く時代がやって来た!?

秘密は「磁気」による反発力

仕掛けはいたって簡単。この台座と「苔玉」や「軽石」の中にはそれぞれマグネットが仕込まれていて、互いに反発する力が宙に浮く秘密。台座の上でそっと手を離せば…ご覧のとおり、ゆらゆらふんわり盆栽がゆっくり回転を始めます。

生ける木々の量や重さによって回転スピードが微妙に変わる、世界に一つだけの浮遊盆栽。こんな奇想天外で斬新なアイデアを思いついたのは…なんとこれ「Made In Japan」の製品でした。

台座は伊万里焼製。
九州の文化が凝縮

Air Bonsaiの開発メーカー「Hoshinchu Air Bonsai Garden」は、九州に拠点を置く企業です。この商品、たしかにアイデア勝ちではあるものの、そのコンセプトはまさに九州の伝統文化を凝縮したもの。

たとえば、マグネットを入れた台座は、佐賀県の伊万里焼窯で1点ずつ焼き上げたもの。軽石は、鹿児島県の桜島から産出したものをくり抜いて鉢にするこだわりよう。

自分で「生けて愛でる」楽しみ

Air Bonsaiもうひとつの楽しみ。それが、自分で「草木を生けて愛でる」ことができる、DIYキットであるということ。専門の知識がなくても、花瓶に花を生けるイメージで手軽に四季折々の植物を生けることができる。この盆栽カルチャーを誰でも気軽に体験できるのが、Air Bonsaiの良さなのかもしれませんね。

苔玉が付いた「ベーシックセット」は200ドル(約24,000円)。伊万里焼の「ハンドメイドセット」は500ドル(約60,000円)から。既に目標額を500%も超える出資が集まったAir Bonsai。手作りの浮遊感を楽しめる日も、そう遠くないはず!

Licensed material used with permission by Hoshinchu Air Bonsai Garden
他の記事を見る
自然の風景の断片を切り抜き、鉢の中に閉じ込める盆栽。ハサミを手に、難しそうな顔つきで剪定する“年配者の趣味”くらいにしか思っていないかもしれませんが、近年...
作品は、日本人アーティストの相羽高徳氏によるもの。海外では「Bonsai Tree House」とも呼ばれて話題になりました。盆栽模型とジオラマが組み合わ...
街中の花壇や路地でスケボーの練習をしている若者を目にすることがあるのですが、先日、盆栽がスケボーに乗っているのを見かけました。しかもよく見ると、盆栽が入っ...
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
マスタードイエローの看板が目印渋谷をもっと楽しめるホテルMUSTARD HOTEL〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 SHIBUYA BRID...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。その「AIR」の製造プロセス...
盆栽や苔玉など、ひと昔前では「古臭い」「敷居が高い」とされていた緑にポジティブな視線が注がれている昨今。すでに完成したものを購入するのではなく、自分たちで...
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
日本ではオリーブ=小豆島といったイメージがが強いですが、今九州産オリーブもジワジワと話題になっています。ジワジワといっても、その人気は相当なもの。なんせ発...
「Re:planter」の屋号で活動する京都在住の植栽家・村瀬貴昭氏。鉢ではなく、電球に植えられた盆栽。彼が使われなくなったテレビやPC基盤、電球に植物を...
もう3年も前に公開された動画だから、あまり新鮮味はないかもしれない。だけど、夏の終わりが訪れると、なぜだか思い出したようにまた見たくなる大好きな動画です。...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
アーティストの小野川 直樹さんの作品である盆栽と小さな折り鶴を一体化させた『鶴の樹』シリーズ。静かなのに、生命力を感じるこの作品。3.11を体験した小野川...
ホットチョコレートを飲めるカフェ『VERVE COFFEE ROASTERS』を訪ねてみた。見た目の可愛さに反したスパイシーな香りが、少し背伸びした気分に...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
アンチエイジングや生活習慣病予防など、健康効果も注目され日本に定着したオリーブオイル。ですが、生産量となるとどうでしょう?日本のオリーブオイル消費量は年間...
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...