初公開された、NIKE「AIR」ができるまで。

エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。

その「AIR」の製造プロセスが初公開されたとあっては、スニーカーファンならずとも気になるところではないでしょうか。

1977年、フランク・ルーディという発明家が、エアバッグをシューズに入れるという奇抜なアイデアをNIKE創設者のひとり、フィル・ナイトに紹介してから早30年。

その革新的なテクノロジーとインパクトで、 NIKEがイノベーションカンパニーとしての確固たる地位を確立させるきっかけともなりました。

「オレゴンからの新鮮なエア」

米オレゴン州ビーバートンにある、NIKE本社。そこから歩いていけるほどの距離に、変革を起こし続けてきた工場はありました。

施設の名前は、イノベーションの証明とも言える「NIKE AIR MANUFACTURING INNOVATION BUILDING」。これまでのAIRの製造と技術革新を見守ってきた場所です。

衝撃を吸収してくれる「あのエア」はこうやって作られていたんですね。

AIRのゴミとなったものの90%がリサイクル、再利用されているようです。

ミズーリ州セントチャールズにあるもう1つの工場と合わせて、これまで35億個のエアユニットを生産。そしも1,300人の熟練工が24時間体制で働いてきた賜物。

精密な機能を発揮するエアテクノロジー、そのイノベーションは一人ひとりの地道な苦労によって生み出されてきたんですね。

テイルウインドから最新のヴェイパーマックスまで、大きく可能性を広げてきたAIR。「オレゴンからの新鮮なエア」はこれからもイノベーションを繰り返していくのでしょう。

Licensed material used with permission by NIKE
「NIKE」が提供するシューズカスタマイズサービス「NIKE BY YOU」のラインナップに、速さにこだわったデザインと素材を使用する「ナイキズームシリー...
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
8月12日、NIKEがアメリカ国内で「Nike Adventure Club」という2歳から10歳向けのキッズ用シューズを家に届けてくれるサブスクリプショ...
タイヤが真っ白……。汚れないのかな?とすぐに気にしてしまう、それは野暮ってもんです。
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
9月29日に「NIKE.COM」と「NIKE 原宿」にて先行発売です。
8月12日、「NIKE」は契約中の女性アスリートが妊娠した場合に、18ヵ月間は成績ベースの支払いの減額をしないと発表した。事実上、産前・産後の休業を認めた...
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
世界中でプラスサイズモデルが活躍し、多くのアパレルブランドがどんな人にも似合う洋服をつくっているなかで、NIKEがやってくれました。
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
米オレゴン州のビーバートンで、緊迫した空気が一変して笑いに包まれる夜がありました。一本の通報電話に、地元の保安官が現場へ駆けつけるも待ち構えていたのは……。
Nikeがアフリカ系の人々に敬意を表する「Black History Month」に合わせて、2019年のコレクションを発表しました。
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
7月からアメリカ国内で利用可能になるNIKEアプリの新機能。スマートフォンのカメラで自分の足をスキャンすると、幅や高さなど両足のデータが収集されます。保存...
簡単に言えば、コリン・キャパニックの起用は成功でした。
ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト、トム・サックスとスポーツブランドのナイキがコラボしたレインポンチョ。ウエストバッグに収納されたポンチョは、コ...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。