毎月「NIKE」のキッズ用シューズが届くサブスクサービス

8月12日、NIKEがアメリカ国内で「Nike Adventure Club」というサブスクリプションサービスを開始した。2歳から10歳向けのキッズ用シューズを家に届けてくれる内容で、育ち盛りの子どもを持つ親たちの買い物の負担を減らすのが目的だ。

プランは、月額20ドル(約2100円)で年に4足、月額30ドル(約3200円)で年に6足、月額50ドル(約5300円)で年に12足を受け取れる3種類が用意されている。シューズは、NIKEとCONVERSEの100種類以上から選べるとのこと。

また、シューズが入ったボックスには、親と子どもが一緒に遊べるアウトドアゲームなどが同梱されている。これは今までの買い物に充てていた時間をより有意義に使って欲しいという気遣いだろう。

ちなみに、NIKEはこのサービスの一環として、子どもが成長して足に合わなくなってしまったシューズを回収し、特定の団体に寄付したりリサイクルするといった旨も発表している。

Top image: © NIKE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「NIKE」が提供するシューズカスタマイズサービス「NIKE BY YOU」のラインナップに、速さにこだわったデザインと素材を使用する「ナイキズームシリー...
9月29日に「NIKE.COM」と「NIKE 原宿」にて先行発売です。
アメリカ国外で初となる地域密着型のナイキコンセプトストア「NIKE BY SHIBUYA SCRAMBLE 」がオープン。
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
8月12日、「NIKE」は契約中の女性アスリートが妊娠した場合に、18ヵ月間は成績ベースの支払いの減額をしないと発表した。事実上、産前・産後の休業を認めた...
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
世界中でプラスサイズモデルが活躍し、多くのアパレルブランドがどんな人にも似合う洋服をつくっているなかで、NIKEがやってくれました。
エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。その「AIR」の製造プロセス...
9月13日、「NIKE」は音声操作でシューレースのフィット具合を調節できる新作シューズ「アダプト ハラチ」の販売を開始。
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
「OKOLIFE」は、その名の通り「お香」が定期的に届くサブスクリプションサービスだ。
Nikeがアフリカ系の人々に敬意を表する「Black History Month」に合わせて、2019年のコレクションを発表しました。
タイヤが真っ白……。汚れないのかな?とすぐに気にしてしまう、それは野暮ってもんです。
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
7月からアメリカ国内で利用可能になるNIKEアプリの新機能。スマートフォンのカメラで自分の足をスキャンすると、幅や高さなど両足のデータが収集されます。保存...
ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト、トム・サックスとスポーツブランドのナイキがコラボしたレインポンチョ。ウエストバッグに収納されたポンチョは、コ...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。さっそくネタバラシ。これは、Nike...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...