欲しい!「NIKE」が手がけた「スケートボード用ユニフォーム」

2月5日、「NIKE」が東京オリンピック・パラリンピックでアメリカ代表選手たちが着用するユニフォームを発表した。

ほかの競技にも注目したいところだが、やはり一番の目玉は今大会から正式競技となるスケートボードのユニフォーム。

デザインを担当したのはオランダ人アーティストPiet Parraさん。アメリカの伝統スポーツであるバスケットボールのジャージーに着想を得ながら、同国がもっとも大切にする“自由の精神”を表現したという。また、国鳥となっている白頭鷲のグラフィックもあしらわれているそうだ。

ちなみに、NIKEは同じタイミングでスケートボードのフランス代表ブラジル代表のユニフォームも発表。

日本での展開や販売に関しては、まだ詳細が明らかになっていないので続報に注目だ。

©NIKE
©NIKE
©NIKE
Top image: © NIKE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
2020年1月17日までクラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行予約販売をおこなっている「Elos」。2016年にカリフォルニアで生まれたコ...
11月23日(土・祝)、日本最大級のキッズ・スケートボードコンテスト「FLAKE CUP」が開催。
本日、11月9日からアディダスとパレス スケートボードがコラボレーションしたコレクションが販売開始。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
8月12日、NIKEがアメリカ国内で「Nike Adventure Club」という2歳から10歳向けのキッズ用シューズを家に届けてくれるサブスクリプショ...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
イギリス・ノッティンガムに昨年10月に現れたバンクシーの作品「フラフープの少女」が、アートギャラリーのオーナーによって購入され、壁ごと切り取られた。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。