嘘でしょ。四角いウィールが、丸いウィールよりも転がるなんて!

スケートボードに四角いウィール?

何だそれ。ウィールは、丸いものでしょう。四角かったら、ガタガタして乗りにくいだろ。プッシュしたって、すぐに止まっちゃうよ。つーか、動きもしないんじゃない??

そんな先入観は、すべて吹っ飛ばされてしまった。まずは、下の映像を見て欲しい。きっと、あなたの常識も根底から覆されるはずだから。

 究極のライディングを求めたら
「サメの顎」の形状にたどり着いた

四角いウィールは、「Shark Wheel」。見ての通り、サメの顎と同じ形状をしていることから名づけられたそうだ。

プロダクトデザイナーのDavid Patrickによれば、完璧なウィールとは丸い形状ではなく、丸と四角と正弦曲線(周期性を持った波形)をミックスさせた形状なのだとか。

このユニークな形状が、従来の丸いウィールに比べて、スピード、スライドのしやすさ、コントロール性能をアップさせているらしい。荒れた路面や濡れた路面でも、スムーズなライディングが続けられるのは大きなアドバンテージだ。

ロングボードで気持ちのいいライディングを求めるなら、試してみる価値は多いにあるだろう。

映像から伝わってくる
クルージングの爽快感

続けて、Shark WheelのInstagramから厳選したクルージング映像を!

画面をクリックすれば、カリフォルニアへひとっ飛び。それにしても、皆、気持ちよさそー。

ヤバい、欲しくなってきちゃった。

ウィールを履き替えたくなるなんて、めったにないこと。でも、それぐらいクルージング映像にヤラれてしまった。で、早速、ネットを使って探してみれば…おお!Shark Wheelは、すでに日本でも手に入るじゃないか。うーん、これはマストバイだわ。久しぶりにスケボー熱に火がついた。

Licensed material used with permission by Shark Whee
2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
あらゆるデッキに装着可能な電動スケートボードユニット。ハイスペックモデルの最高時速は時速42km/h!
105cmのロングボードが、折り畳めてバッグに入るサイズに変身しちゃう可変式のスケボーをご紹介!持ち運びがずっと気軽にできるようになるかも。組み立ても特別...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。