波がなくても楽しめる「電動サーフボード」【コレは欲しい】

サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今までは。
…でもこれからは大丈夫、波に左右されることなく、サーフィンを楽しめちゃうツールが登場しました。もっと言うと、このボードさえあれば、もはや海に行くことも必要ないかも!?

スクリーンショット 2015-08-31 12.00.55

スクリーンショット 2015-08-31 11.59.21

ハイスピードで水上を滑走するコイツの名前は「Onean」。ボード自体にバッテリー、モーター、スクリューを搭載した、たとえるなら、自走式電動サーフボードといったところ。「ボードそのものに推進力を与えるという大胆発想」。だから、波がなくたって自在に水の上を進むことができるという訳。

水上スキーやジェットスキーをはじめ、従来のウォータースポーツと比較しても、圧倒的なお手軽感が「Onean」の特徴。手元のコントローラーで、速度や舵を自在に変更。軽くて速くて、スリリング。エクストリームに欠かせない要素をバッチリ満たしています。環境に優しい設計もウリだそう。

スクリーンショット 2015-08-31 12.00.08

スクリーンショット 2015-08-31 11.59.52

スクリーンショット 2015-08-31 12.40.12

目的に合わせて選べるボードは2種類。スピード感を意識した「Carver(写真左)」は、フラットな水面をスピーディーに駆け抜けたり、テクニカルにメイクを決めたい上級者向け。公式ページでは、MAXスピードをあえて“テスト中”と伏せているようですが、動画を観る限りでは、かなりの疾走感が…。ちなみに、同メーカーが販売したプロトタイプの電動ボードは、時速70kmだったことを考えると、このCarverもかなりのエクストリーム感が期待できそう。
反対に、十分な浮力と安定感が特徴の「Manta(写真右)」。こちらは最高時速7kmと、低速で長い距離をゆったりクルージングすることを目的として設計されています。大自然を肌で感じながらのんびりしたい人向け。

スクリーンショット 2015-08-31 11.19.50

ところで、この「Onean」は、スペインのエンジニアリング会社から、ウォータースポーツのための電気推進システム開発を託されて、スピンオフしたチームによって製造されたもの。だから、電動バッテリーも推進ユニットも、電子機器と同じプロセスで緻密に設計されるこだわりよう。

じつはスペイン・バスク地方は、ヨーロッパ屈指のサーフポイントとしても知られ、サーフトリップ先としても有名。
もちろん、ビッグウェーブを楽しむのがサーフィンの身上。だけど、海まで遠い地域で暮らすヨーロッパの人々にとっては、これも、サーフィンの楽しみ方のひとつなのかも。発想力に脱帽ですね。2015年末には販売を予定、価格はちょっとお高めの3,450ユーロ(約47万円)!

Licensed material used with permission by Onean