波がなくても楽しめる「電動サーフボード」【コレは欲しい】

サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今までは。
…でもこれからは大丈夫、波に左右されることなく、サーフィンを楽しめちゃうツールが登場しました。もっと言うと、このボードさえあれば、もはや海に行くことも必要ないかも!?

スクリーンショット 2015-08-31 12.00.55

スクリーンショット 2015-08-31 11.59.21

ハイスピードで水上を滑走するコイツの名前は「Onean」。ボード自体にバッテリー、モーター、スクリューを搭載した、たとえるなら、自走式電動サーフボードといったところ。「ボードそのものに推進力を与えるという大胆発想」。だから、波がなくたって自在に水の上を進むことができるという訳。

水上スキーやジェットスキーをはじめ、従来のウォータースポーツと比較しても、圧倒的なお手軽感が「Onean」の特徴。手元のコントローラーで、速度や舵を自在に変更。軽くて速くて、スリリング。エクストリームに欠かせない要素をバッチリ満たしています。環境に優しい設計もウリだそう。

スクリーンショット 2015-08-31 12.00.08

スクリーンショット 2015-08-31 11.59.52

スクリーンショット 2015-08-31 12.40.12

目的に合わせて選べるボードは2種類。スピード感を意識した「Carver(写真左)」は、フラットな水面をスピーディーに駆け抜けたり、テクニカルにメイクを決めたい上級者向け。公式ページでは、MAXスピードをあえて“テスト中”と伏せているようですが、動画を観る限りでは、かなりの疾走感が…。ちなみに、同メーカーが販売したプロトタイプの電動ボードは、時速70kmだったことを考えると、このCarverもかなりのエクストリーム感が期待できそう。
反対に、十分な浮力と安定感が特徴の「Manta(写真右)」。こちらは最高時速7kmと、低速で長い距離をゆったりクルージングすることを目的として設計されています。大自然を肌で感じながらのんびりしたい人向け。

スクリーンショット 2015-08-31 11.19.50

ところで、この「Onean」は、スペインのエンジニアリング会社から、ウォータースポーツのための電気推進システム開発を託されて、スピンオフしたチームによって製造されたもの。だから、電動バッテリーも推進ユニットも、電子機器と同じプロセスで緻密に設計されるこだわりよう。

じつはスペイン・バスク地方は、ヨーロッパ屈指のサーフポイントとしても知られ、サーフトリップ先としても有名。
もちろん、ビッグウェーブを楽しむのがサーフィンの身上。だけど、海まで遠い地域で暮らすヨーロッパの人々にとっては、これも、サーフィンの楽しみ方のひとつなのかも。発想力に脱帽ですね。2015年末には販売を予定、価格はちょっとお高めの3,450ユーロ(約47万円)!

Licensed material used with permission by Onean

「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...
iHerb(アイハーブ)で買える「簡単に角質オフできるリップスクラブ」を3つご紹介。E.L.Fのブラウンシュガー、Skinfoodのアボガド&シュガーリッ...
波に乗るタイミングはサーフィンの時と異なるし、浮力もないのでコツがいるボディサーフィン。それでもみんなに楽しんでもらいたいという願いで、開発された専用ミニ...
見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。右、左、右、...
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
「Surftrip Map」には、世界1000ヵ所以上のサーフスポットが記されていて、波の質や水温、ピーク時期、サメの有無など各スポットの特長が一目でわか...
アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の...
パドリングしながら、波を待つ男女ーー。実はこの2人、“超人的な身体能力”の持ち主なんです。サーフボード上で、次々に繰り出される「スゴ技」に、ただただ見とれ...
電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「LUUP」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。7月1日から、静岡県浜松市の農業公園「はまま...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
新作から定番まで、5つの日常的なシーンに対して、日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に紹介してもらった「おすすめボードゲーム15選」のまとめ。
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
カリフォルニア発スムージー・ジュース専門店「Jamba(ジャンバ)」が、渋谷に8月4日開業の複合施設「MIYASHITA PARK」にオープン。「塩こうじ...
カニエ・ウェストに続いて、まさかのこの人も?!先日、パリス・ヒルトンが自身のInstagramにアップした話題の写真。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、友だちとお酒を飲みながら楽しめる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、誰とでも仲良くなれる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
あらゆるデッキに装着可能な電動スケートボードユニット。ハイスペックモデルの最高時速は時速42km/h!