NYで人気急上昇!ゆらゆら「サーフボード」の上で新感覚フィットネス

サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカでなく、大都市ニューヨークで話題!というのもポイントかも。

気分は、まさに波の上
けど、場所は大都会の真んなか

ニューヨーク・イーストヴィレッジにオープンした話題の「Surfset New York City」。上の写真から、何しているかがだいたい想像付くでしょう。これが、サーフボードを使って行う新しいフィットネスです。

サーフィンが楽しめる海までのアクセスが悪いニューヨーク。さらに、真冬に押し寄せるのはビッグ・ウェーブならぬ「寒波」。そんな環境でも、波乗り気分が楽しめてサーフィンに必要なコアバランス(体幹)が、バッチリ鍛えられるこのフィットネス。

ゆらゆらボードで
波の上と同じバランス感覚

インストラクターのDiana Garrettさんがポーズを決めているサーフボード型の代物。アメリカのプロアイスホッケー選手が考案し、数年前から注目を集めている「SURFSET(サーフセット)」と呼ばれるマシーンを、改良してオリジナル仕様にしたこのボードです。
ざっくり構造を説明すれば、3つのバランスボール(と同じ役割の球体)が下からボードを支えている感じ。だから、ボードの上はゆらゆらアンバランス。これが実際に波を乗るときと同じような状態を体感できるんだとか。

SURFSETを用いて、コアバランスを鍛えながらエクササイズをしようというのがこのフィットネスの目的です。海へ出かけられなくても気分だけは味わいたい人にも、もちろん、サーフィン未経験者でも楽しめる、そんな手軽さがニューヨーカーにウケている理由なのかもしれません。

サーフィン&ヨガの要素を
取り入れたエクササイズ

インストラクターの背景には、海で波に乗る映像が大画面を通して映し出され、サーフミュージックががんがん流れるというから、気分はビッグウェーブを待つサーファーそのもの!かも。
パドリングをしたりレールを掴んだりと、サーフィンの要素を取り入れた動きをアンバランスなSURFSETの上で行います。

かっこよくターンを決めているイメージで、みんなでグラブレール。

さらには、ヨガやピラティスの要素も取り入れているというから、SUPヨガの延長線にあるフィットネスという認識で、だいたい間違いなさそうです。ただし、こちらは海や川ではなく大都会のど真んなか。ときにはスタジオを出て、ビルの屋上や公園で開催されることもあるんだとか。この“陸サー”感、たまらない!

波の上でもバッチリ!?

一回のレッスンは45分間。アンバランスなボードの上でのエクササイズは、見た目以上にインナーマッスルが鍛えられ汗をかくんだそう。

SURFSETでつかんだ感覚さえあれば、海の上でもバッチリ!…かどうかは定かではありませんが、アンバランスなボードを乗りこなすことで、波の上で必要な体感だけは間違いなく鍛えられるみたい。

ちなみにこのSURFSET、550ドル(約6万2,000円)で購入できるそう。これ、意外に日本でもウケるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by SURFSET New York City, (Facebook), (Instagram)
「Waff」は浮き輪のようなトレーニンググッズ。このエクササイズが効果的かつ楽しそう!
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
アクティブなシーンでサングラスを使うならストラップはどうでしょう? 〈CHUMS〉は、メガネストラップからスタートしてブランド。現在もさまざまな種類を販売...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
暗闇×ボクササイズ×音楽 NY生まれの最先端フィットネスb-monster〒150-0021 東京都渋谷区 恵比寿西1-6-1 本庄ビル2階https:/...
波に乗るタイミングはサーフィンの時と異なるし、浮力もないのでコツがいるボディサーフィン。それでもみんなに楽しんでもらいたいという願いで、開発された専用ミニ...
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。右、左、右、...
心温まる動画をご紹介。
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...
女性なら誰もが憧れる、ぷりっとしたお尻の作り方をお教えします。米フィットネストレーナーのAlex Hurwitsさんが「Elite Daily」で紹介して...
ここで紹介する筋トレは4種類。左右交互にやって、合間に10秒の休憩時間を入れても約5分で終わります。隙間時間でもできるワークアウトで、ぷりケツを目指せ!
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
「スポーツジムやフィットネスクラブに通う」「近所をランニングする」など、健康維持や肉体改造のため日常的に運動をする人が増えていますよね。じつは今、運動前後...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
LA発の「BEAT DRUM DIET」は、ドラマーになった気分で音楽に合わせてビートを刻むことで、体を引き締められるという新しいエクササイズ。7月7日(...
大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨...