「BTTF2的なサーフボード」お値段は120万円以上!

120万円以上もするサーフボードです。それでも乗ってみたいと思う人は多そう。

Fliteboard」には、電動モーターが搭載されています。リモコンでスピードをコントロールできて、最高時速は40km/h。なかなかのもんです。

ライドしている時に宙に浮いているように見えるのは、推進力が上がるとフワッと浮く仕組みになっているから。『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で描かれたホバーボードに似ていますね。これ、波がなくても乗れちゃいます。

欲を言えば、プライベートでも購入できるくらいになって欲しいところ。

©Fliteboard Pty Ltd.
©Fliteboard Pty Ltd.
Top image: © Fliteboard Pty Ltd.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
波に乗るタイミングはサーフィンの時と異なるし、浮力もないのでコツがいるボディサーフィン。それでもみんなに楽しんでもらいたいという願いで、開発された専用ミニ...
新作から定番まで、5つの日常的なシーンに対して、日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に紹介してもらった「おすすめボードゲーム15選」のまとめ。
スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ(WWS)」と、アパレルブランド「ジャーナル スタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relu...
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、友だちとお酒を飲みながら楽しめる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、一度やったらヤメられない中毒的な「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。右、左、右、...
アパレル業界の廃棄課題に取り組むブランド「Rename(リネーム)」がおこなうアップサイクルプロジェクト「Rename X(リネームクロス)」から、リラッ...
「Surftrip Map」には、世界1000ヵ所以上のサーフスポットが記されていて、波の質や水温、ピーク時期、サメの有無など各スポットの特長が一目でわか...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
パドリングしながら、波を待つ男女ーー。実はこの2人、“超人的な身体能力”の持ち主なんです。サーフボード上で、次々に繰り出される「スゴ技」に、ただただ見とれ...
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、アルコールは要らないと思えるほど熱中できる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、パートナーと一緒にカップルでやる意味のある「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
炭酸水で割って楽しむもよし、ミルクで割ってチャイラテとして楽しむもよし!スペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」から、コーヒーのクラ...
着用型ロボット、パワードスーツ「ATOUN MODEL Y + kote」は、腰と腕を同時にアシストし、重いものをカンタンに持ち運ぶことが可能。腰への負担...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、誰とでも仲良くなれる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「LUUP」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。7月1日から、静岡県浜松市の農業公園「はまま...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
2月5日、「NIKE」が東京オリンピック・パラリンピックでアメリカ代表選手たちが着用するユニフォームを発表した。