友だちやパートナーと一緒に!「おすすめボードゲーム」15選

最近、“居酒屋で飲む”以外の楽しみが増えましたね。サウナでととのう、シーシャでチル、Netflixでビンジウォッチング……ほんとに、いろんな遊び方があります。

友だちとワイワイ盛り上がれて、パートナーともしっぽり楽しめる「ボードゲーム」は、今だからこそ改めて注目すべき“居酒屋で飲む”以外の遊びだと思うんです。

ということで、日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、5つの日常的なシーンに対して、おすすめのボードゲームを3つずつ紹介してもらいました。

01. お酒を飲みながら!
気軽にできるボードゲーム3選

まずは、家で友だちとお酒を飲みながら楽しめるボードゲームをピックアップしていただきました。

ワイワイ盛り上がれるし、会社の先輩や後輩とやっても、笑いは絶えませんっ!

① ガチすぎない心理戦を楽しめる
「ハゲタカのえじき」

「ハゲタカのえじき」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:ランダムに出てくる点数札を奪い合う。1ゲームの時間が短いため、ポンポンとスピーディーに楽しめる。

ハゲタカのえじき

プレイ人数:2〜6人
プレイ時間:約20分
値段:1500円(税込)

② 真面目にバカなことを話す
「キャット&チョコレート」

「キャット&チョコレート」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:なにかしらのトラブルが起きるので、持っている道具カードを使って、解決する。ゲームをやる上で大切になるのはこじつけ力。

キャット&チョコレート

プレイ人数:3〜6人
プレイ時間:約20分
値段:1650円(税込)

③ アイスのスティックでサッカー!?
「フビ 2.0」

「フビ 2.0」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:華麗にシュートを決める。見たままの通り、サッカーをして、子どものように熱中できる。

フビ 2.0

プレイ人数:2人
プレイ時間:約20分
値段:1万1000円(税込)

 

どのゲームにも共通しているのはルールがシンプルということ。お酒を飲みながら頭を使うって、ちょっと難しいですからね……。

それぞれの「遊び方やポイント」をもっと詳しく、そして、実際にボードゲーム専門店に行ったような感覚で知りたい人はコチラをチェックしてみてください。

 

02. 友だちと真剣勝負!
頭を使うボードゲーム3選

お次は、お酒なんて要らないと思えるくらいに熱中できる、頭を使いまくるボードゲームの紹介です。

友だちと盛り上がるために、とりあえず居酒屋に行っているだけなら、これらのボードゲームで遊んでみて!

① アイマスクをして、まるばつゲーム!?
「フォーセンシズ」

「フォーセンシズ」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:アイマスクをして、まるばつゲームみたいなことをやる。日本人の作ったゲームがスイスで外国版として販売されて、それがまた日本に戻ってきたという、ちょっとややこしい歴史もある。

フォーセンシズ

プレイ人数:2〜3人
プレイ時間:約15分
値段:3520円(税込)

② 言葉選びが大切な暗号ゲーム
「デクリプト」

「デクリプト」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:まず、チームメイトには正確に情報を伝えられ、相手チームにはそれを悟られないようにする“ちょうどいい暗号”を考える。そうして、相手チームの暗号を2回当てられれば勝ち、チームメイトに暗号を2回伝えられなければ負け。言葉選びこそがキーポイント。

デクリプト

プレイ人数:3〜8人
プレイ時間:約30分
値段:3080円(税込)

③ 一番高いビルを建てた人が勝ち!
「マンハッタン」

「マンハッタン」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:街にビルをどんどん建てていって、得点を稼ぐ。打倒トランプくらいの勢いでビリオネアを目指すのが楽しい。

マンハッタン

プレイ人数:2〜5人
プレイ時間:約45分
値段:4620円(税込)

 

これらのゲームは、ルールが複雑でありながらも、やったら夢中になってしまう要素があります。とはいえ、ゲーム時間は長すぎないので、誰でもチャレンジができるようになっています。

それぞれの「遊び方やポイント」をもっと詳しく、そして、実際にボードゲーム専門店に行ったような感覚で知りたい人はコチラをチェックしてみてください。

 

03. パートナーと一緒に!
絆が強くなるボードゲーム3選

さて、ここではカップルで一緒にやってほしいボードゲームの紹介です。

じつはボードゲームがパートナーとの絆を強めるために役立つこともあるんですよ。知ってました?

① 自分だけのランキングをつくる
「かたろーぐ」

「かたろーぐ」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:ひとりが特定のランキングをつくって、相手がその順位を当てていく。意外と好き嫌いを知らなかった……、知っている気でいた……なんて発見もありますよ。

かたろーぐ

プレイ人数:2〜8人
プレイ時間:約10分
値段:2860円(税込)

② 信じる心が大切なカード並べ
「花火」

「花火」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:パートナーと協力して、カード並べでパーフェクトを目指す。一緒にやって試されるのは、お互いを信じる心。

花火

プレイ人数:2〜5人
プレイ時間:約25分
値段:1760円(税込)

③ TVゲーム好きなら、きっとハマる!
「ゾンビキッズ:進化の封印」

「ゾンビキッズ:進化の封印」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:変わっていくゲーム内容に合わせて、ふたりでフレキシブルに協力して、ゾンビを撃退する。成功するのか?失敗するのか? ハラハラドキドキしながら、ふたりで楽しめる。

ゾンビキッズ:進化の封印

プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:約15分
値段:3080円(税込)

 

ふたりで協力して楽しめるというのが、ここで紹介したゲームのポイント。値段は高くないから、一緒に新しいことにチャレンジしてみて!

それぞれの「遊び方やポイント」をもっと詳しく、そして、実際にボードゲーム専門店に行ったような感覚で知りたい人はコチラをチェックしてみてください。

 

04. 初対面でも大丈夫!
仲が深くなるボードゲーム3選

ここでは初対面の人とやったとしても、すぐに仲良くなれちゃうボードゲームを紹介します。

サウナに行ったり、シーシャを吸ったり、クラブで踊ったり……こんなアクティビティの代わりに、どうぞ!

① カード式の簡単な大喜利ゲーム
「私の世界の見方」

「私の世界の見方」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:選ばれたお題に対して、オモシロいと思う言葉が書かれているカードを出す。やることは大喜利だけど、いろんな言葉が書かれたカードを出すだけだから、ハードルが低くなっている。

私の世界の見方

プレイ人数:2〜9人
プレイ時間:約30分
値段:3850円(税込)

② 2019年ドイツゲーム大賞を受賞
「ジャスト・ワン」

「ジャスト・ワン」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:回答者に言葉を当ててもらうために、みんなでヒントを考える。でも、そのヒントが被ってしまうとアウト。優しすぎると誰も助けられない!

ジャスト・ワン

プレイ人数:3〜7人
プレイ時間:約20分
値段:3080円(税込)

③ 大人数でチキンレース!?
「インカの黄金」

「インカの黄金」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:チキンレースのようにリスクを考えながら、なるべく多くの得点を稼ぐ。インディ・ジョーンズのようなパッケージだけど、中身は関係ない。ゲームをやっていくと、いろんな人の性格が分かるようになってくる。

インカの黄金

プレイ人数:3〜8人
プレイ時間:約30分
値段:3520円(税込)

 

これらの作品は、ボードゲームによくある“勝つための意地悪”をする必要がないから、みんなで平和に楽しめます。ルールも簡単なので、ぜひ。

それぞれの「遊び方やポイント」をもっと詳しく、そして、実際にボードゲーム専門店に行ったような感覚で知りたい人はコチラをチェックしてみてください。

 

05. 一度やったらヤメられない!
中毒的なボードゲーム3選

最後は、とっても簡単なルールで楽しめるボードゲームをピックアップしてもらいました。

負けて悔しい。惜しかったなぁ。あと、ちょっとだけ! こんな気持ちになる内容ばかりです。

① いじわるな人が有利!
「ペンギンパーティ」

「ペンギンパーティ」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:みんなでカードをピラミッド状に置いていき、誰よりも早く手札をなくす。少し意地悪になってやってみて! きっと勝てるから。

ペンギンパーティ

プレイ人数:2〜6人
プレイ時間:約15分
値段:1540円(税込)

② 海外でハマる人続出!初心者用ゲーム
「ディクシット」

「ディクシット」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:場に並べられたカードから特定のカードを見つけ出す。海外では初心者向けボードゲームとしても有名。

ディクシット

プレイ人数:3〜6人
プレイ時間:約30分
値段:4950円(税込)

③ UNOとジェンガが融合!
「キャプテン・リノ」

「キャプテン・リノ」のパッケージ
©2020 NEW STANDARD

遊び方とポイント:真っ先に手札をなくした人が勝ち。積み上げられたカードが崩れた場合は、その人は負けとなり、手札の枚数が一番少ない人が勝ち。「UNO」と「ジェンガ」を融合させたようなゲームになっている。

キャプテン・リノ

プレイ人数:2〜5人
プレイ時間:約10分
値段:1760円(税込)

 

ここで紹介したゲームは、一度はやってみてほしい! そうしたら、ハマっちゃうから(笑)。誰とでも簡単に遊べることを考えたら、コスパもかなりいいんですよね。

それぞれの「遊び方やポイント」をもっと詳しく、そして、実際にボードゲーム専門店に行ったような感覚で知りたい人はコチラをチェックしてみてください。

 

すごろくや

海外製を中心とした近代のボードゲーム・カードゲームを見て・さわって・買える日本最大級の専門店。店舗販売のみならず、自社ボードゲームの開発や、イベントの企画運営など、生活を豊かにするボードゲームの魅力を発信する、様々な活動を行なっている。

Top image: © iStock.com/daz2d, 2020 NEW STANDARD
#StayAtHome
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、パートナーと一緒にカップルでやる意味のある「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、友だちとお酒を飲みながら楽しめる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、アルコールは要らないと思えるほど熱中できる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、誰とでも仲良くなれる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、一度やったらヤメられない中毒的な「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
ボードゲームに関するユニークなレポートがノルウェー「ベルゲン大学」から発表。ノルウェー西部に位置する墓地から、西暦300年ごろに遊ばれていたと推測されるボ...
家庭用プリンターで印刷し、工作して遊べるボードゲームなどを無料で配布する「すごろくどっとこむ」が8月末まで期間限定でオープン。
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックにも採用されるスケートボード。謎に包まれたスケートボードの発祥をSFアドベンチャー映画「バック・トゥ・ザ・フュ...
8〜11歳の娘をもつ22人の父親が、娘と一緒に參加した「Dear Daughters」というプロジェクトがある。フェミニズムを主題にした会話をしていくとい...
ノースウェスタン大学の研究で、バッテリーを取り除いたゲームボーイを実現してしまった。シャーシ前面の太陽光パネルとボタン操作による電力でゲーム機が駆動。ゲー...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
あるゲームクリエイターが作ったのは「踏み込んだ」オトナのゲーム。矢印キーのみで操作できて、夜の過ごし方を学べるようにと作られたそうです。スマホからは楽しめ...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
オーストラリアのABC NewsがAmazon倉庫で働いている人たちの労働環境を知ってもらう目的で、ゲームを制作しました。