ドイツに住んでみて驚いた。日本人との「時間の過ごし方」の違い

ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。

親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながらボードゲーム(麻雀の感覚に近いのだろうか)。子どもともボードゲーム。

ドイツ人は「三人寄ればボードゲーム」だ。

各自いろいろなゲームを持っているので、新しいボードゲームにもよく出合う。20分ほどで終わるシンプルなものや、数回かけて遊ぶシリーズもの。簡単なカードゲームや2,000以上のトークンを使う超大作。対戦タイプもあれば、協力プレイタイプもある。

とにかくびっくりするほど多様性に富んでいて、目うつりしてしまう。

ボードゲーム大国、ドイツ

5208057512460288

街中でボードゲームに出合うことも多い。ボードゲーム専門店やおもちゃ屋さん、デパートはもちろん、ときには本屋さんやバーにも並んでいる。

たまたま自分の周りにボードゲーム好きが多いのか? と思ったがそうでもないらしい。

ドイツ人1,024人を対象に行われたある調査では、62パーセントが「よく」または「たまに」ボードゲームで遊ぶと回答している

ボードゲームは親子のコミュニケーション手段としても人気で、親がボードゲームにかけるお金は年平均64ユーロ(約8,700円)というデータもあるくらいだ。

64ユーロというと、年に1、2個新しいボードゲームを買っている計算。子どもは親が毎年買い足していくボードゲームに囲まれながら成長していくのだろう(そういえばある友だちは、帰省する度に実家から古いボードゲームを持ち帰ってくる)。

ドイツがボードゲーム大国なのは、市場としてだけではない。この国はゲームをつくるのも得意らしい。ドイツ発のボードゲームは世界中で人気で、日本のボードゲーマーからの注目度も高い。

ボードゲームの総合情報サイト『ボドゲーマ』の総合ランキングをみてみると、上位5タイトルのうち3タイトルがドイツ発のゲームだ(2018年5月2日時点「おすすめボードゲーム」より)。

また毎年夏には「ドイツ年間ゲーム大賞/Spiel des Jahres」が発表され、秋には世界最大のボードゲーム見本市「Spiel Essen」が開催される。

6471934216765440

ドイツ発のボードゲーム流行のきっかけになった『カタンの開拓者たち』も、1995年にSpiel des Jahresで大賞を受賞している。

そもそも、なぜドイツ?

5616706370142208

それにしても、なぜドイツはボードゲーム大国になったのだろう。興味がわいて、『EUROGAMES: The Design, Culture and Play of Modern European Board Games』(スチュワート・ウッズ著)を開いてみた。

ウッズが最大の理由のひとつと書いているのが、メディアでのプレゼンスの高さだ。

昔からドイツでは、ボードゲームがラジオで批評され、ボードゲームの製作者たちが最新作とともにテレビに出演し、新聞ではコラムが掲載され、専門誌も多く発行されていたという。いまは休刊してしまったものも含め、たしかにボードゲームメディアにはドイツ語のものが多い

「ドイツ年間ゲーム大賞」はそんなメディアのボードゲームへの態度が生んだ賞だ。賞の設立はいまからちょうど40年前の1978年。 ボードゲーム専門ジャーナリストが「文化財としてのボードゲームを広め、家族や友だちとボードゲームで遊ぶことを奨励し、ボードゲームの選択肢が数多くあるなかでの指針を与える」目的でつくられたという。審査は絶対中立。直接ボードゲーム産業にかかわっている人間は審査員になれない、という決まりがある。

入賞しても賞金は出ないが、受賞者はライセンスを払うことでパッケージに「ドイツ年間ゲーム大賞受賞」というエンブレムを使用できるようになる。このエンブレムはゲームの著者にとって勲章のようなもの。

こうしたメディアからの注目や賞によってボードゲームは身近なものになり、カルチャーの一部、そして音楽や本、映画同様に専門家からの批評の対象にもなった。

ちなみに、同書ではドイツがボードゲームの一大生産国になった理由として、14世紀から続くおもちゃづくりの文化がボードゲームに受け継がれていること(世界最大の玩具見本市が開かれるのも、ドイツのニュルンベルクだ)や第二次世界大戦の影響などが紹介されているが、今回は省略する。

「Spieleabend」という時間の使い方

個人的には、「ボードゲームのための時間をとる」ことが自然になされていることに驚いた。

仕事から帰ってきた親が子どもとボードゲームをしたり、大学生がカレンダーに「Spieleabend」(ゲームナイト。数人で集まってボードゲームをすること)と書き込んでいるところを目にすると、日本との時間の使い方の違いを感じる。それだけボードゲームが、余暇の過ごし方のひとつとして定着しているということなのだろう。

5940027850752000

日本でも注目を浴びはじめたボードゲーム

とはいえ、日本でもアナログゲームはじわじわと注目を集めているらしい。

ボードゲームカフェは日本全国に約300店舗あり、その数はどんどん増えている。ボードゲームを置いている図書館もちらほらでてきているらしい。

最近では、従業員同士の交流促進や企業文化の醸成のために、社内に260個超のタイトルを揃えた従業員向けのボードゲームカフェを設立した企業もあるという。

いままでコンソールやPCなどデジタルゲームばかりやってきたが、ボードゲームも遊び始めると結構ハマるものだ。初対面の人と仲良くなるには格好の小道具だし、ちょっと落ち込んでいるときに友だちと遊んだりすると、その時間はゲームで頭がいっぱいになって気分転換にもなる。

何よりも、友だちの普段は見られない一面が見れるのが面白い。いつもはクールな友達が毎ターン一喜一憂している姿をみると、負かしてやろうとつい本気になってしまう。

Reference: SPLENDID RESEARCH, ボドゲーマ, Eurogames: The Design, Culture and Play of Modern European Board Games
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
ドイツから驚きのニュースが飛び込んできた。大学の授業料がすべて無料に!なんとも思い切った政策に思えるが、ドイツでは2000年代まで公立大学に限っていえば授...
ドイツ・シュトゥットガルト郊外の大学に通うLeonie Müllerさん。じつは彼女、訳あってホームレスを続けている。「ある日、大家さんとケンカになっちゃ...
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
ドイツ発〈sänger(サンガー)〉の湯たんぽです。ゴム製なので、金物のそれと違って柔らかく使いやすいです。表面のギザギザは、低音火傷を防ぐための構造で、...
ドイツ各地のウォータースライダーを特集しているwebサイト「Tuberides」で一際話題になっているのは、チューブの中がカラフルなLEDでビッカビカに輝...
ここでは、「Innovative brothers」と呼ばれているドイツのYouTuber兄弟の動画をご紹介。
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」。実はこれ、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊。実はこのパルテノン神殿、以前...
「ドイツ人」と聞いて、どんな人をイメージしますか?まじめ、几帳面、仕事熱心…。もちろん性格は人それぞれですが、こういった単語が思い浮かんだ人が多いのではな...
カスタマイズする醍醐味は、自分の思い通りのスタイルですべてを作れることにある。当然のごとく、1台1台はカタチが違ってくる。世界でたった1台のものを所有する...
時を経て、同じ場所に訪れてみる。自分だけのお気に入りの場所がこの世界にあるということは、人生の大きな楽しみだったりする。カリフォルニア在住のLisa We...
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
日本は、言わずと知れたストレスで溢れる国。Zipjetが公表したストレスの低い都市ランキングでは大阪が66位で東京は72位だった。気になるTOP20は?こ...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...