オーガニック大国ドイツで100年続く「ハーブ&スパイス」日本上陸

ドイツ生まれの調味料「Herbaria」がついに日本上陸。

ドイツ旅行のお土産に缶入りスパイスをもらったことがあれば、まずそれは「Herbaria」だと思って間違いない。

創業100年の老舗ブランドは、もともとはメディカルハーブ製造会社としてスタート。200種以上のハーブ・スパイスアイテムは、スーパーだけでなく、オーガニックショップやドラッグストアにも展開。オーガニックスパイスを世に広めた先駆者的存在だ。

農薬や化学肥料を使わず、遺伝子組み換えや放射線照射によって処理された原料を一切使用しない(いわゆるBio製品)。人にも環境にもやさしいことこそ、同ブランドのフィロソフィーでもある。

単体のスパイスから、シーズニング、さらにはスパイスティーと、用途に合わせた使い方が期待できそう。輸入食材店やオーガニックショップを中心に店頭に「Herbaria」が間もなく並ぶ。詳細はこちらで。自然派志向の人は注目だ。

©AMAND株式会社
©AMAND株式会社
Top image: © AMAND株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
SNSを駆使して日本人の口に合うスパイスカレーを紹介している「Internet of Spice」。
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
今週末8月31日と9月1日の2日間、ドイツのプレミアム家電ブランド「Miele(ミーレ)」が、有機野菜を販売する「ビオ・マルシェ」とともに「オーガニック・...
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
中東の国々では定番のミックススパイス「ザタール」。どんな料理にかけてもおいしくなる万能調味料なんですが……それって「ふりかけ」じゃないか!
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
世界64ヵ国で大ヒットを記録したホラー映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、 終わり。 』のVRアトラクションが、東京・お台場「ダイバー...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
オーガニックアイスクリームブランド全米No.1が代官山に上陸。
世界11ヵ国で販売されているライスパスタ「PERFECT EARTH」が日本上陸。
ペットにもオーガニック!化学農薬、化学肥料、遺伝子組み換え、化学種子消毒なし、ヨーロッパで有機認証を取得した安心安全なタネから作るねこ草を紹介。
コーヒーやお茶を入れてカップを回せば、45秒以上自動で回転して飲み物をじっくりかき混ぜてくれるカップ「WENO°」が誕生。飲み物の色を透かしながらオシャレ...
VRゴーグルを通して仮想空間でのサイクリング体験ができる専用コントローラー「Blync」がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」でローンチ...
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...