オーガニック大国ドイツで100年続く「ハーブ&スパイス」日本上陸

ドイツ生まれの調味料「Herbaria」がついに日本上陸。

ドイツ旅行のお土産に缶入りスパイスをもらったことがあれば、まずそれは「Herbaria」だと思って間違いない。

創業100年の老舗ブランドは、もともとはメディカルハーブ製造会社としてスタート。200種以上のハーブ・スパイスアイテムは、スーパーだけでなく、オーガニックショップやドラッグストアにも展開。オーガニックスパイスを世に広めた先駆者的存在だ。

農薬や化学肥料を使わず、遺伝子組み換えや放射線照射によって処理された原料を一切使用しない(いわゆるBio製品)。人にも環境にもやさしいことこそ、同ブランドのフィロソフィーでもある。

単体のスパイスから、シーズニング、さらにはスパイスティーと、用途に合わせた使い方が期待できそう。輸入食材店やオーガニックショップを中心に店頭に「Herbaria」が間もなく並ぶ。詳細はこちらで。自然派志向の人は注目だ。

©AMAND株式会社
©AMAND株式会社
Top image: © AMAND株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アメリカ生まれの人気調味料「クレイジーソルトシリーズ」に待望のオーガニックが新登場。岩塩をベースにガーリックやタイム、セロリシード、オレガノなど有機ハーブ...
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
SNSを駆使して日本人の口に合うスパイスカレーを紹介している「Internet of Spice」。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
今週末8月31日と9月1日の2日間、ドイツのプレミアム家電ブランド「Miele(ミーレ)」が、有機野菜を販売する「ビオ・マルシェ」とともに「オーガニック・...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...