摘みたてのハーブをそのまま閉じ込めた美味しいハーブティー『ル・ベネフィック』。

ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体だけでなく、こころまでほぐしてくれるので、忙しい毎日を過ごしている方にこそ、味わっていただきたい飲みものです。珈琲や紅茶と比べると、すこし、敷居が高いように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、手軽に、飲みたいときに、さっといただけるハーブティーをご紹介します。

好みのハーブを選んで、
湯に浸すだけ。

ハーブティーの淹れかたはとてもかんたんです。用意したカップに熱湯を注ぎ、好みのハーブ(上の写真は、幸運のお守りとして知られるレッドクローバー。)を浸すだけ。とくべつな道具は必要ありません。お気に入りのカップとお湯さえあればよいでしょう。透きとおったガラス製のカップであれば、色のうつり変わりや、花が散っていく様子もまた味わい深く楽しめます。もちろん、いつもの湯のみでも大丈夫。

自然をまるごと閉じこめた
『LE BÉNÉFIQUE(ル・ベネフィック)』

植物には、身体を健康に導き、自然治癒力を高める効能があります。野生の植物をつかったハーブティーも、古くから病気予防のために親しまれてきました。そんな植物から恩恵をあずかった『LE BÉNÉFIQUE(ル・ベネフィック)』には、トルコ産とフランス産による11種類のハーブが揃っています。そのままの形でパッケージされているので、並べて見てみると、まるで植物標本のようです。

ひとつひとつ、こころを込めて。
大切に摘みとりました。

野生のハーブは、赤ちゃんと触れ合うような優しさで扱われます。私たちの手元に届くまでに自然の状態を保っておけるよう、ていねいな手仕事で、花を傷つけないように1本ずつ摘み取られます。

はじめてのハーブティーに、
カモミールをおすすめします。

可憐な白い花をつけるカモミールは、風邪のひきはじめや冷え性、生理痛など、婦人科系の症状を緩和してくれます。もちろん、働きづめの男性にもおすすめです。二日酔いのむかむかがすっきりしたり、頭のズキズキや胃の痛みをやさしく労わってくれます。これからさらに肌寒くなってきたら、すりおろしたしょうがを加えて、アレンジしてもおいしくいただけます。
どのハーブも、やわらかい香りで、気持ちをリラックスさせてれますので、1日のはじまりや、夜ねむる前などにいただくのがおすすめです。身体に染み渡るように、やさしく働きかけてくれるハーブの力。五感から入るという自然療法は、きっと、優しく癒してくれることでしょう。

Licensed material used with permission by kusakanmuri
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
「LE BÉNÉFIQUE」のハーブティーは、野生の植物を1本ずつていねいに摘み取り、それを “そのままのかたちで” 乾燥させてつくられています。
茶葉1枚1枚をそのまま乾燥させた、押し花のような見た目の「Have a Herbal Harvest」。母の日の贈り物にいかが?
使用されているのは、「西洋ハーブ」やアーユルヴェーダなどで古くから知られる「薬用植物」「和漢植物」。私たちのココロやカラダの状態に合わせて、独自の調合で作...
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
最近、以前より手に入れやすくなったことで、ふつふつと人気を集め始めている魔法のハーブティー「マロウブルー」。この記事では、「マロウブルー」とはなにか、その...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
ディッシュラックに溜まった水を活用して、植物(食用ハーブ)を育てることができる「Fluidity」は一人二役をこなす秀逸なアイテム。「こんなの欲しかった」...
トラベルギアブランド「TO&FRO」と「和トリエ」がコラボレーションした「トラベルティー」です。
米旅行雑誌『Condé Nast Traveler』読者が選んだ「Top 10 Hotels in Japan」が発表され、名だたるラグジュアリーホテルが...
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
取材に行くときも、旅先にも、いつもカバンの中に入れているのは、小瓶に入ったハーブオイルです。ちょっと疲れた時や、パソコン仕事で肩が凝った時、取材前に緊張し...
突然ですが「スマッシングハーブ」を知ってますか? これは火をつけて使用するハーブのこと。浄化の儀式や瞑想時にネイティヴアメリカンがその煙を利用していたこと...
ドイツで100年の歴史を誇るオーガニックハーブ&スパイスブランド「Herbaria」が日本で手軽に買えるようになる。
もう9月ですが、まだまだ「蚊」対策を怠ってはいけません。彼らが活動するのに適した温度は約25℃〜30℃と言われており、10月頃まで私達の血を求めてくるでし...
世界中で大ヒットとなった名作映画『タイタニック』。映画の題材となったタイタニック号は、今も海底で眠っている。そんなタイタニック号を市民科学者として調査&探...
11月12日、「YouTube」が2020年の「YouTube Rewind」の公開を中止すると発表した。これはその1年で話題となった動画を中心に構成され...
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
たっぷりのハーブとスパイスがあとを引くウマさ。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第8回は、OCEAN-TEAB...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...