蚊よけに効く「6種類のハーブ」 を知っていますか?

もう9月ですが、まだまだ「蚊」対策を怠ってはいけません。彼らが活動するのに適した温度は約25℃〜30℃と言われており、10月頃まで私達の血を求めてくるでしょう。

ここで提案したいのは、殺虫剤や虫よけスプレーの代わりにハーブの成分を使った対策方法。ライフスタイルメディア「Simple Organic Life」で取り上げられていた6種類のハーブを紹介します。

01.
蚊だけじゃなく
ハエの侵入も防いでくれる

「バジル」

「6種類のハーブ」 バジル

バジルの香りに含まれている成分「シネオール」は、蚊が嫌う匂いとして知られています。ドアや窓の近くに置いておけば、蚊だけでなくハエの侵入も防いでくれるとか。もちろん、食材としても幅広く使えます。

02.
風邪予防や痛み止めにも
「タイム」

タイムに含まれている「チモール」という成分には、殺菌効果や消毒力、防腐作用もあるため、昔からお肉の保存にも利用されてきました。歩道のグランドカバー(地被植物)としても最適で、葉の香りが蚊を遠ざけてくれます。

ちなみに鎮痛効果などもあるため、エッセンシャルオイルは風邪予防や痛み止めとしても利用されているようです。

03.
蚊よけ効果は市販品の約10倍
キャットニップ
(イヌハッカ)

アメリカ化学会によれば、キャットニップに含まれている「ネペタラクトン」という成分に、市販の防虫剤などに使用されているディートの約10倍もの蚊よけ効果があるそうです。夏の期間中咲いており、蚊の侵入をしっかりと阻止してくれそう。

04.
あらゆる虫除けに◎
中でも蚊はイチコロ
「レモングラス」

「6種類のハーブ」 レモングラス

レモングラスのエッセンシャルオイルは昆虫忌避剤(虫除け用の薬品)として使われており、とくに蚊に対して絶大な効果があるのだとか。さらに、敏感肌の皮膚炎にも効果があると言われています。

05.
葉で肌を撫でるだけでOK
「ミント」

ミントにも種類がありますが、どれも蚊が嫌がる「シトロネラ」という成分を含んでいます。繁殖力が強く駆除が難しいですが、鉢に植えれば簡単に育てられます。肌を撫でるだけでも効果が見込めるようです。清涼感のある香りも人気。

06.
自然と蚊が遠ざかる
「レモンバーム」

「6種類のハーブ」 レモンバーム

ミントの仲間で、前述した「シトロネラ」が含まれています。レモンに近い香りが特徴で、柑橘類の香りを嫌う蚊を自然と遠ざけてくれます。

育ったハーブは料理、お茶、お酒にも使えます。ガーデニングで虫よけ対策してみるのも、アリかも?

Licensed material used with permission by Simple Organic Life
蚊に刺されたくないこの季節。虫よけは植物がおすすめなんです。植物(主にハーブ)には、蚊を寄せ付けないものがあります。ナチュラリストのKirsten Cow...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
「虫刺されにキンカン」でおなじみ「金冠堂」が、蚊に刺されてしまった不運な人を救済する、虫刺され史上初の大胆なキャンペーンに打って出た。
夏のイヤな風物詩、「蚊」に刺されないためのさまざまな対策記事を紹介。蚊によく刺される人の特徴を知るもの、自家製「蚊よけスプレー」や「蚊取り線香」の作り方、...
山梨県で誕生したクラフトビール「青い富士山ビール」。天然色素のスピルナで青い山肌を、泡で山頂に積もる白い雪を表現。SNSで話題となった「青い富士山カレー」...
昨年、紹介したところ大きな反響があった「Anti-mosquito Tee」が、今年も登場。もはや定番と言っていいと思う。
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
「FreshService」から、日本の夏の風物詩である「蚊とり線香」が登場。
夏の楽しい思い出とともに付いて回るのが「蚊」の存在です。キャンプに行ってもフェスに行っても、なんだか知らないけど、自分ばかり刺される……。そんな人はいませ...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
「LE BÉNÉFIQUE」のハーブティーは、野生の植物を1本ずつていねいに摘み取り、それを “そのままのかたちで” 乾燥させてつくられています。
茶葉1枚1枚をそのまま乾燥させた、押し花のような見た目の「Have a Herbal Harvest」。母の日の贈り物にいかが?
むしむしジメジメの梅雨モード。と同時に急増するのがかゆ〜いアイツ。蚊よけグッズは何を使ってる?昔ながらの蚊取り線香は、夏の風物詩としても◎。キャンドルタイ...
「なんで私だけこんなに刺されるの?他の皆は全然刺されてないのに!」と思っている人、多いかも。「Mental Floss」の記事によると、実際に約20%の人...
地球上で最も人間を多く殺す、世界一危険な生物として認識されているのが何を隠そう「蚊」なのだ。人間の開発する対策技術も飛躍的に向上するのは必然と言える。ここ...
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
テンダーヨホホ研究所主宰泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2015年のテーマは弓矢と足跡...
どんな動物よりも多く、人間を殺している。人間の死因としては、戦争よりも多い。これは、「蚊」がもたらす脅威の話。日本では梅雨から夏にかけて一気にあの不快な音...
なぜ蚊が寄ってくるんだろうという疑問への答えを「New York Magazine」の動画が紹介しています。外で遊ぶ機会も増えることだし。なんだかいつも自...
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
取材に行くときも、旅先にも、いつもカバンの中に入れているのは、小瓶に入ったハーブオイルです。ちょっと疲れた時や、パソコン仕事で肩が凝った時、取材前に緊張し...
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。