暑くなればなるほどウマイ「爽やかな水」

料理のアクセントに、デザートの飾りつけに、なにかと活躍するフレッシュミント。スーパーに行けば、小分けのものも販売されてはいますが、どうしても少し余ってしまうことってありますよね。

いくらガーゼやキッチンペーパーを湿らせてくるんでも、冷蔵庫の中で時間が過ぎていく間に、徐々にしんなり、ぐて〜っとしてしまいます。これって、本当にもったいない。

そこで、こんな使い方はいかがでしょう。

余ったミントは、
ぜーんぶデトックスウォーターに!

©Alp Aksoy/Shutterstock.com

酷暑の今の時期、ぜひおススメしたいデトックスウォーターがあります。

清涼感たっぷりのミント(余らなかったらこれ用に買ってもいいくらい)と、シナモンスティックを水(だいたい300mlくらい)に入れて2時間。香りと成分をゆっくりと水出しすることで、爽やかでフレッシュなアロマが抽出できますよ。

グラスに氷を入れてキンキンに冷えたところを注げば、夏バテも一気に吹っ飛ぶはず。

Top photo: © iStock.com/5PH
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
色とりどりのスムージーで魅了する@mai_smoothie。今回は、ちょっと変わり種のデトックスウォーターをご紹介。真夏のほてったカラダを一気にクールダウ...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
4月15日より、青山の「It’s so easy」で販売されている天然由来のフレーバーがついているデンタルフロス。スウェーデンのブランド「THE HUMB...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
「ぐるなび総研」が毎年選定する「今年の一皿」、2019年は空前のブームに沸いた「タピオカ」に決定。
梅雨があけると夜になっても暑くて、帰宅する頃にはもう汗でベタベタ……。キンキンに冷えたビールもいいけど、こんな“レサワ”いかがでしょう?
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
コスメはもちろん、あかすりやハンジュンマクなど独自の美容文化が発達している国、韓国。多くの女性が食事にも気を使って、健康的な美を目指しているイメージがあり...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
連日の猛暑にカラダばかりか、心までぐったりしている人に向けて、一瞬でも暑さを忘れさせてくれる、オシャレなフレーバーアイスキューブのご紹介!用意するものは製...
「オリィ研究所」が開発を手掛ける分身ロボット「OriHime」が、カフェ「WIRED SHIBUYA」に12月15日までの期間限定でサービススタッフとして...
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
〈BARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク)〉で限定販売中のミントタブレット。
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あららフシギ。おいしい発見がありました。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
「もし空港で僕を見つけたら、ファーストクラスの席と代わってあげるよ」。空港で出会った人の航空券を無償でビジネスクラスにアップグレードするプロジェクト「Ca...
南国のカクテルを連想させる、エキゾチックな色の正体はレッドピタヤ。「ドラゴンフルーツ」とも呼ばれるピタヤには、果肉が赤と白2種類あることでも知られています...
暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
取材に行くときも、旅先にも、いつもカバンの中に入れているのは、小瓶に入ったハーブオイルです。ちょっと疲れた時や、パソコン仕事で肩が凝った時、取材前に緊張し...
たっぷりのハーブとスパイスがあとを引くウマさ。
ディッシュラックに溜まった水を活用して、植物(食用ハーブ)を育てることができる「Fluidity」は一人二役をこなす秀逸なアイテム。「こんなの欲しかった」...