お肉も「昆布じめ」がウマイ

和食の料理法のひとつに「昆布じめ」があります。食材を昆布ではさみ、冷蔵庫で寝かせたもの。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!

ということで、今回は牛ステーキ肉と鶏肉2種でチャレンジ。

昆布のグルタミン酸がお肉のイノシン酸と合わさることで、うま味の相乗効果でおいしさがグンとUPする。これが仕組み。一般的に刺身の場合は塩をふってから昆布でしめますが、お肉の昆布じめは仕上げの味付けをするため、塩はふりません。

牛ステーキ肉の昆布じめ

©FOOD CREATIVE FACTORY
©FOOD CREATIVE FACTORY

昆布の汚れをふいてからお酒で湿らせ、牛肉をはさんでラップをして冷蔵庫にひと晩おきます。

©FOOD CREATIVE FACTORY

ひと晩しめたお肉に塩をふって、フライパンでこんがりと焼いていきます。ことのき柔らかくなった昆布も一緒に蒸して、器にしいてもいいかも。昆布のうま味が移った牛ステーキ肉は、山椒や七味を混ぜた“香味塩”でどうぞ。

鶏ムネ肉の昆布じめ

©FOOD CREATIVE FACTORY

牛肉同様に、昆布の汚れをふいてから酒で湿らせ、鶏肉をはさんでラップをして冷蔵庫にひと晩おきます。「照り焼き」や「蒸し鶏」など、定番料理で食べると味の違いを感じられるはず。

鶏ささみの昆布じめ

©FOOD CREATIVE FACTORY

酒で湿らせた昆布ではさむのは同じ。「和え物」や「チキンカツ」、「蒸し鶏」などがおすすめです。

Top image: © FOOD CREATIVE FACTORY
Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
和食の基本となる「だし」。その材料にはかつお、昆布、煮干し、干ししいたけなどが使われるのが一般的ですよね。でも、「豆」からもだしが取れるって知っていました...
こんなに入れるの?っていうくらい昆布が入ることで、うま味の濃いとびきりのお出汁に仕上がります。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
冷蔵庫を開けば残りものの野菜……しかない。そんなとき「お肉買っておけばよかったなぁ」なんて悩む必要はもうありません!ちょっとしたひと手間と、調味料を駆使す...