行き詰まった会議を打開する、魔法の「ひと言め」

「うまく話せるようになりたい」、「簡潔に話せるようになりたい」……社会に出たら誰しも感じることです。

ディレクターとしてNHKに入局後、フリーランスの放送作家として活躍している富樫佳織さんは、著書『やわらかロジカルな話し方』(クロスメディア・パブリッシング)で、会社で使えるトークテクニックをまとめています。

ここでは、会議で自分の意見を的確に伝える「魔法の一言目」を紹介します。

「これが正解とは限らないのだけど」

66c23b907b325783531857b9d7f885188c7423f2

私(著者)が、放送局のディレクターから放送作家に職種変えをした時、メインの仕事となったのは番組会議での企画出しや打ち合わせでした。

たとえば番組の会議では、少ない時でも10人ほどの前で自分のアイディアを話すことになります。ここで私は「自分はこう思います。なぜならば~」というロジカル一本勝負の話し方をして失敗を続けていました。会議が盛り上がっているのにシーンとなったり、ディレクターに「自分の主張ばっかりして……」とたしなめられたりしたのです。

反対に、売れっ子と言われる放送作家の先輩は、いつも会議の場を盛り上げるのが上手でした。言いたいことはズバッと言うのに、同席しているスタッフの信頼を集めていたのです。そんな売れっ子の先輩を観察していると、話し方に共通点があることが分かりました。

それは、徹底的に「相手の気持ちや目標」を大切にしていることでした。さらに、その工夫は「話し出しの一言目」にうまく凝縮されていたのです。

【例】
・会議で着地点が見つからずに煮詰まっている状況。
・誰かにまとめて欲しいとみんなが思いながらも、自分がその役割をするのは怖いと感じている。

【売れっ子の先輩はどうしたのか?】
・空気を読み、一言目に「これが正解とは限らないのだけど」と前置きをして、自分の意見を言うことが多かった。

こう言われると、聞いている方は意見や正解を押し付けられているとは感じません。あくまでも一意見を聞いて自分も判断しようという姿勢になります。この一言目をつけて話すと、「でもそれってさぁ」と直接的な批判をされることが少なくなり、会議も円滑に進むのです。

「今のお話の流れで考えたのですが」

5fe69f5c3d529a83563cf32588ddbc3d14e78d94

自分がコツコツと進めてきた案件がゴールに近づいている時、突然クライアントや上司からハシゴを外されるようなことがあります。悲しいことに「え! 今までの打ち合わせと全然違うじゃん!」という内容を、サラリと伝えられる名人が世の中にはいるものです。

決定を覆すことはできないにしても、ただ言うことを聞くのではなく「自分の主張をしておきたい」。そんな時に使える一言目が「今のお話の流れで考えたのですが……」です。

これは相手の意見に乗って、自分の意見を伝えるための重要な「一言目」です。

【例】
進めていた仕事について、上司がちゃぶ台をひっくり返した。

【適切な返答】
「今のお話の流れで考えたのですが、ここまで進めてきたコストや巻き込んでいる関係者の心象を考えると、いきなり方向性を変えるのは厳しい状況です。もう一度、上に掛け合ってもらうことはできますか?」

……とにかく相手目線で会話をすることが大切です。相手の言葉を否定するのではなく、相手の意図を取り込み、自分の意見と混ぜて投げ返す。それだけでやわらかい印象になります。

雑談に必要なのは
相手が聞きたいことを選ぶテク

D7c02b99f9cc3bc8b2ddd6eab5dfd163f00101a9

ここからは番外編です。同僚や上司などへどんな会話をすれば良いのか「仕掛け方」について説明します。

会話前のウォーミングアップには上手な雑談が効果的です。ところが、雑談ほど難しいことはありません。トピック次第では、かえって空気が悪くなるリスクを伴います。

そんな雑談ですが、雑談ネタは「相手目線」に立って考えれば、迷うことはありません。自分が話したいことを話すのではなく、相手が聞きたいことを選ぶテクニックを使えば良いのです。

初めて会う相手でなければ、それまでの会話で、相手の趣味や興味を持つことが分かるでしょう。そこで、次に会うまでに相手が興味を持ちそうな話題を見つけたらストックしてみてください。普段、ニュースサイトや情報サイトをチェックしている時に「あ、これはあの人が好きそうな話題だな」と思うものがあれば、そのままPCやスマホで自分宛にURLをメールで送信をする……それだけです。

相手の趣味や興味が自分のまったく分からないジャンルだった場合でも、やはり雑談は相手に合わせた方がうまく話せます。

たとえば私は、打ち合わせ相手にサッカーファンが多いのにも関わらず、いまだにサッカーの話にはついていけません。ですから、サッカーの情報を目にした時も、スルーするのではなく、相手に「何を質問しようか」と考えるようにしています。質問をすれば、相手は必ずいろいろな視点で情報を教えてくれるので、人柄もわかりますし、知らない情報も得られます。

自分宛のメールに情報を送っておけば、打ち合わせに向かう移動時間で内容をチェックできるので、会話のシミュレーションもできてとても便利ですよ。

ディレクターとしてNHKに入局後、フリーランスの放送作家として活躍している富樫佳織さんは、著書『やわらかロジカルな話し方』(クロスメディア・パブリッシング...
話ベタなんて世の中にひとりもいない。上手く伝わる話し方をしらないだけで、言いたいことが上手く相手に伝われば、驚くほど物事がスムーズに運ぶ。こう訴えるのは、...
あの人の話はいつまで聞いていていも飽きない、あの人と話しているとなんだか気持ちが軽くなるという人が周りにいませんか?そういう人は自然と人に好かれる話し方を...
元Google社員のSarah Cooperさんは、ライター兼コメディアン。現在は「The Cooper Review」のクリエイターとしても活躍していま...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
第一印象は3秒で決まる──、なんて表現もありますが、女性の場合はとくにそれが顕著。見た目だけに限らず、話し方に嫌悪感を抱くコトも。そんなのごめんだ!とばか...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
よいリーダーは、様々なスキルを要するもの。とりわけ、素晴らしいリーダーになるためには、あるスキルが重要な鍵を握っている。それは、演技の才能だ。瞬間瞬間をも...
ダブルブッキングや会議で意見が割れたときなど、どちらかを優先しなければならないケースは多々あります。そんなとき、慎重に対応するべきなのは「優先しなかったほ...
ANA(全日空)のCA(客室乗務員)を25年間にわたり務めてきた里岡美津奈さん。その間には、天皇皇后両陛下や各国首相・国賓の特別機をアテンドした経験も。そ...
「コンフォートゾーン」。つまり、自分にとって居心地の良い環境を意味する言葉ですが、勇気を出してそこから抜け出すべきだ、という記事をよく見かけます。現状の自...
仕事をしていると、大勢の人と会議をすることが多くなる。それも頻繁に。そして会議でのあなたの発言や行動が、あなたの評価にもつながる。今回は、海外有名大学でも...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
ビジネスシーンにおいてまず大切なことは、同僚からも上司からも、もちろん部下からも信頼を得ること。では、職場で周りから頼られるような人たちには、どんな特徴が...
今までの読解力と文章力の研究では、初等教育に身につけることの重要性が多かったが、成人になっても日々読んでいるコンテンツによって、文章力の差が出るということ...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
怒号が飛び交ったかと思ったら、水を打ったように静まり返る。そして、同じ議論が堂々巡りしている…。そんな気まずい会議を経験したこと、ありませんか?Emma ...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...