ビジネスの成功に「占い」あり

「100%当たる占いなんて存在しないし、したとしても占いで人生を左右されるなんてバカバカしい」、遠からず同じような思いは多くの人にあるはずです。たとえ、占いをよく利用する人であっても。

前述の一文、『成功する人は、なぜ、占いをするのか?』(総合法令出版)という本のなかに登場する、著者・千田琢哉さんの言葉。でも彼、たんにバカバカしいと見限っているわけじゃないんです。

「あくまでいい人生を送るための手段であり、目的ではない」これが、占いに対する氏の見解。コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。

間接的ながらも、たくさんの占い師と介するなかで、千田さんが感じた、上手な占い師との付き合い方、知っておいて損はないかも。

重要なのは、
「当たり」「外れ」ではない

6577325969768448
©iStock.com/jacoblund

「占い」と聞くと、その的中率について語りたがる人がいます。結論から言うと、占いにとって的中率は一番重要なことではありません。

必ず当たる占いがあれば、あなたの人生はもう決まっていることになります。もし「成功できません」と言われたら、100%成功できないのだから、もう努力しても意味がない……。そんなのはとてもバカバカしい話です。

大切なのは、その占いを「手段」として徹底的に使い倒すこと。

「幸せになるための手段」として、占いをとことん使い倒していくことで、初めて占いに価値が生まれます。占いの結果は大河の流れのようなもので、あなたはその大河の一滴と考えましょう。流れに逆流するよりは、素直に身を委ねた方が幸せになれる可能性が高い。その大まかな流れを、占いは教えてくれるのです。

占いの当たり外れは占い師のせいではなく、あなたの生き様が決めること。占い師の言ったことが当たれば「おお、さすが!」と評価し、外れれば「自分の勝ち」と考えましょう。

占いは「決断」ではなく
「判断」に使う

6610654915985408
©Monika Wisniewska/Shutterstock.com

これまで占い好きのエグゼクティブたちと数多く一緒に仕事をしてきましたが、長期的な成功者と思える人々には、占いを「決断の助けではなく、判断材料の1つとして活用していた」という共通点がありました。

決断と判断は似た言葉ですが、意味はまるで違います。判断とは決断の前段階の作業で「どちらが正しいか」を選別する正誤問題。これに対して、決断とは判断より勝ち残ったものから選ぶこと。

決断の段階で「どちらが正しいか」を考えている人は、そもそも判断ができていないのです。判断は普段からまめにしておく必要があり、切羽詰まってすることではありません。よって、判断をしている中で迷った際に占い師に相談をする……というのが正しい「占い」の活用方法なのです。

長期的な成功者は、数千年の人類の知恵の集大成としての正解(占い)を踏まえた上で「判断」をしていました。これに対して、一発屋で終わる短期的な成功者たちは、普段は判断せずにサボっているくせに切羽詰まった状態になってから占い師にすがる人が多い! そして全面的に占い師に会社経営の決断を委ねてしまい、何から何まで相談してしまうのです。

こうした人たちが一発屋で消えていくのは、占いのせいではなく、自分で決断できないダメ社長ぶりを周囲の従業員たちにアピールしているからに違いありません。従業員たちは次第に社長をバカにし始め、まともに仕事をしなくなります。これでは長続きしないですよね。

勝ちやすい土俵で
圧勝し続けるため
「宿命」を知る

5349811565887488
©iStock.com/Rawpixel

極端に言ってしまえば、占いの目的は次の2つしかありません。

1.「宿命」を知ること 
2.「運命」を開くこと

まず自分の宿命を知り、その上で運命を開いていくための手段として、占いは存在します。以上を分かりやすく表現すると……

「あなたの勝ちやすい土俵を1日でも早く見つけ、その土俵で楽勝し続ける人生を謳歌しよう」となります。

ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットが、なぜあれほど大富豪になれたのか。それは彼らが、普通のサラリーマンの何万倍も働いたからではありません。彼らが大富豪になれた理由は、呆れるほどにシンプル。彼らは自分の宿命を知り、夢が実現するように運命を開き続けてきたからです。

もしあなたが『ウサギとカメ』のカメだとしたら、物語のようにウサギの土俵(陸上競技)で戦ってはいけません。なぜなら、ウサギが油断して途中で昼寝することなんて、現実ではあり得ないから……。ウサギから陸上競技の勝負を挑まれたら、泳ぎの勝負を提案するべきです。

大切なことはすべての勝負に勝つことではありません。勝つべき勝負では絶対に負けないことが大切であり、復讐する気も失せるほど圧倒的な実力を敵の脳裏に刻み込ませることです。

占いの考え方を活用し、自分の運命が開ける場所を知りましょう。

※この文章は『成功する人は、なぜ、占いをするのか?』(総合法令出版)から抜粋、編集したものです。

Top photo: © iStock.com/franckreporter
Licensed material used with permission by 総合法令出版
運の良い人は良いなりに、運の悪い人は悪いなりに人生の周期が存在します。そこを見極めどう動くか、これが肝心。
1200年も続く日本古来の占い、「粥占(かゆうら)」。煮え上がったおかゆの中に箸を入れ、くっついた米粒の数で占ったり、数日放置して生えたカビの塩梅で占った...
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
成功者は何をして成功しているのだろう?そんな疑問に答えてくれる「成功している人が行っていること」のリスト。当たり前のことから、そうなんだと頷く事まで自分が...
あるチームを“Fortune 100”に導いた経験もあるGordon Tredgold氏は、成功への秘訣を「Inc.」で紹介しています。意識をすれば、自分...
TVや雑誌で一般的な「星座占い」からは一歩離れ、新鮮味のあるネイティブアメリカンの「動物占い」に触れてみてはいかがでしょう?「Higher Perspec...
「Inc.com」で公開された記事「この7つの質問に『Yes』と答えられたら、あなたは成功している」は、常に高みを目指しているビジネスパーソンにだけ紹介し...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
何をもって占いを信じるのか?はさておき、まず易者を見極めるための術がないといけません。
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
手相占いというと、なんとなく東洋のイメージがある。日本や中国なんかで盛んなのかな、と。でも、ここで紹介する手相占いは、今アメリカで大きな話題となっている「...
犬はペットとしても親しまれている動物です。いわば、犬を大切している人にとっては家族のようなもの。このように、犬が家族のように近しい存在から、夢占いでは犬を...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
夢占いにおける「津波」は、あなたの心にある不安感や恐怖感を表しています。ただし、具体的には、どのような夢を見るかによって、その意味や吉凶は異なります。あな...
2004年にAppleに入社したHuxley Dunsanyは、社員証の裏に書かれていた「成功のためのルール」を公開しました。その内容を実践したら、自身の...
Googleは数年かけて多くのチームを調査し、成功しやすいチームの傾向を掴んですでに発表している。その研究内容をご紹介。成功しやすいチームとは、強い信頼関...
トイレの夢を見て目を覚ましたことはあるでしょうか。目覚めとしては決して良いものではありませんが、昔からトイレの夢は吉夢として伝わっています。トイレは日々の...
セックスをする夢を見るということは欲求不満なのかと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、夢占いにおいては必ずしも欲求不満のあらわれとは言えません。セック...
成功したいーー。それは誰もが胸の奥に抱く夢ですが、実際には「成功する人」と「しない人」が存在してしまうのは、どうしてなのでしょうか。数々の企業や経営者を取...