ホントのところ、学校での成績と実社会での成功はリンクする?

勉強ができる子ほど先生から可愛がられ、友人からも一目置かれる存在。ところが大人になってみると、そういう人が案外人生でつまづいていたり。学校での成績は、結局のところ人生で何の役にも立たないのか…。

The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できる、という言い分です。って、もう遅いか(笑)。もちろん日本の教育制度とは多分に違いもあるでしょう。でも、彼の国でさえ今だに現場はこんな感じなの?

学校の成績=良い人生
のウソホント

Image by The School of Life

小学校は人生の第一段階。私たちはこれに近いことを地肌で感じてきたので、良い成績をとろうと頑張ります。だって、学校で良い成績をとっていれば、将来は良い仕事に就いて、立派な家に住み、他人から尊敬される人物になれると“思っている”のですから。でも、現実はそうじゃありませんよね。

学校での成功者が
人生でも成功するとは限らない

Image by The School of Life
Image by The School of Life
Image by The School of Life

学校で成功したからといって、人生にも成功するとは限らないのが世の中。学校で先生を満足させることは出来ても、のちの人生では満足いく職に就けず、上司に叱られてばかりということもありますよね。

もっと良い職、自分にあった職を求めて都会から田舎に引っ越すこともあるでしょう。学校での良い成績は、良い人生が送れるというの保険にはならないのです。逆に、学校では成績が一番悪かったのに、人生で大成功してる人だっているんですから。

学校のカリキュラムでは
“人生”を教えてくれない

Image by The School of Life

残念なことに、学校のカリキュラムでは「世界をまたにかける経験」をすることもできませんし、「将来の仕事」についても学ぶことはできません。

Image by The School of Life

ところで、現在の教育カリキュラムは何百年もの間に培われたもの。だから、中世の古めかしい考え方から、19世紀のドイツの教育者の考え方、果ては貴族政治のものまで、今の教育には“古すぎる”ものが多分に含まれている、ということをまずは理解する必要があります。

「個性」をなくす教育システム

Image by The School of Life

学校での悪しき習慣は、教科書を理解して、その考え方をコピーし、覚えるように教え込まれること。残念ながら、そこには個性なんてものはありません。個性を発揮したり、教科書に載っている考え方に変化をつけたりしようものなら、すぐに注意され、点数が引かれてしまいます。学校教育において、個性はキケンと見なされているのです。

Image by The School of Life

教室では、手を上げて発言するように教えられましたよね?教室では先生の許可がないと、発言できませんから。これは、社会でも誰かに常に許可を求めるようにと私たちに教え込むためではないでしょうか。

Image by The School of Life

テストだって、教えられた通りにやらないと点数がもらえません。

Image by The School of Life

教えられたことを使って何かをする、というのが学校教育の前提です。学校教育カリキュラムの中になかった、「個性」というものは認めてくれません。白黒はっきりしている権威を敬い、十人十色の個性は無視するように教えるのが学校教育なのですから。

Image by The School of Life

彼らが教えてくれる人生を成功に導く方法はたった2つ。良い仕事に就くことと、良い人と結婚すること。「でも、その前にラテン語で円周率を勉強しないと……」なんて学校では言われてしまうんじゃないでしょうか。

人生はトリッキー

Image by The School of Life

でも、学校で成績が悪かったからといって人生に成功するとも限りません。学校でも、人生でも、両方成功することだってできるんです。そのために必要なことは2つ。この2つがちょっとトリッキーなんですけどね。それでも、現代社会で生き抜くために結構役立ちますよ。

Image by The School of Life

20歳までは良い子でいること。
でも、学校の授業を盲目的に信じないこと

Image by The School of Life

そして、学校では成績もよく従順な生徒でいるけど……

 

Image by The School of Life

心の中では学校教育に毒されず反骨精神を持っているような、
ちょっとしたヤンチャな自分を保つことです。

Licensed material used with permission by The School of Life
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成...
子育てをしていると、子供が学校からいろいろなお手紙を持って帰ってきます。7歳のネイサンくんも、ある日「学校から」と言ってお母さんに手紙を渡しました。でもこ...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
週に5回、同じ学年の子どもたちがクラスメイトと一緒に、国語や算数といった教科を学習するのが当たり前な日本の小・中学校。私も、かれこれウン十年前になりますが...
近ごろは休憩時間やシエスタ(お昼寝)が大切だよね、という話はかなり一般的になってきました。そして、それは子どもたちにとっても同じなのかも。ここでは、国際学...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
表参道ヒルズの真裏にたたずむ キャンピングトレーラーをカスタムしたコーヒースタンドthe AIRSTREAM GARDEN〒150-0001 東京都渋谷区...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
「美人は得をする」とは、世界共通の“暗黙の了解”。現実には「不平等だ!」と思うことも決して少なくありませんよね。このたび、ある研究において、「学業」におけ...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...