「学校教育は、魚に木登りを強制してないかい?」。あるラッパーのメッセージ

アインシュタインは言った。

「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう」

こんなフレーズから始まるラップが話題になっています。タイトルは、「I JUST SUED THE SCHOOL SYSTEM !!!(学校システムを訴える!!!)」。歌うのはヒップホップアーティストのPrince Ea。大学では人類学を学び、メッセージ性の強い作品を発表し続けるラッパー。

そんな彼が、現在の「学校教育」のシステムを裁判風に痛烈に批判しているのがこの動画です。

彼の言葉を借りながら、その中身を見ていきましょう。

電話も自動車も進化したのに
「教育」は150年前のまま

0f06b2fe7ced3097e21ebbc13f25d5bc7bda934a

この150年で、電話は飛躍的な進歩を遂げました。木でできた初期の電話は、タッチパネルを備えて無線でインターネットに繋がるカメラつきの情報端末に。

Ae87586f713d3b61ded8033c25bb785d5620bf129aaba7a5e729e2836ca2eac034d64aaad16b0522

でも、教育はどうでしょう?現在も150年前も、ほとんど変わっていないように見えませんか?少なくとも電話に比べれば、根本的な変化は起きていないと言えるのではないでしょうか。

工業社会の教育が
情報社会の今も続いている

C7767ddeb5b987fcc117c476c636f96d1d60e3da

ひとつのクラスに人を集めて、同じことを教え、テストの点数で評価する。教育がそういったものになっていったのには、理由があります。

かつての学校は、工場で働く労働者を育てる機関、という側面が強くありました。工場で言われた通りの製品を言われた通りに作ることが、求められていたのです。画一的な教育は、こうした産業界のニーズに応えて発展してきたもの。

でも、時代は変わりました。現在求められているのは、クリエイティブで、個性的で、自分とは異なる個性を持った人と協力して何かを作り上げることのできる人材です。

現在の学校教育は、生徒全員に同じことを強いることによって、クリエイティビティを奪ってしまっている。教育は、変わらなければならないところに来ているのです。

ひとりとして
「同じ子ども」なんていない

異なる病状の患者に、同じ薬を出す医者はいません。そんなことをすれば、健康を害することは誰でもわかります。

でも、ひとりとして同じ脳を持った子どもはいません。にも関わらず、教育においてはそんなことがまかり通っているのです。

81651d42055cb0b49a504c01346fc55bc97f7336

確かに教育を受ける子どもたちは、人口全体の20%に過ぎない小さな集団かもしれません。でも月日が経ち彼らが成長し、今の大人世代と入れ替われば、やがて100%になる。未来を担っているのは、他でもない子どもたちなのです。

魚が木登りを
強制されない世界に

3543de5cbebb2bedbf944cf11b054f8c828e5bc3

この歌は、次のようなフレーズで締めくくられます。

「私は信じたい。もう2度と、魚が木を登ることを強いられない世界が来ることを」

ラップに乗せた、学校教育についてのメッセージ。あなたはどう感じますか?

Licensed material used with permission by Prince EA
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
「正しい大人になるためには、正しい教育を受けなければならない」。これは、現代を生きる私たちにとって当たり前のような言葉になっていて、逆らいがたい強い力を持...
2015年12月、マーク・ザッカーバーグの第一子誕生に合わせて発表された、450億ドル(約5兆5,000億円)の慈善事業団体への寄付。ケタ違いの金額ばかり...
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
長い人生の中で、私たちは膨大な量の知識を手に入れます。ただ残念ながら、人間は忘れっぽい生き物です。本当の知識を身につけるためには「繰り返すこと」が大切だと...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
週に5回、同じ学年の子どもたちがクラスメイトと一緒に、国語や算数といった教科を学習するのが当たり前な日本の小・中学校。私も、かれこれウン十年前になりますが...
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
主人公は、アフガニスタンから家族と共にイランへ逃れてきた少女ソニータ。彼女の夢はラッパーになることだ。しかし、現実は、パスポートも滞在許可書もなく、退去通...
「Olori」は販売だけではなく、経済的理由で学校に通えない、アフリカの女の子たちを援助することも目的にしている。ハンドバッグが1つ売れるたびに、その収入...
一人の先生が思いついたあるアイデアがきっかけで、クラスの出席率がわずか 40%から93%まであがった公立学校があります。そのプロジェクトの仕掛け人はスティ...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...