「学校教育は、魚に木登りを強制してないかい?」。あるラッパーのメッセージ

アインシュタインは言った。

「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう」

こんなフレーズから始まるラップが話題になっています。タイトルは、「I JUST SUED THE SCHOOL SYSTEM !!!(学校システムを訴える!!!)」。歌うのはヒップホップアーティストのPrince Ea。大学では人類学を学び、メッセージ性の強い作品を発表し続けるラッパー。

そんな彼が、現在の「学校教育」のシステムを裁判風に痛烈に批判しているのがこの動画です。

彼の言葉を借りながら、その中身を見ていきましょう。

電話も自動車も進化したのに
「教育」は150年前のまま

この150年で、電話は飛躍的な進歩を遂げました。木でできた初期の電話は、タッチパネルを備えて無線でインターネットに繋がるカメラつきの情報端末に。

でも、教育はどうでしょう?現在も150年前も、ほとんど変わっていないように見えませんか?少なくとも電話に比べれば、根本的な変化は起きていないと言えるのではないでしょうか。

工業社会の教育が
情報社会の今も続いている

ひとつのクラスに人を集めて、同じことを教え、テストの点数で評価する。教育がそういったものになっていったのには、理由があります。

かつての学校は、工場で働く労働者を育てる機関、という側面が強くありました。工場で言われた通りの製品を言われた通りに作ることが、求められていたのです。画一的な教育は、こうした産業界のニーズに応えて発展してきたもの。

でも、時代は変わりました。現在求められているのは、クリエイティブで、個性的で、自分とは異なる個性を持った人と協力して何かを作り上げることのできる人材です。

現在の学校教育は、生徒全員に同じことを強いることによって、クリエイティビティを奪ってしまっている。教育は、変わらなければならないところに来ているのです。

ひとりとして
「同じ子ども」なんていない

異なる病状の患者に、同じ薬を出す医者はいません。そんなことをすれば、健康を害することは誰でもわかります。

でも、ひとりとして同じ脳を持った子どもはいません。にも関わらず、教育においてはそんなことがまかり通っているのです。

確かに教育を受ける子どもたちは、人口全体の20%に過ぎない小さな集団かもしれません。でも月日が経ち彼らが成長し、今の大人世代と入れ替われば、やがて100%になる。未来を担っているのは、他でもない子どもたちなのです。

魚が木登りを
強制されない世界に

この歌は、次のようなフレーズで締めくくられます。

「私は信じたい。もう2度と、魚が木を登ることを強いられない世界が来ることを」

ラップに乗せた、学校教育についてのメッセージ。あなたはどう感じますか?

Licensed material used with permission by Prince EA
「NINJAWORKS」が手がける“教育”に関するプロジェクト「GIFT」が話題となっている。クラウドファンディングで公開早々に目標額を達成し、次なるフェ...
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
2020年からイギリスの学校で、生徒たちは「フェイクニュース」について学ぶことになるという。政府が発表したとイギリスメディアが報じている。BBC」によると...
フィリピンは地球温暖化に歯止めをかけるため、斬新な法律を制定することに。うまくいけば、たくさんの木が植えられることになります。学校を卒業する際、生徒や学生...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
バージニア州の小学校「William Marvin Bass Elementary School」では、地理や生物などを学ぶ授業でVRゴーグルが配られ、生...
世界最大級のサンタの学校「School4Santas」は過去に4200人を超える卒業生を輩出する名門校。長いヒゲも赤い服もいらない、普通の学校とは違う「サ...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
“料理で世界を動かす人材”の育成を目指し「辻調理師専門学校」が2021年4月より"日本料理"に特化した新たな学科を新設すると発表。
「正しい大人になるためには、正しい教育を受けなければならない」。これは、現代を生きる私たちにとって当たり前のような言葉になっていて、逆らいがたい強い力を持...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
2015年12月、マーク・ザッカーバーグの第一子誕生に合わせて発表された、450億ドル(約5兆5,000億円)の慈善事業団体への寄付。ケタ違いの金額ばかり...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
長い人生の中で、私たちは膨大な量の知識を手に入れます。ただ残念ながら、人間は忘れっぽい生き物です。本当の知識を身につけるためには「繰り返すこと」が大切だと...
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
以前は友だちとのテキストメッセージが息抜きだったのに、最近面倒になって後回し…。そこには「今」の世情が関係していた!