全校生徒740人が「石にペイント」。そこには美術教師からの素敵なメッセージが…

ある教師が、740人の生徒を巻き込んで作り上げた「石をペイントするアート」が、Facebookで大きな話題を呼んでいます。

彼女の名前は、Jessica Moyesさん。米インディアナ州ニューバーグのシャロン小学校の美術教師です。

ただの「カラフルな石」だったら、ここまで盛り上がることはなかったでしょう。そこに込められたメッセージは、一体どのようなものなのでしょうか?

あなたは大きな海の
かけがえのない魚

彼女が生徒たちに作らせたのは、ひとつひとつの石にペイントした「魚」の作品。子どもたちは各々、自分の思うようにデザインしていきます。

魚たちはみんな、違った色や模様を持っているのです。

インスピレーションを得たのは「Only One You」という絵本だそう。小さな魚Adriが新しい友だちを求めて、大きな海へ旅立つ物語が描かれています。絵本のなかには何匹もの魚が出てきますが、1匹として同じ色や形の魚はいません。

Adriの両親は、旅立つ小さな子どもにこんな言葉をかけます。

「この大きな世界で、あなたはたったひとりだけ。だからこの世界を、あなたにとってもっと素敵な場所にしていくのよ」

全校生徒によって作られた、世界にひとつだけの魚たちは、校内の「川」を泳いでいきます。一つひとつは小さくても、集まって大きなアート作品になるのです。

ひとつでも美しいけど
集まるともっと美しくなるの

Jessica先生は、想いについてこう語ります。

「実際に作ってみて、単に『きれいな石の魚を作る』というだけじゃなく、もっと大きな意味があることに気づいたの。自分たちの美しさ、個性、そしてユニークさを受け入れる必要があること、周りに流されるのではなく、きちんと自分自身で道を切り開くことを学べたと思う。

そして、自立した個が集まることで、どんな素敵なことが起きるかということも表しているように思う。鮮やかに色づけされた石の魚は、もちろんひとつずつでも美しいけれど、合わさってひとつになれば、さらに素晴らしいアートになるの。

一人ひとりを大切にしながら、みんなで力を合わせること。

その大切さが子どもたちに伝わったと信じているわ」

「この大きな世界で、あなたはたったひとりだけ。だからこの世界を、あなたにとってもっと素敵な場所にしていくのよ」

これから大人になるために本当に大切な考え方を、この作品を通して伝えたJessica先生。

彼女のプロジェクトの思い出はきっと、これから社会という大海へ出ていく子どもたちにとっても、きっとかけがえのない宝物になることでしょう。

Licensed material used with permission by Jessica Moyes
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
ミシシッピ州ビロクシにある中学校「Biloxi Junior High School」にある、使われなくなったロッカーが3Dアートへと大変身!そのアイデア...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
ハワイは現在、深刻な「教師不足」に直面しているそうです。南の国で働けるなんて最高!とはいえ、一体どんなお仕事なのでしょうか?「ハワイ州教育省」によると、と...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
特別支援学校の教師が、生徒たちに毎日欠かさず実践している、あるルーチンが話題となっています。その様子を映した動画は、すでにFacebookで200万回以上...
イケメンの先生がいる。それだけで学校に行くのが楽しかったのは昔の話。なぜか、先生がカッコイイというだけで、その教科の成績がよくなったな〜。今回、紹介するR...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
ジェイク・ベイリー君(18歳)は、ニュージーランド・クライストチャーチにある男子高校の生徒会長。2015年11月4日に行われた同校のとある表彰式で、彼はス...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
何も知らされないまま友人に連れてこられた学校の教室。そこへ家族が“先生”と­なって現れ、これまでの人生を振り返りながら、想いや感謝の気持ちを授業として発表...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
急激な体型の変化により皮膚が伸ばされることで、肌の表面にできてしまう「ストレッチマーク」。個人差はありますが、お腹や太もも、おしりなどに、ひび割れのような...