「君たちがいるから、先生は毎日学校に来ることができるんだよ」。生徒への素敵なメッセージ

成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのではないでしょうか。

アメリカ・ミズーリ州カンザスシティにあるオーク・パーク高校でも、他の多くの高校と同じように、生徒が不登校になるのはよくあることでした。でも、そんなつらい思いをしている生徒たちに「何かをしてあげたい」と立ち上がった、ひとりの先生がいました。

先生から生徒へ。
「どれだけ大切な存在か」を伝えた瞬間

彼の名前は、テイラー・マクスパリン。数人の先生たちに呼びかけて、生徒へ思いを伝える瞬間を動画に納めたのです。はじめは戸惑いと疑いの表情の生徒たちも、思わず笑顔に。

「あなたがいるから、学校に来るのが楽しいわ」

「君に会えるから、僕は毎朝ベッドから起きて学校に来るんだよ」

「笑顔が素敵だから元気が出るの」

「いつも前向きで勇気をもらえるよ」

「先生、それ本気で言ってるの?ありがとう!」。

メッセージを受け取った生徒たちは、とっても嬉しそう。このプロジェクトの成否は、みんなの笑顔が物語っていますよね。

お互いに感謝しあって、
学校をもっと素敵な場所に

生徒が先生に感謝の気持ちを伝えることはあっても、逆はなかなかありません。お互いに感謝を伝え合うことで、学校がもっと楽しい場所になれば、これほど素敵なことはないのではないでしょうか。愛に溢れたこんな学校、うらやましい!

Licensed material used with permission by Tyler McSparin
学校で毎朝行われる「出席確認」。普通は名前を呼んで確認するものですが、少し前から、斬新でステキな出席確認をする先生の動画が話題になっています。Barry ...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
教え子から感謝の言葉をかけられるときほど「教師冥利」に尽きることはないでしょう。ここで紹介するJ氏も、そんな学校の先生のひとり。ある日彼が教室に入ると、机...
ある日、カリフォルニア州ホリスターにあるSan Benito高校に、女子生徒だけでなく、男子たちもオフショルダーを着て登校しました。学校への抗議の意味もあ...
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
オランダのある中学校の授業風景が「刺激的すぎる」とFacebookやYouTubeを通じて話題沸騰。生物学の先生が、生徒たちに人体の構造を教えるため、驚き...
アメリカでは、校内の安全のために警察官が駐在していることがあります。カリフォルニア州にあるヘリテージ・ハイスクールのミッチ巡査も、そんな駐在警察官のひとり...
特別支援学校の教師が、生徒たちに毎日欠かさず実践している、あるルーチンが話題となっています。その様子を映した動画は、すでにFacebookで200万回以上...
一人の先生が思いついたあるアイデアがきっかけで、クラスの出席率がわずか 40%から93%まであがった公立学校があります。そのプロジェクトの仕掛け人はスティ...
フィリピンは地球温暖化に歯止めをかけるため、斬新な法律を制定することに。うまくいけば、たくさんの木が植えられることになります。学校を卒業する際、生徒や学生...
リモートワーカーの増加によるの緊急の需要に応えるため、デンマークの家具スタートアップ「Stykka」が、ダンボールで作ったワークデスクを格安で発売中。使用...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
世界最大級のサンタの学校「School4Santas」は過去に4200人を超える卒業生を輩出する名門校。長いヒゲも赤い服もいらない、普通の学校とは違う「サ...
とある先生が教壇に立ち、きれいな20ドル紙幣を掲げてこう問いかけました。「これが欲しい人は?」。生徒たちは一斉に手を挙げます。先生は小さく紙幣を折りたたみ...
ニュージーランド・マナワツの高校「バーマストン・ノース・ボーイズ・ハイスクール」で、行われた全校生徒による「ハカ(Haka)」。この圧倒的なパフォーマンス...
2020年からイギリスの学校で、生徒たちは「フェイクニュース」について学ぶことになるという。政府が発表したとイギリスメディアが報じている。BBC」によると...
危機的状況が続くなか、ファッションブランドも新型コロナ対策支援に取り組んでいる。「グッチ」と「H&M」は、「世界保健機関(WHO)」にSNSアカウントを提...
自宅にいながら個人輸入ができちゃうオンライン輸入食品店(勝手にそう呼んでいるだけ)「iHerb(アイハーブ)」を活用して「#おうち時間」をもっと充実させよ...
女子高生時代に不登校を経験した田中慶子さん。今では日本トップクラスの同時通訳者として活躍する彼女の著書『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者にな...
ある教師が、740人の生徒を巻き込んで作り上げた「石をペイントするアート」が、Facebookで大きな話題を呼んでいます。彼女の名前は、Jessica M...
経済成長を直に感じると、自信に満ち溢れてくるのかもしれません。インドで設立された学校「Akshar Forum」が活気づいています。
卒業しても何年も経っているのに、学校の夢をみることがあるーーこれは多くの大人が経験したことがあるのでは? ここでは、そんな「学校の夢」に秘められた無意識か...
五百田達成さんによる実用エンタメ小説『アラン先生と不幸な8人』は、日本中から集められた不幸な高校生が、『幸福論』の著者・アランの化身である亜蘭幸男(あらん...
個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、...