朝礼の「替え歌ラップ」が生徒のモチベーションを爆上げする

アメリカのとある小学校では、毎朝ある歌をクラスのみんなで歌うことになっています。まずは動画を見てください。

生徒たちもノリノリです。

「勉強の準備はOK!」
「ガンガン、学ぶ!」
「ヘーイ、ヘーイ」

どうして小学校でラップを?と思うかもしれませんが、じつはこれ、ダンス動画で爆発的にヒットしたデトロイトのラッパー、Zay HilfigerrrとZayion McCallの「Juju On That Beat」の替え歌なんです。注目すべきなのは、歌詞の内容。

「Walk into the class and I know my teacher gets me」

(クラスに入れば先生が声をかけてくれる)

「Thinking cap on and you know I’m learning quickly」

(勉強する準備はOK、どんどん学ぶ)

などなど、やる気になる内容が盛りだくさん。

リズムに乗って
カラダを使って♪

この替え歌を作ったのは、ネバダ州ヘンダーソンの小学校で教えていたBethany Humphrey先生。そのブログで公開された動画を参考に、テネシー州メンフィスのHeather Finch先生が生徒たちに教えたところ、みんな大はしゃぎ!

生徒たちの前向きで元気な姿が共感を呼び、SNSに投稿された動画は、なんと475万回も再生。

リズムに乗って体を動かしてリラックスしながらこんな素敵な歌詞を歌ったら、毎日やる気になっちゃいますよね。

なんだか見ているほうまで元気になってくるようです。

Licensed material used with permission by @teachingandsofourth

関連する記事

自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
兵庫県西播磨の伝統工芸「藍染、草木染め」を施したジャパンメイドのエコラップが登場。
耐久性・耐熱性にすぐれた高品質シリコン製の「The Wrap」。従来のエコラップでは実現できなかった−40℃〜235℃という驚異的なレンジでの使用が可能。
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
クラウドファンディングで1700%の支援を達成した「100年使える湯のみ」が、ついに一般販売を開始。
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
学園物の映画やドラマのシーンで必ず出てくるで学校のカフェテリア。食堂じゃなくて、カフェテリアって響きがいいんですよね〜。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...