「ラップ」でメニューを注文したら…マクドナルドが沸いた!(動画あり)

いつもどおりの賑わいを見せる店内に現れたひとりの男性。彼はレジの横にラジカセをドンと置き、BGMに合わせながら注文を開始した。

もしもラッパーが
メニューを注文したら…

今回このドッキリに参加したのはラッパーのHi-Rez。

受付の順番が回ってくると、ラジカセをテーブルにドン!

最初はBGMに合わせながら、語りかけるかのようにイントロを始めるが…。

怒涛のラップで
注文開始!

このスピードをなんと表現すればいいものか。言うなれば、秒速5品(?)。いや、それ以上かも…。とにかく目が覚めるような弾丸ラップだが、注文を入力している青年の眼差しは必死だ!

ワケのわからぬ状況の中、応援したくなるような熱いセッションが続く。頑張れ。負けるな!

タイムアップ!

バトルは終了…一体何品頼んだのかわからない(正直どうでもいい)が、ガッシリと手を組んでお互いの労をねぎらうふたりの様子は感動的だ。対戦相手へのリスペクトが感じられる。

注文が終わった直後、ラッパーは青年にこう尋ねた。

「全部、聞き取れたかい?」

すると、隣で見守っていた同僚がすかさず回答。

「彼、ひとつも取れてないわよ(笑)」

「アハハハハ(一同笑い)」

あの必死な眼差しは一体…

たしかによく見ると、
手がまったく動いてなかった!

青年はフリーズしていたのだ。身動きも取れないほど圧倒されてしまっていた。

最後は拍手と笑顔に包まれて終わったマクドナルドの珍事件。ぜひYouTubeでご覧あれ。

Licensed material used with permission by Coby Persin
他の記事を見る
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
SNSでは、頻繁にミームが作られています。スウェーデンのマクドナルドはそれを利用して、ユーモラスな発表をしました。
アメリカのとある小学校では、毎朝ある歌をクラスのみんなで歌うことになっています。まずは動画を見てください。生徒たちもノリノリです。どうして小学校でラップを...
見れば、見るほど、いいんだよなあ。
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
12月4日から12日まで、彼らは1セントで「ワッパー」を販売しています。ただし、ちょっと変わった条件があります。お客さんは、マクドナルドの店舗でバーガーキ...
ストリートで起きた若者ふたりのケンカ。野次馬も集まってきて、街は一時騒然。そんな頭に血がのぼった若者を和解まで導いたのは、通りすがりのひとりの男。間に割っ...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
スラム街の子ども達にとって、警察は「敵」であることが多い。誤解を恐れずに言うと、彼らが悪さをして警察に注意される、という関係性だということ。レコーディング...
南アメリカ在住のニュージーランド人女性ケイトさんは、過去にマクドナルドで働いていた経験があります。が、当初はその仕事に偏見を持っていたようです。ここでは、...
スタイリッシュもいいけど、暑い夏は「これ」が気分!
料理をする人にとっては、毎日欠かせない食品用ラップ。でも一回使ってポイってするのはちょっともったいない…そう思う人も少なくないのでは?オーストラリアでは、...
ドナルドがInstagramに参戦!?しかも世界10カ国を旅行中大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」で目にするマスコット、「ドナルド」が、ショップを飛...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
このメンツにピクっと反応しちゃったあなたはもちろん、そうでない人も必見です。安心して下さい。動画を再生すれば、圧倒的な“いい感じの雰囲気”が味わえちゃいま...
ここで紹介するのはアメリカで話題のライフハック動画。なかには、いわゆる“ネタ”的なもの、実際に役立つのか「?」なものもありますが、なるほどと思えるようなア...