ラップをするAIをプログラミングしたのは、アメリカのど田舎に住む17歳の少年だった

AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。

小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。

AIにラップを教えたのは、米国ウエスト・バージニア州に住む17歳の少年ロビー・バレットくん。米国を代表するラッパーであるカニエ・ウエストの6,000行ものリリック(歌詞)をAIに覚えさせたのだ。AIは、リリックを並べ替えてラップソングを歌い、やがて、オリジナルのラップを歌い始めたという。

どれどれ。ふーん。聴いてみるとボカロみたいな音声ではあるけれども、ちゃんとライム(韻)を刻んでいるじゃん!

オープンソースの
ソフトウェアで
AIプログラムをコード化

ロビーくんが住んでいるのは、畑だらけの田舎町。シリコンバレーのようなハイテク環境とは天地の差だ。でも、この環境のおかげで、ロビーくんはオープンソースのソフトウェアを使って自らコードを書き、AIのプログラムを構築するようになったのだとか。

Python(パイソン)というプログラミング言語を学んでいたロビーくんは、半日でほとんどのコードを書いてしまい、残りの時間は最適化のために費やしたらしい。こうして、AIにはカニエ・ウエストの6,000行のリリックがインプットされて、ラップができるようになったという。

今の時代、オープンソースのソフトウェアがあれば、どこにいてもプログラミングが可能となり、ロビーくんのような発信もできてしまうのだ。

ロビーくんの夢は
大きく拡がる 

ここまでだって充分にスゴイのにロビーくんの夢はもっと大きな夢を描いている。

「数学、コンピュータサイエンス、そして、アートの要素を組み込んだプロジェクトに取り組みたいんだ」

そもそも、AIにラップをさせる件も、ロビーくんが通う高校のプログラミング・クラブでの賭けがきっかけだったのだとか。17歳の天才少年は、今後、どんなプログラムを完成させるのだろうか。今から、楽しみだ。

Licensed material used with permission by Robbie Barrat

関連する記事

デスメタルの曲をノンストップで配信するYouTubeチャンネル。これ、DADABOTSというアーティストによるもの……とされていますが、その正体はAI(人...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
車に直接連結できるカーテント「CAREX(カーレックス)」。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
AI(人工知能)が自動生成したデスメタルを24時間ライブストリーミングし続けるYouTubeチャンネル「DADABOTS OFFICIAL」。2019年の...
スウェーデンの法律事務所「Vinge」が求人のための動画を公開。シャレてる!
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
エルサルバドルの若者たちの更生などを間接的に支援できるサステナブルなトートバッグがクラウドファンディング「Fannova」で販売中。
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、フランス...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
身の品質を示すあらゆるデータが詰まったマグロの尾の断面。大量の断面画像データと熟練の目利き職人による品質判定データのディープラーニングにより、職人と90%...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
千葉県船橋市の西図書館にて、ドローンによる無人の蔵書点検が行われた。
最先端AI機能搭載のフィットネスマシンを導入した女性専用フィットネススタジオ「ファディー(FURDI)」が東京・小岩にオープン。バーチャルトレーナーがそれ...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
耐久性・耐熱性にすぐれた高品質シリコン製の「The Wrap」。従来のエコラップでは実現できなかった−40℃〜235℃という驚異的なレンジでの使用が可能。
兵庫県西播磨の伝統工芸「藍染、草木染め」を施したジャパンメイドのエコラップが登場。
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
歯に衣着せぬ物言い、誰にも媚びない、等身大のラッパー。こう表現すれば、間違いなくVince Staplesはその第一候補。決して自分を大きく見せない彼が“...
「AI」が食事のアドバイスをし、生涯収入をアップさせるという世界初のサービス「WorkUp AI(ワークアップAI)」がスタートした。専用アプリを入れたP...
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
アメリカのとある小学校では、毎朝ある歌をクラスのみんなで歌うことになっています。まずは動画を見てください。生徒たちもノリノリです。どうして小学校でラップを...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。