ラップをするAIをプログラミングしたのは、アメリカのど田舎に住む17歳の少年だった

AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。

小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。

AIにラップを教えたのは、米国ウエスト・バージニア州に住む17歳の少年ロビー・バレットくん。米国を代表するラッパーであるカニエ・ウエストの6,000行ものリリック(歌詞)をAIに覚えさせたのだ。AIは、リリックを並べ替えてラップソングを歌い、やがて、オリジナルのラップを歌い始めたという。

どれどれ。ふーん。聴いてみるとボカロみたいな音声ではあるけれども、ちゃんとライム(韻)を刻んでいるじゃん!

オープンソースの
ソフトウェアで
AIプログラムをコード化

ロビーくんが住んでいるのは、畑だらけの田舎町。シリコンバレーのようなハイテク環境とは天地の差だ。でも、この環境のおかげで、ロビーくんはオープンソースのソフトウェアを使って自らコードを書き、AIのプログラムを構築するようになったのだとか。

Python(パイソン)というプログラミング言語を学んでいたロビーくんは、半日でほとんどのコードを書いてしまい、残りの時間は最適化のために費やしたらしい。こうして、AIにはカニエ・ウエストの6,000行のリリックがインプットされて、ラップができるようになったという。

今の時代、オープンソースのソフトウェアがあれば、どこにいてもプログラミングが可能となり、ロビーくんのような発信もできてしまうのだ。

ロビーくんの夢は
大きく拡がる 

3dd1b323a2adb746f10b59716a329887b3081b35

ここまでだって充分にスゴイのにロビーくんの夢はもっと大きな夢を描いている。

「数学、コンピュータサイエンス、そして、アートの要素を組み込んだプロジェクトに取り組みたいんだ」

そもそも、AIにラップをさせる件も、ロビーくんが通う高校のプログラミング・クラブでの賭けがきっかけだったのだとか。17歳の天才少年は、今後、どんなプログラムを完成させるのだろうか。今から、楽しみだ。

Licensed material used with permission by Robbie Barrat
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、フランス...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!
AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
アメリカのとある小学校では、毎朝ある歌をクラスのみんなで歌うことになっています。まずは動画を見てください。生徒たちもノリノリです。どうして小学校でラップを...
かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
ストリートで起きた若者ふたりのケンカ。野次馬も集まってきて、街は一時騒然。そんな頭に血がのぼった若者を和解まで導いたのは、通りすがりのひとりの男。間に割っ...