映画好きを自称するなら、この監督を知らないと嘘になる

デヴィッド・リンチ。映画を愛するっていうなら、この名前を知らないのは嘘になる。

デビュー作『イレイザーヘッド』では、不気味で不可解な作品作りが全米で話題となり、次作『エレファントマン』では、生まれつき奇形の男を描いて、アカデミー作品賞にノミネート。切断された片耳を軸に話が交錯していく『ブルーベルベット』で、アカデミー監督賞にノミネート。セックスと暴力と逃避行をテーマにした『ワイルド・アット・ハート』では、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞。ハリウッドのダークサイドをあぶり出した『マルホランド・ドライブ』でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞している。

また、1990年に放送されて世界中でブームを起こしたTVドラマ『ツイン・ピークス』の続編『ツイン・ピークス The Return』は、昨年度、再び大きな話題を呼んだ。

本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真、作品や音楽を用いて、自身の人生体験が映画をどう形作ったかを解き明かしていく。

25時間にも及ぶ
ロングインタビューを敢行

インタビューで心を開かないことで有名なデヴィッド・リンチ。そんな彼にドキュメンタリーを撮らしてもらいたいとリクエストしたのは、長年、リンチの映画ファンだった監督のジョン・グエン。ジョンは、前作『リンチ1』で、リンチとの信頼関係を築いた経緯から、本作品の了承を勝ちとった。

自身について多くを語ってこなかったリンチではあったが、自分自身の人生について語るきっかけとなったのは、2012年の末娘の誕生だったとのことだ。本作は、人生を振り返る時期にさしかかった父から娘へのギフトという側面も併せ持っているようだ。

25時間にも及ぶロングインタビューでは、リンチにリラックスしてもらうために隠しマイクで話を拾うなどの工夫を凝らしたとのこと。結果、生い立ちを友人に語るような等身大のリンチを収録することに成功している。

禁断のアトリエで
裸になったリンチ

撮影は、リンチが普段は独りで作品を制作しているアトリエで行われた。ここで、約2年半に渡って密着取材が行われた。じつはこのアトリエには、かつては、友達だけでなく家族でさえ寄せつけなかったそうなのだ。

多くの人はリンチを映画監督として知っている。しかし、彼の原点はアーティストだ。フィルムに収められた一心不乱に絵画を描く姿は、とても印象的。今までは、何もかもをオープンにすることはなかったリンチだったが、曽祖父母の時代から撮りためた1,000枚もの写真をすべてジョンに見せてくれたとのことだ。

さらに、リンチの話に合わせて劇中に登場する自身の絵画、彫刻、映像作品は、40年分の作品から選ばれたのだとか。本来、リンチは、自分の映画について話したがらず、作品のアイディアをどこから得たのかが分かりにくいことでも有名。

そんな彼が、アトリエで愛娘と一緒に創作に没頭する様子や幼少時代からの数多くのアート・ワークにアプローチした映像は、かなり貴重とも言えるだろう。

『デヴィッド・リンチ:アートライフ』
2018年1月27日(土)より新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。公式サイトは、コチラ

©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

Licensed material used with permission by デヴィッド・リンチ:アートライフ
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話をききました!気になる3つ...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...
この4種類をデスクに常備しています。
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
人気、実力共にフランスを代表する監督になったフランソワ・オゾン。最新作『婚約者の友人』は「嘘」について描かれた映画だ。第一次世界大戦後のフランスとドイツを...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.57
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
2016年2月29日(日本時間)に行われたアカデミー賞授賞式で、俳優のレオナルド・ディカプリオが「主演男優賞」を受賞しました。これまで5度ノミネートされた...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
『黒帯KURO-OBI』『ハイキック・ガール!』など、凄いアクション映画を日本から世界に送り出すことを可能にした映画監督西冬彦。海外の映画を買い付けるバイ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
映画を学ぶために12歳で単身渡英した後、ロンドンで暮らしながら海外アーティストのミュージックビデオ制作などで活躍するようになった映画監督・木村太一。自主制...