サラリーマンたちに一体、何が起こったのか?

殺人事件の現場に引かれる白い線。そんな現場に立ち会ったことがなくても、刑事ドラマなどで見たことがある人も多いはず。あれは、遺体の周囲を白線で記録することで、回収後でも遺体の場所や向きなど、状況を把握しやすくするという意味があるようだ。

さて、その白線に囲まれている写真にうつっているの、何故か、日本のサラリーマンばかり。でも、目を凝らしてみると!?

死んでいるのか、寝ているのか?

4e8f897adfb23eede935479ede25b0bdbd1e268e82c42faf8b2fbc6e29e4518dc996726009d01b58Da56b7e85da9ef40d017b5310b7008fd71ec5fbbC980f72806e62835c2bfb3a3f64d6d90ce44ca760bb82000b81cc9bb46c7b68465fc1feae56299a2484e1f9236b630b33889ff3e69f9961f59bf492a42de5545af5d20fdf600aba2e88b73860d03cec5Cd8f44dddb1c447735a1c06fa98786816da5571f

種明かしをするとサラリーマンたちは、酔っ払って寝ているだけ。決して、死体ではないのでご安心を。じつは、これらのショットは、日本のサラリーマンを追ったドキュメンタリー映画で登場する場面。

映画『サラリーマン』でメガホンをとっているのは、コスタリカ出身の映画監督Allegra Pachecoだ。

忙しいウィークディを終え、金曜日の夜に繰り出したはいいが、日常の疲れも手伝って酔い潰れてしまったサラリーマンの姿をカメラに収めたようだ。まあ、白線は彼女のちょっとした演出だったというわけだ。

働き方について
一石を投じるきっかけに

彼らを死体のように描いた理由は、決して彼らを批判するのではなく、あくまで再評価するためなのだとか。しかしながら、限界を超えて仕事をする姿は、外国人の目には、とても異質なものとして映ったのだろうと想像できる。 

昨今、日本では、過労死などの問題が明るみになって、働き方について様々な見直しがされている。しかし、長年に渡って染みついたサラリーマン気質までは、そんなに簡単には変えられないのも事実。

外国人からの視点でサラリーマンを描いた映像は、僕たち自身を客観的に見つめるきっかけになることだろう。同時に、この映画を観た世界中の人々からの意見を聞ける機会にもなるかもしれない。

Allegraは、過去に5度ほど日本へ訪れたことがあり、地下鉄のホームに寝転がる泥酔したサラリーマンなどを収めた写真作品「Japan」を制作した実績もある。撮影クルーと共に述べ4ヶ月ほど東京に滞在して30名以上の人々にインタビューを行ったようだ。

 
現在、こちらの映画は公開に向けて、クラウドファンディング「INDIEGOGO」で資金を調達中。気になる人は、チェックしてみよう。
Licensed material used with permission by サラリーマン
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
「moviepass」は、月額9.95ドル(約1080円)で映画館に通い放題の激安プラン。3D・Imaxの作品は不可など多少制限はあるが、ニューヨーク中心...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。