サラリーマンたちに一体、何が起こったのか?

殺人事件の現場に引かれる白い線。そんな現場に立ち会ったことがなくても、刑事ドラマなどで見たことがある人も多いはず。あれは、遺体の周囲を白線で記録することで、回収後でも遺体の場所や向きなど、状況を把握しやすくするという意味があるようだ。

さて、その白線に囲まれている写真にうつっているの、何故か、日本のサラリーマンばかり。でも、目を凝らしてみると!?

死んでいるのか、寝ているのか?

種明かしをするとサラリーマンたちは、酔っ払って寝ているだけ。決して、死体ではないのでご安心を。じつは、これらのショットは、日本のサラリーマンを追ったドキュメンタリー映画で登場する場面。

映画『サラリーマン』でメガホンをとっているのは、コスタリカ出身の映画監督Allegra Pachecoだ。

忙しいウィークディを終え、金曜日の夜に繰り出したはいいが、日常の疲れも手伝って酔い潰れてしまったサラリーマンの姿をカメラに収めたようだ。まあ、白線は彼女のちょっとした演出だったというわけだ。

働き方について
一石を投じるきっかけに

彼らを死体のように描いた理由は、決して彼らを批判するのではなく、あくまで再評価するためなのだとか。しかしながら、限界を超えて仕事をする姿は、外国人の目には、とても異質なものとして映ったのだろうと想像できる。 

昨今、日本では、過労死などの問題が明るみになって、働き方について様々な見直しがされている。しかし、長年に渡って染みついたサラリーマン気質までは、そんなに簡単には変えられないのも事実。

外国人からの視点でサラリーマンを描いた映像は、僕たち自身を客観的に見つめるきっかけになることだろう。同時に、この映画を観た世界中の人々からの意見を聞ける機会にもなるかもしれない。

Allegraは、過去に5度ほど日本へ訪れたことがあり、地下鉄のホームに寝転がる泥酔したサラリーマンなどを収めた写真作品「Japan」を制作した実績もある。撮影クルーと共に述べ4ヶ月ほど東京に滞在して30名以上の人々にインタビューを行ったようだ。

 
現在、こちらの映画は公開に向けて、クラウドファンディング「INDIEGOGO」で資金を調達中。気になる人は、チェックしてみよう。
Licensed material used with permission by サラリーマン

関連する記事

世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
日本の高校野球を追ったドキュメンタリー映画『KOSHIEN: JAPAN’S FIELD OF DREAMS』がニューヨークでワールドプレミア決定。
ミズノが昨年発売した、日本古来の履物である雪駄の形状の原型を留めながらも最新の技術によって履き心地を大きく向上させたモデル「SETTA C/6(セッタ シ...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
アメリカの世界的バンド、ビースティ・ボーイズ。彼らの軌跡を辿ったドキュメンタリー映画『ビースティ・ボーイズ・ストーリー』が、Apple TV+にて独占配信...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
動物搾取の事実を取り上げたり、ヴィーガンメッセージを含んだヴィーガンフレンドリーな映画。そのジャンルに特化してリスト化した「VegMovies」がオープン...
昨年よりTwitterがテストをおこなっていた音声チャット機能「Spaces」が、5月4日に正式リリース。
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
「Tribecca Studios」とYouTubeがタッグを組んだオンライン映画祭「We Are One: A Global Film Festival...
オーストラリア初のプロサイクリング・ロードレースチーム「グリーンエッジ」を、2011年の発足から5年にわたり、彼らのレースツアーに密着したドキュメンタリー...
映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
今年のアカデミー賞の短編ドキュメンタリー部門にノミネートされた、イ・スンジュン監督『不在の記憶』。2014年4月に起こった「セウォル号沈没事故」を題材にし...
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。
今まで映画についていろいろと書いたことがありますが、今回は懐かしい映画についての話です。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
「大阪芸術大学」のアートサイエンス学科新校舎の完成までを追ったドキュメンタリー映画『建築と時間と妹島和世』が今秋公開予定。監督はホンマタカシが担当。
台湾を代表する映画監督、ツァイ・ミンリャンが手がけ、ヴェネチア国際映画祭で発表&絶賛された『蘭若寺の住人』が、東京・六本木の「ANB Tokyo」にて期間...
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
今年の「SXSW」は新型コロナウイルスの影響で中止に。主催者は映画祭受賞作品をオンライン審査で発表し、現在、同賞に集まった50本以上もの短編映画作品が無料...
「TikTok」と「東宝」がタッグを組んだ新たな映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2021」が開催。5月31日まで縦型映画作品を...
「世界でいちばん貧しい大統領」と呼ばれた、南米の小国・ウルグアイの第40代大統領「ホセ・ムヒカ」を、若手日本人監督が追ったドキュメンタリー映画『ムヒカ 世...
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
12月3日、米エンターテインメント企業「ワーナー・ブラザース」が、2021年に公開予定の作品を映画館だけでなく動画ストリーミングサービス「HBO Max」...