屋外映画祭に行こう。

映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもないですよね。場所や音の問題もあるし、屋外に大きなスクリーンを設置して、作品を楽しむ機会って、なかなかありません。

1960年頃にアメリカでピークを迎えたドライブインシアターブーム然り、解放感が感じられる快適なスペースで映画を楽しむというニーズに加えて、今はどんな環境が作品に合うかまで求められているもの。オースティンでは、水の上にプカプカ浮かびながら『ジョーズ』を見る、なんていうイベントが開催されているほどです。

つまり、「映画を見る」っていうことをもっとトクベツにするためには、映画館で感じられる迫力と、自宅でくつろいでいるような心地よさを兼ね揃えた上で、日常から解放されるようなスペシャルな演出が欲しいところ。海岸や森の中で開催される映画祭が話題になるのも、ビーチや星空という屋外ならではの魅力が加わるからですよね。

ってなわけで、都市部で屋上映画祭なるものが増えてきています。ルミネ新宿では4月末から期間限定で「ROOFTOP CINEMA」が開催されました。ビルの屋上で星空の下、映画を見るんです。そのほか、ワイヤレスヘッドホンをつけて鑑賞する“静かな屋上映画祭”もあるそう。たしかに、騒音問題がクリアできれば、もっといろいろなところで上映できます。

静かな、静かな、映画祭。

東京都台東区池之端。千代田線根津駅から徒歩わずか3分。閑静な住宅街にある「HOTEL GRAPHY」で、7月18日にサイレント映画祭が開催。鑑賞できるのは、1925年公開のアメリカ映画、バスター・キートン監督の『キートンのセブン・チャンス』。

東京スカイツリーが望める屋上は、花火大会の鑑賞イベントなども行われています。そこにスクリーンを設置して映画を見ようってわけ。ヘッドホンだから、音量は自分好みに調節して没入できるし、周りの迷惑になるような騒音も出ません。

この方法を利用したサイレントディスコと呼ばれる“静かなクラブカルチャー”が広まりましたが、上映場所が限られる映画への応用にはもってこい。

静かな街中にだって、素敵な屋上がある。そこでみんな一緒に映画を見たらどうだろう?そんな思いから始まったこのイベント。会場では、映画や小説、絵本などの印象から連想して料理をつくる「ものがたり食堂」のフードが味わえるそう。

オースティンで開催された水上上映会が会場を『ジョーズ』に合わせたように、作品にあわせたプラスαの演出が楽しめるかも。定員30名と小規模ですが、フラッと立ち寄れると嬉しいですね。会場の様子など、詳しくはコチラから。

そのほか7月25日(月)から3日間、目黒CLASKAでも屋上映画祭が開催される予定。詳しくは、移動映画館Kino Igluをチェックしてみて。夜、外で過ごすのが気持ちいい季節。屋外映画祭に行ってみませんか?

【開催概要】

■静かな、静かな、映画祭。

■開催日時
7月18日(月・祝)

上映1回目 19:00 OPEN/19:30-20:45 START(定員:30名)
上映2回目 20:30 OPEN/21:00-22:15 START(定員:30名)

※1回目/2回目の内容は同じです。
※雨天時はGRAPHYのラウンジスペースにて実施します。

■上映内容
『キートンのセブン・チャンス』
(1925年/アメリカ/サイレント映画)

あらすじ:27歳の誕生日までに結婚すれば多額の遺産が入るという祖父の遺言に従って、結婚相手を探すキートン。新聞に”結婚相手募集”の告知を出したら大変、何百人ものやる気満々の花嫁候補者が集合!たまらず逃げ出す彼を追いかけ追いかけ、町へ郊外へ。

■料金
4,000円
(映画・ヘッドホンレンタル・フード+1ドリンク込)

■関連ページ
HP イベント告知ページ
Facebookイベントページ

Licensed material used with permission by 静かな、静かな、映画祭。

関連する記事

逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
「Tribecca Studios」とYouTubeがタッグを組んだオンライン映画祭「We Are One: A Global Film Festival...
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
8月31日〜9月4日まで「micro FOOD&IDEA MARKET」をはじめとした大手町・丸の内・有楽町にある全12スペースにて、“SDGs”がテーマ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
日本の高校野球を追ったドキュメンタリー映画『KOSHIEN: JAPAN’S FIELD OF DREAMS』がニューヨークでワールドプレミア決定。
世界三大映画祭のひとつとして数えられる「ベルリン国際映画祭」が、これまで優れた演技をした役者に与えられてきた「男優賞」と「女優賞」の廃止を発表。来年からは...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
9月15日(日)、16日(月、祝日)の二日間、マイクロシアター「高円寺シアターバッカス」にて「バリ島」にまつわる映画上映とライブイベントが開催。
2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県...
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
台湾を代表する映画監督、ツァイ・ミンリャンが手がけ、ヴェネチア国際映画祭で発表&絶賛された『蘭若寺の住人』が、東京・六本木の「ANB Tokyo」にて期間...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
西洋芸術では、“禁断の果実=リンゴ”のイメージが定着しているが、『旧約聖書』にはただ「果実(木の実)」として書かれており、リンゴを示す言葉は一度も用いられ...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...