オスロに行くなら、「グリューネルロッカ」のフードマーケットへ

ノルウェーの首都・オスロに来たなら、ぜひ訪れたいのがグリューネルロッカ地区。アーティストや芸大生たちが好んで住まい、ヴィンテージやユーズドショップが通りに軒を連ねる、芸術的なエリアです。

56e4376cf1c9d7e5686db23af7a9952244e3ca8dE2f225d589d0d14eafc155607d8b6efefe15fb12

オーガニック市場
「マートハーレン」を歩く

45a2c18c50126f41c97f955e437ebee1f2f7fd0f

なかでも食にこだわりたいトラベラーにオススメなのが、赤茶色の建物の中にカフェ、食の専門店、レストラン、スイーツショップ、バーなど約30軒がひしめくノルウェー初のフードマーケット「マートハーレン」

もともと健康への意識が高い北欧の中でも、オーガニック市場が特に拡大してきているオスロらしい、オーガニックな食材を扱うショップとお土産にぴったりのアイテムを紹介します。

Df097ddfd37469eda460f659f4313aa1972a51e2

地産地消のオーガニック食材がズラリ
@Bondes butikk

0bd7071c6db30750850ef8e91d06718662fd4c78

ノルウェー近郊のオーガニックグルメを集めたショップ「Bondes butikk」。普段はファーマーズマーケットなど仮設の屋台などで移動販売していますが、唯一このマートハーレン内に常設店を構えています。

りんご果樹園が多いことで知られるフィヨルドの国らしい一品といえば、濃厚なアップルジュース「EPLE」。

187fa18605eff64a1e5d6efe42b7ca495257142a2df92b8bed2023ccaf3e4cc4fcc106bddf09b98a

ハチミツ農家が丹精込めて作ったハチミツキャンディー「Hanning Papinne」は一切添加物を加えておらず、そのパッケージにはノルウェーのオーガニック認証マーク「Debio」がキラリ。

天然のハチミツの香ばしい甘さが凝縮されていてクセになります。舐めれば、血糖値が上がって旅の疲れも吹っ飛びます。

「ワールド・チーズ・アワード」に
輝いたチーズを味わう
@boys in the garden

17018f13b2d731a792939eec0eead5ff11c1c141

「boys in the garden」は“庭にいる男の子”という店名の通り、男性スタッフしか店頭に立っていないというユニークなお店。オーガニック食材をお洒落にブランディングすることに成功しています。

7ca0efcc37043c3229159ab9e4cf715fecb9f8c6

ここでは、世界一美味しいチーズを決めるWORLD CHEESE AWARDSで入賞したチーズ「Kraftkar」をはじめ、甘じょっぱい味が想定外の茶色いヤギチーズのブロックなど豊富なオーガニックチーズが所狭しと並びます。

C0ea9eb481075a691fcd71dadd718b6f854d955e

日本で見かけないものだと、肉につけて食べるジャム・シリーズなんかも。ベリーやミントなど「本当に肉に合うの!?」と心配になるが、日本では珍しいのでお土産に喜ばれそう。

マートハーレンでは、店の軒先で店主から「ちょっと食べてみる?」と声をかけられることもしばしば。オスロに来たなら、国内最大のフードマーケットで気軽に試食しながら、地産地消のオーガニックなお土産を入手してみてはいかが?

34e73e64af4529b055a761eb16a00acba832232b6cd11ad13b94a765d671e66cfa203ea3408b049c8157013423a3e309a039600800eb5fcf36a98a6a

マートハーレン/Mathallen Oslo
・住所:Maridalsveien 17 
・火~金曜 10:00~20:00
・土曜 ~18:00
・日曜 12:00~17:00
・休み:月曜
※飲食店の営業時間は各店舗で異なる
http://www.mathallenoslo.no/

Photo by 千倉志野(Chikura Shino)
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
30万人の読者に支持されるアメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』。業界内でのその権威は絶大で、毎年発表される世界のホテルランキングでひとたび上位に...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
いろんなストーリーが浮かんできます。
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
インパクトのあるカラフルなイラストを得意とするMIKE HUGHESが描くのは、ジャンクフードに狂う人々。病的な感じもするけど、どこか幸せそうな人々の姿に...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
手軽で人気のファーストフード。ぱぱっと食べられるのが魅力ですが、栄養バランスも気になりますよね。「FAST Food AID」はファーストフードを食べた際...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
0歳から100歳まで、101人の女性たちが一糸纏わぬ姿で次々と登場する。彼女たちは、女優でもモデルでもない。全員が素人の女性たちだ。しかし、堂々としたスタ...
小さな造形物って、見ているだけでほっこりさせられる魅力があります。そして、食品の模型って、つくった人の味の好みが出ますよね。ここでは、アメリカンなミニチュ...
「雄大な自然を目の前にすると、自分の悩みがちっぽけに感じる」なんて常套句があります。とはいえ、正直に告白すると、そんな経験は今までにありません。もしかした...
使えるものは再利用したほうがいいし、ずっと持っていることで新しい恋人と気まずくなったり、思い出が蘇って苦しくなるくらいなら、大事に使ってくれる人に渡したほ...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...