ノルウェーからクルマが消える?エコcity「オスロ」の自転車カフェへ

ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗り入れが全面禁止される予定で、オスロ市民はバスやトラムなどの公共交通機関を使うことが推奨されているというではありませんか。

自動車の渋滞による温室効果ガスの排出量を削減する目的ですが、日本では到底実現できそうもない大胆な施策に打って出るなんて、さすがは環境問題への関心が高い北欧の国。

A46a40668c5d4f29cc78f4e2b31b816d9560d7b3

街のいたるところで見かける
シティバイク

3bf0533077c576355923076edacf7993730b2017

そこで注目されているのがスーパーecoな乗り物・自転車。2019年を待たずして、誰でも自由に使える貸し自転車「Bysykkel」=シティバイクをセントラルエリアを中心とした至るところに発見できました。

観光客でも会員登録なしで3時間から気軽に乗ることができるそうで、これは便利(※短時間利用は2017年から開始)。

自転車を押して入れる
「カフェ」

71b6f39f0428a948a2bd1497af309aba6de5831e

そして今、オスロで注目を集めているのが、自転車を押したまま風のように軽やかに入店でき、コーヒーやミールを楽しむことができる “自転車カフェ”です。

今回は2015年10月にオープンしたオスロ初の自転車カフェ「ペロトン」(Peloton)に潜入することに。

3671d86bec15e8621cb6e175e5c88909fe31bee9

昼は北欧コーヒーや、パン・ピザなどの軽食が楽しめ、夜はワインやクラフトビールで乾杯できるBARに変身。共同オーナーのひとり、アイマーさんが出迎えてくれました。ご自身もサイクリストということで、まずは自転車を片手に、はいポーズ。

「自転車カフェはオスロでブームになるという
確信があったんだ」

Dd9525f7378b73a3fb952e0f7ae400f98eb99879

――自転車カフェなんて、日本ではまだ聞き慣れませんが、どうして作ろうと?

「僕自身が自転車に乗りながらヨーロッパ中を旅したとき、旅や日常に自転車が溶け込んだライフスタイルは、やがて世界中に広がると思ったんだ。実際、2019年を目の前にオスロでは自転車への関心が高まっていて、移動手段に何をチョイスするのか、自転車を選ぶ自分がどう周囲から見られるかをみんな意識するようになった。自転車乗りであることは、いまやオスロでは一種のファッショントレンドでもある。背中にポケットがあるような伝統的な自転車乗りルックが、普段着るリアルクローズのデザインにも影響を与えていたりするんだ。だから、自転車カフェは今後オスロで絶対ブームになるはずだという確信みたいなものがあった」

1b111a8f9548966cff16e6acf173177cdc7db308Bef68bef55643eadf575cf526ec79a56bb389415

店の一角には、自転車の修理スペースがあり、自転車乗り向けのウェアも販売されている。

――どんなお客さんが多いのでしょう?

「お客さんには3種類いて、まずは週末だけ趣味としてマウンテンバイクなどに乗っている『ロードサイクリスト』と、日常的に移動手段として自転車を使っている『アーバンサイクリスト』。みんな、店外の自転車置き場にサッと自転車を停めて店に入ってくるし、比較的高級な自転車に乗っているお客さんは、自転車を押しながら入店したがる傾向があるね」

――では、3種類目のお客さんは?

「徒歩でやってくる『普通のコーヒーゲスト』だね。もちろん、うちは自転車乗りじゃなくても、誰でもウェルカムだよ」

7d215da154afd7455a7130a557f166dae16fd492

世界バリスタチャンピオンが
プロデュースする
「サイクリングエスプレッソ」

A80a2d42ebcb8d29b001b1910138b1abe2f57de7

「ペロトン」(Peloton)で特筆すべきは、自転車だけにあらず。お店の共同経営者3人のうちのひとりが、2000年の世界バリスタチャンピオンシップの初代優勝者ロバート・トレセン氏であり、世界中のコーヒー好きを魅了してやまない北欧コーヒーのベースを築いたひとりなのです。

ロバート氏が経営している焙煎所カッファ(Kaffa)とコラボレーションし、この店のオリジナルブレンドのエスプレッソをサーブしています。その名も通称「サイクリングエプスレッソ」。クラシカルイタリアンな味わいが、自転車乗りの心をホッと温めてくれます。

9f8e122118c63d1961b0346f89d63a5624aac790239fdee837128b2cca08c4794c8dc9159dbcaf6a

コーヒー以外のオススメを挙げるなら、オーガニックのイタリアンソーダ。レッドグレープフルーツ、レモン、オレンジ、アイスティーなど、爽やかなテイストに加えて豊富な選択肢も魅力。

7b8ca098fa1090553aaa4cd45ea9865efea51bcb

地球に優しい旅や移動の途中で、とっておきのコーヒーを飲みながら休憩する至福のひと時。人々のライフスタイルに自然に溶け込んだペロトンの姿に、オスロのように大胆な交通規制は実現できなくても、エコな意識が根付いてきた日本にもやがて自転車×コーヒーショップの波は訪れるだろうという予感を抱きました。

Peloton(ペロトン)
・住所:Torggata 36, 0183 Oslo
・TEL:+47 921 56 181
・アクセス:バス54、34番Jakob kirke駅から下車し(オスロ中央駅からバスで約5分)、徒歩でおよそ1分
・営業時間:8:00~23:00
www.facebook.com/Pelotonkafe

Photo by 千倉志野(Chikura Shino)
ノルウェーの首都・オスロに来たなら、ぜひ訪れたいのがグリューネルロッカ地区。アーティストや芸大生たちが好んで住まい、ヴィンテージやユーズドショップが通りに...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
30万人の読者に支持されるアメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』。業界内でのその権威は絶大で、毎年発表される世界のホテルランキングでひとたび上位に...
その才能の秘密を教えて!
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...